乳酸菌

乳酸菌と聞けば、ヨーグルトやチーズをイメージするのではないでしょうか。実は、日本酒や漬物である梅干しにも含まれているのです。

乳酸菌とは、発酵により糖から乳酸を作る微生物のこと。腸内細菌のバランスを保ち悪玉菌が増えるのを抑えたり、腸のぜん動運動をサポートし便通を整えたりするはたらきがあります。

ほかにも、コレステロールを下げたり、免疫機能を高めたりする作用も知られていますよ。(※14,15)

梅流しをおこなう際のポイントや注意点

運動をおこない腸への刺激を促す

便秘の原因のひとつに運動不足が挙げられます。運動不足になると、腹筋が低下し便を押し出す力が弱まります。

また、腸の動きも鈍化するおそれが。ウォーキングや水泳などの本格的な運動はもちろん、階段や自転車を使えば日常生活のなかで手軽に運動することができますよ。日々の生活で適度な運動をして、腸の動きを活性化させましょう。(※16)

体調に変化を感じた場合はすぐに中止する

梅流しを取り入れたからといって、必ずしも便通がスムーズになるとは言い切れません。規則正しい生活、バランスの取れた食事、適度な運動が基本となります。

無理のない範囲で、様子を見ながら実施しましょう。もし、体調に異変を感じた場合はすぐに中止してください。

大根×梅干しパワーをデトックスに役立てよう

大根は便のカサを増やし排便をスムーズにするはたらきが、梅干しには腸の動きを活性化させる作用があります。大根と梅干しのダブルパワーでデトックスするのが「梅流し」です。つらい便秘に悩んでいる場合は、一度試してみてはいかがですか?

ただし、規則正しい生活、バランスの取れた食事、適度な運動が基本ですよ。無理のない範囲で、楽しみながら取り入れてみましょう。
【参考文献】
(2021/09/14参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ