連載

明日のキレイのために。食べても後悔しないアーユルヴェーダスイーツ

アーユルヴェーダの魅力を発信する連載コラム第4回。とくに女性は甘いスイーツが大好きですよね。でも食べて後悔することもしばしば?そんなあなたに、小麦粉・生クリーム・砂糖不使用で身体にやさしいアーユルヴェーダスイーツのレシピをご紹介します。

2018年6月7日 更新

スイーツがアグニを弱めてしまう!?

みんな大好きスイーツ。特に女性は甘いものが大好きですよね。
でも、スイーツにはアグニを弱めてしまうものががたっぷり。精製された小麦粉、砂糖、乳製品、それに市販のスイーツに含まれるたくさんの保存料や添加物……これらは身体にとって毒となるものばかりです。

食べすぎると消化不良を起こし、未消化物となって身体に蓄積されていきます。そして肌荒れ・乾燥・便秘・むくみ・脂肪増加・しみ・しわなど、さまざまなトラブルを引き起こしてしまいます。

「アーユルヴェーダスイーツ」なら食べても大丈夫!

そこで今回ご紹介したいのが「アーユルヴェーダスイーツ」です。
アーユルヴェーダスイーツには、精製された小麦粉、砂糖、乳製品などを使いません。もちろん、添加物や保存料も一切入っていないので、身体にトラブルを引き起こす心配がありません。

なんだか難しそう?
いえいえ、材料を計って混ぜて焼くだけで、簡単に手作りできちゃいます。
それでは「アーユルヴェーダ的!イチゴとキウイのココットケーキ」のレシピをご紹介しますね。

【レシピ】アーユルヴェーダ的!イチゴとキウイのココットケーキ

材料


・カシューナッツ粉 45g
・米粉 40g
・ひよこ豆粉 30g
・カカオパウダー 大さじ2・2/3
・ベーキングパウダー 4g
・塩 ひとつまみ


・メープルシロップ 80ml
・ココナッツオイル 35ml
・ココナッツミルク 130ml

ココナッツホイップクリーム
・ココナッツミルク缶 1/2缶
・メープルシロップ 大さじ1
・バニラエッセンス 小さじ1/2

作り方

1.オーブンを170℃に温めておきます。
2.Aの材料とBの材料をそれぞれ別のボウルで混ぜ合わせておきます。(ココナッツミルクやココナッツオイルは温度が低いと固まってしまうので、室温が低い場合は湯煎しながら液状で混ぜ合わせます。)
3.粉はすべてふるいにかけましょう。ダマになるのを防ぎます。(カシューナッツパウダーはすべて粉状にせず、少し固まりを残してあげてもOKです。歯ごたえがでるのでお好みで。)
4.AのボウルにBの材料を流し込み、生地が均一になるまで混ぜ合わせます。
5.ココットに生地を流し込み、170℃に温めたオーブンで30〜40分焼いていきます。生地に竹串をさして何もつかないくらいになれば、オーブンから出して冷まします。
6.ココナッツクリームを作ります。冷蔵庫に保管しておいたココナッツミルク缶を振らずに蓋をあけます。ココナッツミルクは冷やすと水分とクリームが缶の中で分離し、上にクリームが浮いてきます。水分をすくわないようにしてクリームだけ取り出します。
7.取り出したあと少し時間を置くと、ボウルの中で水分とクリームが分かれてきます。その水分も取り除いてあげると、良いクリームになります。
8.7のクリームとメープルシロップ、バニラエッセンスをボウルに入れて、ハンドミキサーなどで混ぜ合わせます。柔らかすぎる場合はカシューナッツパウダーを入れて調整してください。やわらかすぎる場合は、冷蔵庫で1時間ほど冷やすと固さが出ます。
9、ケーキの生地が冷えたらココナッツホイップクリームをのせます。
10.フルーツでデコレーションして完成です!フルーツは旬のものをお好みで使ってください♡
混ぜて焼くだけの簡単レシピなのに、身体に嬉しいスイーツができちゃいます。
おいしくてついつい食べすぎちゃいそうですが、いくらアーユルヴェーダスイーツでも食べ過ぎは禁物。どんな良いものも、過剰に食べると悪いものに変わってしまいます。
食べるもので身体とマインドができあがることをいつも忘れないでくださいね。

食べるものを変えると肌が変わります

アーユルヴェーダに出会うまで、私は当たり前のようにスイーツを食べていました。そして、肌荒れやむくみ、体重増加に悩まされていました。
でも、今は違います。甘いものを欲しいと思うこと自体が少なくなりました。
どうしても甘いものが食べたくなった時には、今回紹介したような身体に優しいスイーツを作るようになり、食べものの質を気にかけるようになりました。
おかげで肌もどんどん綺麗になり、今ではファンデーションなしで過ごせるように。食べもので自分が作られていることを日々実感しています。
このコラムでは、これからもアーユルヴェーダの魅力と、日常に取り入れやすいレシピをご紹介していきます。皆さんも一緒に、内側から綺麗になりましょう。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

工藤万季

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう