ワンランク上の手土産に。京都のミシュラン一つ星「じき宮ざわ」の焼胡麻豆腐

京都にあるミシュラン一つ星の割烹料理店「じき宮ざわ」の1日20食限定の「焼胡麻豆腐」のお取り寄せの紹介をお願いします。「じき宮ざわ」についても、どんなお店か紹介してください

ミシュラン一つ星の割烹料理店

4年連続ミシュラン一つ星を獲得した割烹料理店。
お料理は、できるだけ天然のものにこだわり素材の持ち味を生かして、ひとつひとつ丁寧に作られています。
雑誌やテレビにもとりあげられたこともあり、なかなか予約もとれないようです。
このお店の「焼胡麻豆腐」がおいしいと評判です。テイクアウトはもちろん、お取寄せもできます。
烏丸駅から徒歩5分くらいのところにある「じき宮ざわ」。
石畳みの路地を抜けると見えてくる藍色ののれんが目印です。
こじんまりした店内は白木を使ったカウンター席が10席。
カウンターでいただくので、職人さんとお話しすることもできます。

名物は「焼胡麻豆腐」は胡麻づくしのいっ品

お店の名物「焼胡麻豆腐」はどのコースを注文しても必ずいただくことができるので、
焼胡麻豆腐が食べてたくて来店する人もいるそうです。
炭火でじっくりと焼いて焦げ目の着いた胡麻豆腐は、外はカリカリで中はトロトロで、まるでお餅のよう。ハチミツとお塩が入った冷たい練り胡麻のソースの上に胡麻がたっぷりかかった胡麻づくしのいっ品です。

お取り寄せもできます

焼き胡麻豆腐6個・胡麻クリーム・煎り胡麻 3500円

大人気の焼胡麻豆腐は、お取り寄せもできます♪
あらかじめ焼かれて包装されているので、届いたらオーブントースターで温め、胡麻豆腐が温まり柔らかくなったところに、別包装の胡麻ソース、炒り胡麻をかけるだけと簡単です。
焼き胡麻豆腐6個、胡麻クリーム・煎り胡麻で1セットになって、1日限定20セットのみの販売なので、ご注文は早めのほうがよさそうです。

こちらも気になります

こちらも気になります

自家製からすみの飯蒸し

三重の尾鷲産のボラを使った自家製からすみの飯蒸し。
塩気は控えめでしっとりとした色鮮やかなカラスミと、もっちもちで艶々したもち米の相性はぴったりです。
こちらも気になります

しめのご飯

奈良県生駒でとれたお米「ひのひかり」を1組づつお釜でたいて3回にわけていただきます。
味の変化をたのしむことができるように、お茶碗に少しずつよそってくれます。
一膳目はアルデンテのようなかための炊き上がり。二膳目はご飯も少し柔らかくなり、甘みも増してきます。三膳目はご飯もかなり柔らかく、一膳目とは、全く別物になるようです。
こちらも気になります

抹茶と最中

フルーツの後にでてくる、抹茶とひと口サイズのかわいい特製最中。
最中の皮は、炭火でかりっとあぶり、甘さひかえめの手作りの粒あんのあんこをぎっしりとつめてくれて、出来立てを味わえます。

店舗情報

じき宮ざわ
★住所:京都府京都府京都市中京区堺町四条上ル東側八百屋町553-1
★電話番号:075-213-1326(予約可)
★営業時間:12:00~14:00 17:30~21:00 ランチ営業
★定休日:木曜日、第1水曜日
★食べログ:http://tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26005687/

特集一覧

SPECIAL CONTENTS