2016年はこれが来る!macaroni的グルメトレンド大予想まとめ

今回はmacaroniで2016年グルメトレンドになりそうなものを予想して一挙にご紹介します。ハイブリッドスイーツや熟成肉など、まだまだ勢いが止まらないことでしょう。そしてもちろん、注目のあのグルメも外せません!

1. フムス

世界中のベジタリアンやダイエッターたちが愛用していると言われ、日本でも注目を集めている「フムス」。これは、ゆでたひよこ豆をつぶして、練りごま、ニンニク、オリーブオイル、レモン汁、塩などを加えてペースト状にした中東の伝統料理です。
▼「フムス」について、詳しくはこちらの記事もご覧ください。
フムス以外にも、海外の健康志向料理が続々と上陸しています。例えば、インドネシアが起原の大豆を発酵させて作った発酵食品の「テンペ」、ピザの起源とされている小麦・米・大豆の粉から作られているピザよりヘルシーな「ピンサ」などが注目されています。
▼ 以前macaroniでも「テンペ」「ピンサ」をご紹介しました。

2. ビーツ

アメリカで注目を集めている野菜「ビーツ」が、今年は日本でもスーパーフードとしてトレンド入りしそうです。鮮やかな赤色が特徴的なビーツは〈食べる輸血〉との別名を持つほど、リン、ナトリウム、マグネシウム、カルシウム、鉄、カリウムなどのミネラル、さらにビタミンA、C、ナイアシン、ビオチン、そして食物繊維などの栄養素をたっぷり含んでいる野菜。食べると免疫力アップや便秘解消などの効果が期待できるので、女性にはとくにおすすめの食材です。
▼「ビーツ」を使ってもフムスが作れます!詳しくはこちらの記事をご覧ください。

3. カリフラワー

アメリカでダイエット食として大流行中のカリフラワーが日本でもブームになる予感。以前からスーパーなどでおなじみの野菜ですが、ローカロリーで食物繊維やビタミンを豊富に含み、くせのない味でどんな調理方法にも対応できることから、ニューヨークを中心にカリフラワーを使ったさまざまなメニューが登場し、注目を集めています。白米のかわりに、細かくカットしたカリフラワーを食べる「カリフラワーライス」なんていうアイデアも!
▼「カリフラワー」の効能とレシピアイデアについて、こちらの記事もご覧ください。

4. フルーツソルト

マンゴー、クランベリーなど凍結粉砕したフルーツを西オーストラリア産の天然湖塩と合わせた「フルーツソルト」。いつもの料理をおしゃれに演出できたり、手軽に新しい味を表現できたりするとして話題になっています。フルーツと塩という組み合わせの新鮮さと、サラダや肉料理など意外にどんな料理にも合わせやすい使い勝手の良さはギフトにもぴったりです。

特集

SPECIAL CONTENTS