超キュートでおいしい!「ミニキッシュ」の作り方

小さいサイズなので食べやすく、見た目にもかわいらしいキッシュをつくりませんか?おもてなしの一品やお友達にお土産で持っていくのにもぴったりの料理です。海外サイトからご紹介しますので是非一度つくってみてくださいね。

2015年10月28日 更新

追記・なぜキッシュは「キッシュ」というのでしょう?

キッシュはフランス語では「Quiche Lorraine」キッシュロレーヌといいます。16世紀のアルザス・ロレーヌ地方(フランス北東部)に端を発した郷土料理なんですね。

そしてキッシュの語源は、バウムクーヘンの「クーヘン」(kuchen)から来ていて、ケーキの意のドイツ語、クーヘンが変化して、ロレーヌ語の「キューシュ」(küechen)となり、フランス語の「キッシュ」(küechen)となったんだとか。ロレーヌ地方はドイツとの国境の近くにあったので、ドイツ文化に影響を受けて、このような形になったそうですよ。

オリジナルのキッシュロレーヌにはベーコンだけ入れるのが基本ですが、家庭料理でもありますので、その家々によって入れる具材も違い、それぞれのお母さんの味もあるそうです。
以上「キッシュ」にまつわる雑学でした。よかったら頭の片隅にでも置いておいて、何かのチャンスにウンチクとしてお友達やご家族に披露してみてくださいね。
2 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう