ライター : チョビ子

おいしいスイーツとアジアンフードと愛犬、ついでに夫を愛する新人ライター チョビ子です。お店で食べたおいしい料理を自宅で再現することにハマっています。 でも、再現しきれていな…もっとみる

レトロカフェで人気のワッフルを

創業1977年。当時としては珍しい、「ワッフル専門店」としてオープンした「茶房 こもん」。その当時のまま時がとまったかのようなレトロな雰囲気の中、おいしいワッフルと、コーヒーをゆっくりと楽しむことのできるお店です。
「茶房 こもん」の外観。白と黒のシンプルな作りで、お店の外にはテラス席が並んでいます。「尾道駅」から徒歩10〜15分くらいで、散歩するにはちょうどいい距離。千光寺山ロープウェイ山麓乗り場の前にあります。 お店の裏手に、無料の専用駐車場が10台分あるので、車でいっても大丈夫ですね。
お店の中は、老舗の貫禄を感じる、重厚感のある雰囲気です。黒い柱と、お花のようなランプシェードがレトロっぽさを引き立ててくれます。つい、ぼーっとしたくなる空間です。
店内は完全禁煙で、コーヒーや、やさしいワッフルの香りを存分に堪能できます。カウンターやソファ、テラス席があるので、お一人様や、子連れでワイワイなど、いろんな用途に使えそうですね。

専門店のワッフルは必食

「茶房 こもん」に来たら、まずワッフルは必食です。「バターワッフル+珈琲のセット」(¥800)は、その名のとおり、一番オーソドックスなバターワッフルにコーヒーがついて千円以下という、お得な組み合わせ。 シンプルなワッフルを食べたいひとに最適のセットメニューです。
「春いちごのクリームワッフル」は、外がサクサク、中ふわふわのワッフルに、かわいく盛り付けられたベリーとクリームチーズの酸味が相性抜群の逸品です。 ベリーの赤とワッフルのやさしい色の対比も、食欲をそそりますね。
甘党さんにオススメなのが「チョコアーモンドワッフル」です。甘いチョコソースと、カリッとした食感のアーモンドがおいしい!そして、そこにさっぱり系のアイスが添えられていて、絶妙なバランスを生んでいます。 甘党さんのお腹を満たすのに、ピッタリなメニューですね。
サッパリ感が欲しいひとにピッタリなのが、「ブルーベリーアイスクリームワッフル」です。カリフワのワッフルに、ほどよい酸味のブルーベリーソースと、バニラアイスがとってもおいしくて、ペロリと食べられちゃうのだそうですよ。
他にも、季節限定のワッフルなどがあり、お店は連日待ちが出るほどの人気ぶりです。県外からもわざわざやってくるお客さんがいるようなので、混雑時には少し待つことを覚悟でいきましょう。 待った時間がいいスパイスとなって、その分おいしいワッフルが食べられますよ。

店舗情報

住所:広島県尾道市長江1-2-2  電話番号:0848-37-2905  営業時間:9:00~19:00(L.O.18:30) 定休日:火曜(祝日の場合は営業、3・8月は無休) 
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS