中目黒「マザーエスタ」は美味しい野菜がたっっぷり食べられるビストロ

目黒側沿いに、赤い看板が目立つお店、「mother esta」(マザーエスタ)は、野菜大好き、もしくは野菜に飢えている人にとっておきのお店です。無農薬の体にいい野菜をたくさん取り入れられます。草食動物になったつもりで、たくさん食べましょう!

体に優しい無農薬&自然栽培のお野菜

中目黒駅を降りて、目黒側沿いに10分ほどお散歩をすると見えてくるのが、「マザーエスタ」です。

こちらは、俳優の渡部篤郎さんがプロデュースしているお店で、オーガニック野菜にこだわりのあるお店です。
お店の外観。派手すぎず、地味すぎず、おしゃれな中目黒の街に馴染む外観です。赤い看板も色味が派手すぎず、大人っぽい印象。

いつまでもいたくなる「くつろぎ空間」

店内は、カウンター8席と、テーブル席は38。ちょうどいい広さで、ソファも落ち着く色味です。入ってすぐにくつろげそう。

席が限られますが、ペット同伴席もあるとのこと。その際は予約するといいとのことです。
白いタイル貼りの壁に、黒い木枠がおしゃれです。恋人とゆっくり食事を楽しむのには、ピッタリの場所ですね。

お酒もワイン、焼酎、カクテルなど様々な種類があるので、お酒の好みが違うカップルでも問題無し。

「マザーエスタ」の人気メニュー

お野菜が美味しいお店ですから、やはり人気メニューはサラダです。店名もついている「エスタサラダ〜3種のドレッシングで〜」(¥2,400)は、全国から取り寄せた30種類近い有機野菜を、たっぷりと楽しめる一品です。
サラダがサイドメニューではなく、メインに感じるほど野菜の味や香りが濃く、満足感があるのだとか。また新鮮で歯ごたえもあるため、よく噛むので、それも満足感につながるようです。

ドレッシングも、全て自家製で美味しいと評判です。
こちらも人気の「オーガニックベジタブルカレー」(¥1,600)。カレーもオリジナルで、スパイス15〜20種類調合し、じっくり煮込んで作るのだそう。

そこに、酵素ポークのしゃぶしゃぶと、自然栽培米を合わせた、完全自家製カレーです。
10種類以上の野菜がごろごろと乗っている様は、まさに圧巻。そこに自家製のルーをかけて食べると、マイルドで野菜の旨味が溶け込んだカレーが野菜とマッチして、とても美味しいとのことです。

野菜から元気をもらえるメニューとのことです。

お肉も食べられます

「マザーエスタ」は野菜が主役のお店ではありますが、お肉のメニューもあります。「酵素ポークのロースステーキ 150g」(¥2,600)は、佐賀の牧場から届いた「マザーエスタ」オススメのお肉で、こちらももちろんオーガニック飼料で育った豚です。
普通の豚肉と違って、ミネラル分を豊富に与えられ育っているとのことで、臭みがなく、脂分がとろけるのだそうです。噛むと甘みが出てとてもジューシーなんだとか。
最近野菜不足を感じているあなた、せっかく摂るなら、オーガニックの美味しいお野菜を食べに行きませんか?

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

チョビ子

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう