重曹を超える洗浄力!「セスキ酸ソーダ」で年末の大掃除はパーフェクト

テレビで取り上げられて話題の「セスキ酸ソーダ」。みなさんはもう使っていますか?年末の大掃除に向けて、セスキ酸ソーダの作り方、活用方法についてご紹介します。気軽にチャレンジできるので、ぜひ試してみてください!

話題のセスキ酸ソーダ

『セスキ酸ソーダ』はもうご存知ですか? 買いましたか? 使いこなせていますか?「重曹やクエン酸よりも汚れが落ちる!」なんてブームになりましたが、その効果を実感できている人はどのくらいいるのでしょうか。

「なんだ、重曹と変わらないじゃん」、なんて思っているあなた! 活用法をしっかり知ればその実力のトリコになること間違いなしですよ。

そもそも。セスキ酸ソーダってなに?

簡単に説明すると、重曹よりももうちょっと強いやつ、それがセスキ酸ソーダです。重曹に比べてアルカリが10倍強く、その上重曹には含まれていない『炭酸塩』が含まれています。

この炭酸塩、一般的に石鹸に含まれていて、皮脂や油汚れ(酸性)と洗剤(アルカリ性)が力を発揮する前に中和してしまうのを防ぐ役割を担っています。つまり、セスキ酸ソーダとは油汚れに強く、重曹よりもアルカリ性が強い(=汚れを落とす力が強い)、スゴ腕の持ち主というわけです。

まずはセスキ酸スプレーを作ってみよう

基本のセスキ酸スプレーの作り方

・水 500ml
・セスキ酸ソーダ 小さじ1

重曹よりも強い、とご紹介しましたが、たった小さじ1杯でどんな汚れも落としてくれるなんてちょっと信じられませんよね。ガンコな油汚れにはスプレー後放置し、時間をおいてから拭き取ることをオススメしますが、普段使いの掃除であれば、シュッとひと吹きすればサッとキレイになります。

実際、筆者もこのセスキ酸スプレーを使っているのですが、ガスレンジやレンジフードなど、毎日の家事の終わりにシュッとして拭き取るだけでツルツルキレイになります。壁に付いたガンコな油汚れやレンジフードの中の汚れもスプレー後放置でキレイになりますよ。

何よりうれしいのが、洗浄力は強いのに手肌には優しいこと。これだけキレイに汚れが落ちるのに、手袋なしで掃除しても手が荒れることはありません。

キッチンだけじゃもったいない!家のあちこちで活用してみて

実はこのセスキ酸、血液汚れに強く、布ナプキン派の強い味方だそうです。漂白剤よりも浸け置き時間は必要ですが、3時間から一日の浸け置きでキレイになります。また、ワイシャツの襟汚れなどの皮脂汚れも落としてくれますよ。

そして、その活躍ぶりはまだまだ続きます。

お風呂の洗剤をセスキ酸スプレーに変えれば、泡は立ちませんが浴槽もお風呂の壁もツルツルピカピカになりますし、におい残りやべたつき残りの気になるタッパーやお弁当箱などのプラスチック製品も、浸け置きですっきりキレイになります。タバコのヤニや手あかで汚れた壁紙、べたつきの気になる床など、家じゅうで力を発揮してくれること間違いなしですよ。

いかがですか? 早速使ってみたくなりませんか? ダイソーやcan doなどの100円ショップでも手に入りますので、気軽にチャレンジできるのもまた魅力ですね。

重曹に比べて水に溶けやすいので、セスキ酸スプレーを作るときもボトルに直接振り入れてシャカシャカすればOK! ただし、入れすぎはスプレーのつまりや拭き残しの原因になりますので、量を増やしたいところをグッと我慢して、適正量で作ってくださいね。
提供元:

特集

SPECIAL CONTENTS