仙川「レキュム・デ・ジュール」でコーヒーを飲めば、気分は映画の主人公♪

店内のどこをとっても画になる、ノスタルジックなフィニクを醸し出す「cafe&bar Lecume des Jours」(レキュム・デ・ジュール)。何が目的というわけではなくとも、ただお店に居たくなってしまうような、気持ち良いカフェです。

仙川商店街の先のレトロなカフェ

仙川駅から商店街を抜けると、一階が居酒屋のレンガ造りのビルが。ここの二階に、美味しいコーヒーはもちろんのこと、お店の雰囲気まで楽しめるカフェ「cafe&bar Lecume des Jours」(レキュム・デ・ジュール)があります。
一階からの入り口は至って普通。本当にこの先にカフェがあるのかな、と思ってしまうほど。

素朴でレトロな店内

階段を上って店内に入ると、そこは昔の学校のような、素朴だけど計算されたおシャレな空間が広がります。
古いオルガンが置いてあるのもなんだかおシャレ。照明の色味も温かみがあり、木目調の家具を引き立たせてくれています。

ゆったりとした空間ネルドリップのコーヒー

お店の人気メニューは、何と言っても「ブレンドレキュム」(¥500)お店の名前が付いている看板メニューです。

深煎りで香りも深く、ネルドリップならではのコク、苦さもあるけれど後味はスッキリとしているとのこと。

コーヒー好きの人も「とんでもなく美味しい」というほどのコーヒーなので、コーヒーにこだわりのある人は、飲まなきゃ損ですよ。
美味しいコーヒーには甘いお菓子。チーズケーキやパフェなどもありますので、苦味を中和させるには、丁度良いですよね。
しっかりご飯も食べたい人には「ミートソース」(¥850)をどうぞ。

アルデンテのパスタに粗挽きのお肉がしっかりマッチ♪素朴な味わいがたまりません。
ミートソースは注文が入ってからソースを作ってくれるので、時間はかかるかもしれませんが丁寧に仕事をしてくれます。

しかも、この店内だと待ち時間も苦痛に感じないのだとか。確かに、ここにいればいるほど癒される気もしますね。
コーヒーはもちろん、食事も丁寧に、時間をかけて作ってくれる「cafe&bar Lecume des Jours」(レキュム・デ・ジュール)。予定のないお休みの日に、ゆっくりと訪れたいカフェです。

店舗詳細

【cafe&bar Lecume des Jours】 (レキュム・デ・ジュール)
住所:東京都調布市仙川町1-15-4 水清ビル 2F
電話番号:03-5313-4078
営業時間:10:00~24:00 月曜定休(祝日の場合火曜)
参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1326/A132601/13060658/

特集一覧

SPECIAL CONTENTS