ポストいちご大福はこれ!みかん丸ごと「みかん大福」が人気♫

ジュージーな「みかん大福」は豪快にかぶりつくと、みかんの果汁が溢れ出す、みかんを丸ごと一つ包み込んだおいしいさを楽しめちゃうんです!もちもちした大福の皮の甘さとみかんの甘みと酸味が絶妙なおいしさを生み出しています。

「みかん大福」が人気

みかんを丸ごと一つ包み込んだ「みかん大福」が人気です!きっといちご大福を知っている人は多いと思いますが、「みかん大福」を食べたことのある人は少ないのではないでしょうか?豪快にかぶりつくと、みかんの果汁が溢れ出すみかんを丸ごと一つ包み込んだおいしいさを楽しめちゃうんです!お店でも販売しているのでいくつか紹介します。

御菓子司角八本店

千葉県長生郡一宮町の和菓子屋角八本店の「みかん大福」は様々なメディアに取り上げられる人気商品。特に年末年始の帰省のお土産としても人気になっているようです。皮の薄くて甘い極上みかんを丸ごと一つ包み込んだ最高にみずみずしいみかん大福は、なめらかな白餡との相性も抜群。老若男女誰でも楽しめるおいしさになっています。

清光堂

昭和27年創業の愛媛県にお店を構える和菓子屋「清光堂」のみかん大福は、ジューシーな愛媛みかんと白餡と求肥のハーモニーを楽しむことができます。中のみかんが甘くでジューシーで、口の中でもちもちした大福の皮と一体になります。皮の甘さとみかんの甘みと酸味が絶妙です。

養老軒

京都の養老軒は、季節ごとの定番和菓子のみではなくフルーツ大福を販売しているお店です。フルーツが丸ごとゴロリと入った、みかん大福やキウイ大福などが人気。特製の完熟みかん大福は特製白あんと完熟みかんを丸ごと包み込んだスイーツで、やわらかいお餅とジューシーな味わいが堪能できます。

吉廼家 (ヨシノヤ)

京都は北大路駅近くにある、昭和元年創業で、豆大福や豆かんで有名な吉廼家 (ヨシノヤ)でもみかん大福が販売されています。白あんの控えめな甘みとみかんの酸味と水分が瑞々しくて、新食感を楽しめるはず。

右門

埼玉県川越駅にある、菓匠右門。代表的な商品は、さつまいもとつぶ餡を山芋ともち粉の生地でやさしく包み、昔なつかしい風味に仕上げたまんじゅう「いも恋」です。こちらのお店でもみかん大福の販売が開始されています。新鮮な蜜柑をまるごと一つ、滋賀県産羽二重餅の餅生地と白餡で丁寧に包みこまれています。川越駅前店、坂戸店、大宮店にて数量限定で販売。

「みかん大福」を作っちゃおう!

なんとみかん大福は作ることだって出来ちゃいます。近くに売っているお店がない人やできたてが食べたい人はぜひチャレンジしてみてください。さっそく作り方を紹介します。
<材料>
だんご粉・・・100g
砂糖・・・40g
水・・・150cc
みかん(こつぶ)・・・4個
片栗粉・・・適量

①みかんの皮をむきます。白いすじなども気になる人はこの時点で取り除いておきましょう。
②だんご粉、砂糖、水を耐熱容器で混ぜ合わせます。よく混ざったらラップをして電子レンジの500wで2分半加熱します。
③加熱し終わったら一度取り出し、混ぜ合わせてからもう一度1分加熱します。
④できあがった生地を軽くまぜて粘り気を出し、片栗粉をまぶしながら4等分に切りわけます。切り分けたらそれぞれ薄く伸ばしておきます。
⑤生地を手のひらで、平らに広げ、みかんを乗せます。巾着のように包み込んで、閉じてから軽く丸めたら完成です。みかんは小さいものを使うのがキレイに仕上げるコツです。
TwitterやInstagramでもみかん大福は人気のようで、食べた人の感想を見てみると、「いちご大福は良く見るけど、みかん大福は初めて見た!これはおいしい」「イチゴ大福のみかんバージョン。すっごい美味しいので一度食べてみて下さい」「まるごとみかん大福作ってみちゃった!最高でした」など、とても好評の様子がうかがえました。

ぜひ皆さんも一度、「みかん大福」を味わってみてください。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

BBC

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう