プレゼントにもおすすめ♩『ビーントゥバー』チョコの新商品13種類が登場

クリスマスとバレンタインの大本命。今年大注目の『ビーントゥバー(Bean to Bar)』チョコレートの新商品が登場。5つの異なる味わいを楽しめる『ティスティングセット(仮)』や、3大陸8カ国の豆を使った8種類の詰め合わせがラインナップ。

今話題のビーントゥバーチョコに新商品!

今年大注目のBean to Barチョコレートを販売する、チョコレートメーカー『Bace』から、独自発酵させたカカオ豆で作られた『ビーントゥバー(Bean to Bar)』チョコレートが登場。フィリピンのカカオ豆生産農園と提携して開発されたチョコレートです。

また、“カカオ豆で世界一周旅行”をテーマにした、カカオ豆生産の世界3大陸(中南米・アフリカ・アジア)8カ国の豆を使った8種類のチョコレートの詰め合わせも登場。ビーントゥバー専門店「Minimal(ミニマル)」にて販売されます。

『Bean to Bar』とは、サードウエーブコーヒーのチョコレート版で、カカオ豆仕入・選別から板チョコ製品にするまでを1つの工房で行う生産スタイルのこと。多くは、ミルクやバターを使わずカカオと砂糖のみを原料に作られています。

オリジナル発酵によるフィリピン産5種

1,620円/縦5cm×横3cm×厚さ4mmのチョコレートが各種類1枚ずつの計5枚

包装イメージ 1,620円/縦5cm×横3cm×厚さ4mmのチョコレートが各種類1枚ずつの計5枚

クリスマス向け新商品の「ティスティングセット(仮)」は、ビーントゥバーチョコレート5種類の詰め合わせ。フィリピンの1つのカカオ豆生産農園で、同じタイミングで採れたカカオ豆だけを使用しています。チョコレートの製造工程における「発酵」の方法を、ミニマル独自のアレンジ(5通り)を加えることで、5つの異なる味わいを実現。

販売日は、12月20日(日)〜。
販売場所は、Minimal、阪急梅田本店(催事)。

8カ国のカカオ豆使用の「Flight」

5,940円/縦5cm×横3cm×厚さ4mmのチョコレートが各種類3枚ずつの計24枚

5,940円/縦5cm×横3cm×厚さ4mmのチョコレートが各種類3枚ずつの計24枚

中南米、アフリカ、アジアの3大陸8カ国のカカオ豆を使用したビーントゥバーチョコレートを一度で楽しめる、バレンタイン向けの8種類の詰め合わせギフト。

スミレの花のような香りのカカオ豆(ニカラグア産)や、香ばしいピーナッツのような豆(タンザニア産)、ザクッとした“豆”感でスパイシーな豆(インドネシア産)など、産地ごとのカカオ豆の繊細な特徴が味わえるビーントゥバーならではの詰め合わせです。

販売日は、2016年1月18日(月)〜。
販売場所は、Minimal、Minimalオンラインショップ、新宿伊勢丹(催事)。

中南米、アフリカ、アジアの8種類のラインナップ

◆中南米
「ニカラグア」 渋みと酸の繊細な風味で、すみれの花のようなみずみずしい味わい
「ハイチ」 香ばしく焙煎し、アーモンドのような食べやすさが特徴
「コロンビア」 フルーティーでスパイシーなカカオの特徴を引き立たせた、強い果実味

◆アフリカ
「タンザニア」 香ばしく焙煎し、ピーナッツのような日本人に馴染みのある味わい
「マダガスカル」 フルーツヨーグルトのような酸味と甘みのバランスの取れた果実味
「ガーナ」 シナモンやドライフルーツなど、豊かでしっかりとしたカカオの味わい

◆アジア
「インドネシア」 スパイシーなカカオを粗びきして、ザクザクとした“豆感”を残した食感 「ベトナム」 柑橘やベリーのような、爽やかな酸味と渋み
商品パッケージは、“ビーントゥバーで世界一周旅行”をイメージされています。
プレゼントにも喜ばれそうな新商品に注目が高まりそう。『ビーントゥバー(Bean to Bar)』の新しい味わいを、是非一度ご賞味あれ。
【販売店舗情報】
◆ビーントゥバー専門店「Minimal(ミニマル)」
住所:東京都渋谷区富ヶ谷2-1-9
アクセス 小田急線「代々木八幡」駅南口より徒歩5分
営業時間 11:30~19:00 
定休日:月曜定休(月曜が祝日の場合は翌日休み)
アクセス:東京メトロ千代田線「代々木公園」駅出口1より徒歩5分

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

poco

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう