チョコブームのキーワード「クーベルチュール」とは?ぜひあなたも体験してみて

コンビニのチョコなどにも使われている、話題の「クーベルチュール」。上質なチョコだけにつけられる名誉の称号であり、カカオにこだわるからこそ口どけのよさは絶品!今回は、クーベルチュールが使われた商品や購入方法をあわせてご紹介します。

「クーベルチュール」っていったい何?

最近、コンビニなどでも見かけるようになってきた「クーベルチュール使用」の文字。“高級なチョコレート”というイメージがあるけど、具体的にどのようなチョコレートなのかを知っている方は少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、「クーベルチュールチョコレート」について詳しくご紹介していきたいと思います。

特別で良質なチョコレート

「クーベルチュール(couverture)」には細かい規定があり、カカオバター31%以上・無脂カカオ固形分2.5%以上・総カカオ固形分35%以上であることに加え、カカオバター以外の脂分は使用不可と国際規格で定められています。

ここまで細かく決められているからこそ、クーベルチュールは質のいいチョコレートだといわれるのですね。

なめらかな口どけはカカオバターに秘密が

クーベルチュールといえば、なめらかで豊かな口どけが印象的ですよね。その口どけの秘密は、カカオバターにあるのです。
通常のバターは完全に溶ける温度が40度なのに対し、カカオバターは30度と少し低め。口の中は36〜37度あるので、食べると急速に溶けていきます。このことが、クーベルチュールのなめらかな口どけに繋がるのです。

コーティング用に使われることがほとんど

クーベルチュールは通常、ボンボンのコーティングやデザートの彩り用、ケーキやキャンディーの繊細なチョコレート細工に使われることが多く、“カバーチョコ”という別名もあるのだとか。まさに“製菓用の材料”といえるでしょう。
さて、チョコレート好きな方ならばぜひとも味わってみたいクーベルチュールチョコなのですが、クーベルチュールを使ったスイーツはどこで買うことができるのでしょうか?
ここからは、クーベルチュール使用のチョコレートとその購入方法をご紹介していきます。

シャトレーゼ「ラ・ピュルク」

リーズナブルなお値段でおいしいスイーツを提供してくれるチェーン店『シャトレーゼ』。こちらでは、ベルギー産のクーベルチュールを独自のブレンドで作り上げた生チョコレート「ラ・ピュルク」を販売しています。
北海道産の生クリームとカカオの風味があいまって、きっとあなたを幸せにしてくれることでしょう。ベルギーと言えばチョコレートの本場ですから、期待の逸品ですね。

「ラ・ピュルク」はオンライン販売をしていないので、お近くのシャトレーゼ直営店でご購入ください。

チュベ・ド・ショコラ「訳あり割れチョコミックス」

今、各メディアでも取り上げられて大人気となっている、東京・自由が丘の『チュベ・ド・ショコラ』。割れてしまったチョコだからこそのお得な価格で、12種類のチョコを楽しめちゃいますよ。
ミルク系かビター系か、どちらが多めがいいかはチョイス可能。アーモンドやいちご、マカデミアナッツ、マシュマロなどのフレーバーがあります。
大人気のため現在予約殺到中で、順次発送をおこなっているようです。
詳しくは、以前macaroniで書かれた記事をご覧ください▼

いわきチョコレート「めひかり塩チョコ」

特集

SPECIAL CONTENTS