帯広の人気グルメ7選!ここでしか食べられない忘れられない味を

北海道帯広といえば、広大な自然と澄んだ青空。そして何と言っても美味しい料理!地元で穫れた食材で作る絶品料理は、やはり地元でしか味わえない美味しさがあります。そんな地元愛に満ちた人気グルメをご紹介します。帯広に行ったらぜひ食べて!

1.じんぎすかんの白樺(ジンギスカンノシラカバ)

北海道に来たら、はずせない『ジンギスカン料理』。帯広でジンギスカンを食べるなら、こちらのお店がおすすめ。帯広の中心部から少し車を走らせ、のどかな田園風景の中に人だかりを見つけたら、そこがお目当てのお店『じんぎすかんの白樺』です。

メニューは『ジンギスカン』と『ラムジンギスカン』しかないので、選びようがないですが、他には何もいらない!と思わせる程美味しいのだとか。お肉は臭みもなく柔らかで、甘めのタレとも相性がよく、ご飯が進みます。人気のため、待つ事を覚悟して行って下さいね。
【店舗情報】
■名称:じんぎすかんの白樺(ジンギスカンノシラカバ)
■住所:北海道帯広市清川町西2線126
■TEL:0155-60-2058
■営業時間:11:00~15:00(材料がなくなり次第終了)
      開店前に並んでいる人に整理番号が配布されます。
■定休日:月曜(祝日の場合は翌日)
■参考URL:http://tabelog.com/hokkaido/A0111/A011101/1000130/(食べログ)

2.ぱんちょう

帯広といえば『豚丼』そしてその豚丼の元祖として有名なお店がこちら『はんちょう』です。「帯広を訪れたら必ず寄る」というリピーターさんも多く、昔からの変わらない味とボリュームが人気です。

豚丼は「松竹梅華」と4つあり、値段に従ってお肉の枚数が「4・6・8・10」と増えていきます。こちらの豚丼はバラ肉ではなく、ロース肉を使っているので変に油っぽくなくヘルシー。甘めのタレと網焼きしたお肉の相性がすごく良くて、最初見た目食べきれるかな?と不安な方もぺろりと完食してしまうほど♪
【店舗情報】
■名称:ぱんちょう
■住所:北海道帯広市西一条南11-19
■TEL:0155-22-1974
■営業時間:11:00~19:00
■定休日:月曜・第1、第3火曜(祝日の場合営業、翌日休、連休)
■参考URL:http://tabelog.com/hokkaido/A0111/A011101/1000213/(食べログ)

3.六花亭 帯広本店(ろっかてい)

帯広だけではなく、北海道の銘菓となっている『六花亭』。その本店が帯広にあります。本店だけでしか食べられないケーキや特別メニューがあり、ぜひ足を運ぶ価値ありなお店です。お店の外観もとてもおしゃれで、木々の緑とそこから漏れる木漏れ日が絵になるようなたたずまい。

六花亭本店では、作ってから3時間以内での飲食限定の『サクサクパイ』があり、作り立ての美味しさと、この場所、この時間にしか食べれないというプレミア感で、とても人気のスイーツです。サクサクのパイ生地に甘さ控え目で上品な味わいのカスタードがマッチして、とても美味しい一品です。地元の人も大量に買っていく人もいるほどの美味しさです。
【店舗情報】
■名称:六花亭 帯広本店(ろっかてい)
■住所:北海道帯広市西二条南9-6 六花亭本店 1F
■TEL:0120-12-6666
■営業時間:9:00~19:00  [喫茶室]10:30~18:00
■定休日:無休
■参考URL:http://tabelog.com/hokkaido/A0111/A011101/1000012/(食べログ)

4.十勝トテッポ工房

外観は、緑に囲まれていて、綺麗に手入れされたお庭がとってもおしゃれな建物。中に入ると、イートインコーナーも用意されていて、小さなテーブルや可愛らしい形の椅子があったり、長テーブルがあったりとくつろぎ方も様々。WiFiも可能なので、つい長居してしまうかも。

数あるスイーツの中でも、地元北海道のナチュラルチーズを使ったチーズケーキは特に人気で、『三種のフロマージュ』『カマンベールフロマージュ』は濃厚だけど、さっぱりと食べられるチーズの美味しさをしっかり堪能できる一品です。
【店舗情報】
■名称:十勝トテッポ工房
■住所:北海道帯広市西六条南17-3-1
■TEL:0155-21-0101
■営業時間:10:00~18:00
■定休日:無休
■参考URL:http://tabelog.com/hokkaido/A0111/A011101/1029301/(食べログ)

特集

SPECIAL CONTENTS