ローディング中

Loading...

連載:アーユルヴェーダに魅せられて〜究極のシアワセ思考法〜

アーユルヴェーダの魅力を発信する連載コラム第4回。とくに女性は甘いスイーツが大好きですよね。でも食べて後悔することもしばしば?そんなあなたに、小麦粉・生クリーム・砂糖不使用で身体にやさしいアーユルヴェーダスイーツのレシピをご紹介します。

スイーツがアグニを弱めてしまう!?

みんな大好きスイーツ。特に女性は甘いものが大好きですよね。
でも、スイーツにはアグニを弱めてしまうものががたっぷり。精製された小麦粉、砂糖、乳製品、それに市販のスイーツに含まれるたくさんの保存料や添加物……これらは身体にとって毒となるものばかりです。

食べすぎると消化不良を起こし、未消化物となって身体に蓄積されていきます。そして肌荒れ・乾燥・便秘・むくみ・脂肪増加・しみ・しわなど、さまざまなトラブルを引き起こしてしまいます。

「アーユルヴェーダスイーツ」なら食べても大丈夫!

そこで今回ご紹介したいのが「アーユルヴェーダスイーツ」です。
アーユルヴェーダスイーツには、精製された小麦粉、砂糖、乳製品などを使いません。もちろん、添加物や保存料も一切入っていないので、身体にトラブルを引き起こす心配がありません。

なんだか難しそう?
いえいえ、材料を計って混ぜて焼くだけで、簡単に手作りできちゃいます。
それでは「アーユルヴェーダ的!イチゴとキウイのココットケーキ」のレシピをご紹介しますね。

【レシピ】アーユルヴェーダ的!イチゴとキウイのココットケーキ

材料


・カシューナッツ粉 45g
・米粉 40g
・ひよこ豆粉 30g
・カカオパウダー 大さじ2・2/3
・ベーキングパウダー 4g
・塩 ひとつまみ


・メープルシロップ 80ml
・ココナッツオイル 35ml
・ココナッツミルク 130ml

ココナッツホイップクリーム
・ココナッツミルク缶 1/2缶
・メープルシロップ 大さじ1
・バニラエッセンス 小さじ1/2

作り方

1.オーブンを170℃に温めておきます。
2.Aの材料とBの材料をそれぞれ別のボウルで混ぜ合わせておきます。(ココナッツミルクやココナッツオイルは温度が低いと固まってしまうので、室温が低い場合は湯煎しながら液状で混ぜ合わせます。)
3.粉はすべてふるいにかけましょう。ダマになるのを防ぎます。(カシューナッツパウダーはすべて粉状にせず、少し固まりを残してあげてもOKです。歯ごたえがでるのでお好みで。)
4.AのボウルにBの材料を流し込み、生地が均一になるまで混ぜ合わせます。
5.ココットに生地を流し込み、170℃に温めたオーブンで30〜40分焼いていきます。生地に竹串をさして何もつかないくらいになれば、オーブンから出して冷まします。

関連タグ

《アーユルヴェーダに魅せられて〜究極のシアワセ思考法〜》の記事一覧

連載記事

アーユルヴェーダ式!「カレーフォンデュ」で心と体のデトックス

みんな大好きなカレー。でも、大量に作った結果、連日食卓に並び続けてしまうのもカレーの特徴です。今回は、そんないつものカレーのちょっと違った食べ方、「カレーフォンデュ」を美と健康によいアーユルヴェーダ式レシピ…

連載記事

食べるだけでキレイに!?スリランカカレーの簡単レシピ♩

崩れたバランスを整える療法のひとつとしておすすめの、スリランカカレー。今回は自宅で簡単に作れるスリランカカレーのレシピをご紹介します。とってもヘルシーで美容によいとされている料理なので、食べるだけできれいにな…

連載記事

あなたの体の悩みを解消!アーユルヴェーダ『温野菜レシピ』5選

野菜には体にいい栄養素がたっぷり!アーユルヴェーダの料理でも野菜は必須食材です。野菜にしっかり火を通し、消化をよくする。これがアーユルヴェーダ式。今回は、皆さんの体のお悩みに合わせた、おいしい温野菜を使ったレ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

豊富な種類!女性にうれしい悩み別『ヨギティー』の効果とは?

インドの伝統医学「アーユルヴェーダ」に基づき生みだしたという『ヨギティー』。今回は、そんなヨギティの悩み別ハーブティの効果や、特徴をご紹介していきたいと思います。毎日の生活に取り入れやすいハーブティを、ぜひ試…

ランチを倍楽しく!スープジャーのお弁当おすすめレシピ9選

温度をキープする便利グッズ「スープジャー」。今回はおかゆやリゾットなど、スープジャーのおすすめレシピについてご紹介!作ってから時間が経っても、温度は変わらずそのままのおいしさが楽しめるんですよ。この機会にぜひ…

キーンと冷たいアマレットコーヒーアフォガードの作り方

アイスコーヒーとコーヒーアイスクリームで作るコーヒーラバーにはたまらないデザートはいかがですか?コーヒーの味と香りが、アマレットのリキュールと混じり合って贅沢な甘さと少しのほろ苦さが同時に楽しめるとてもリッチ…

ページTOPに戻る