三ノ輪「月光」のつきたて柔らか『きなこもち』が食べたい!

荒川区下町三ノ輪にある、お餅と日本茶の専門喫茶店「月光」。青森産の「あかりもち」を使用したお餅や静岡産の特上煎茶など、こだわりのメニューばかり。まるで赤ちゃんのほっぺのようなすべすべで柔らかいお餅は一度食べたら忘れられません!

2015年10月15日 更新

ライター : mchi31

趣味は食べること。特技は美味しそうに食べること。休日の過ごし方はおいしいものを食べること☺️

手でついたお餅が食べられるお店「月光」

荒川の商店街の奥の一角にある和カフェ「月光」。 入り口の立派な杵と臼が目印です。
店内はこじんまりとしていて落ち着いた雰囲気。 飾られている絵が江戸情緒を醸し出しています。琴や三味線、尺八などを使った音楽が静かに流れており、時間を忘れてしまう居心地の良さです。

赤ちゃんのほっぺのようなつきたての餅

きなこもち/280円
こちらが看板メニュー「きなこもち」。 青森産の「あねこもち」を使用し、その日の朝にもち米を300回程手でついているんだとか。手間のかかったお餅にきなこをかけて提供されます。 お餅が隠れる程たっぷりときな粉がかかっています。温かくて柔らかく、きめが細かいつるっとした喉越しのお餅は感動そのもの! ふわふわだけでなく、ひきもあり、お餅の弾力とお米本来の味も楽しめます。
お箸で掴みにくい程柔らかいお餅!こんなにのびるんです! 塩と砂糖の塩梅がちょうどいいきな粉は甘すぎず、いくらでも食べられちゃいます。きな粉はたっぷりかかっているので、お餅にたっぷりとつけて召し上がれ♡ これで280円なんてお値段も優しいですね♪
どんぶりもち小(おもち3個入り)/580円
こちらも人気メニュー「どんぶりもち」。 つきたてのお餅に甘口のめんつゆがかかっていて、お好みで山葵、大根おろし、もみ海苔、炒りごまの薬味をつけていただきます。 甘口で濃い目のつゆにも負けないほどお米の味がしっかりとしたお餅。赤ちゃんのほっぺのようにスベスベで、まるでシルクの様なタッチのむぎゅ~んと伸びのよいお餅に、つゆがしっかりと絡んでこれも絶品。 薬味がいくつかあるので最後まで飽きずに楽しめます。お餅は重いイメージがありますが、これはペロっと食べられちゃいます!
特上煎茶/550円
お餅と相性抜群なのがこの「特上煎茶」。 お餅だけでなくお茶にもこだわっている「月光」の煎茶は茶器ででてきます。濃いけど渋みがないお茶はスッキリとしていて心がとっても落ち着きます。
いかがでしたか? 今まで体験したことのないほど柔らかいお餅は、一度食べたらやみつきに! ほっと一息したいときにぜひ訪れてみてください。

店舗情報

・住所:東京都荒川区南千住1-22-7 ジョイフル三の輪内 ・TEL:03-3891-3105 ・営業時間 :12:30~20:00 ・定休日:水曜 ・参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132401/13058056/
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS