ライター : ちゃんお

スイーツの食べ歩きやケーキ・チョコレート・アイスなど甘いものが大好きです(^O^)

「Bean to bar」のチョコレート専門店

カカオ豆の仕入れから板チョコレートになるまでの全工程を一貫して手作業で行う「Bean to bar」のチョコレート専門店です。 チョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」のディレクターを務めるカカオ鑑定家のクロエ・ドゥートレ・ルーセルさんがアドバイザーを務めています。
東急東横線の中目黒駅から徒歩10分の目黒川沿いにある「グリーン ビーン トゥ バー チョコレート(green bean to bar chocolate)」。
イートインスペースの壁面には、カカオの産地が書かれています。 ここから、チョコレートを作っている工房をガラス越しに眺めることができます。 板チョコをはじめ、ボンボンショコラ、ケーキにプリン、パンやチョコレートドリンク、アルコールなど美味しいチョコレートを堪能できるカフェメニューになっています

これは外せない!

板チョコは必食です! 基本材料はカカオ豆と砂糖のみ。マダガスカル、コロンビア、ベトナム、ホンジュラス、ブラジルの5か国のカカオ豆と、カカオ自体の風味や味に影響しにくい、癖の少ない100%オーガニックのサトウキビによる砂糖が使われています。 パッケージも5か国それぞれの和柄をイメージしたものになっています。 気軽に試食もできるので、色々と食べ比べてみて自分好みのチョコレートを探してみるのも楽しいかもしれませんね。
手間と暇をかけてひとつひとつ丁寧に作られているボンボンショコラ。 期間限定商品やパッケージもあるので、そちらもおすすめです。

こだわりのチョコレートを使って作られたメニュー

ホットチョコレート 500円
5種類のスパイスが効いたホットチョコレート。 ピンクのペッパーが良いアクセントになっています。
エクレア 500円
雪だるまが3人並んでいるようにみえる可愛いエクレア。 板チョコが挟んであり、チョコレートが濃厚でキャラメルソースが入っているそうです。 他にも、チョコレートタルトやシュークリームやマフィンなどのスイーツも充実。
グリーンバケット 600円
一本売りしかしていないチョコレート生地のバケット。 甘くない生地にクランベリー、カシューナッツ、チョコレートが入っていて食感と風味を楽しむことができます。 リベイクするとチョコがトロッと出てくるそうです。
瓶詰されたテイクアウト用のホットチョコレート。 他にもノンカフェインのカカオーティやカカオニブスなども揃ってます。 お家で楽しんだり、お土産にも喜ばれそうですね。

チョコレート作りを体験できます

チョコレートが出来上がるまでの工程を実際に製造しているラボの中にスタッフと一緒に入ってチョコレートが出来るまでの様子を体験できるワークショップやテイスティング、ワインとのペアリング講座なども開催され、子どもからプロまでが、幅広く楽しめるようになっています。 日程などは、facebookで確認してください。
チョコレートを自分の手で作ってみるなんて楽しそうですよね♪ 自分で作ったチョコートはいつも食べているものより美味しく感じるかもしれませんね。

店舗情報

グリーン ビーン トゥ バー チョコレート(green bean to bar chocolate)
★住所:東京都目黒区青葉台2-16-11 ★電話番号:03-5728-6420 ★営業時間:11:00~21:00 ★定休日:水曜日 ★食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1317/A131701/13188866/
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS