ライター : あれすーぱ

「人はパンのみに生くるものに非ず、されどまたパンなくして人は生くるものに非ず」をモットーに、グルメの可能性を探求する食の放浪者。Twitter系のネタを中心に、クスッと笑える記事…もっとみる

北欧はコーヒー先進国だった!!

国民1人あたりの消費量はトップ10は北欧が独占!?

今月はじめ、こんな記事が話題に…
国際コーヒー機関ICOの統計によると、2013年度に発表された世界1人当たりのコーヒー消費量は、日本が3.36kg、英国2.80kg、アメリカ合衆国4.20kgに対し、フィンランド12kg、ノルウェー8.70kg、デンマーク8.60kg、スウェーデン7.31kgと、北欧勢の圧倒的なコーヒーの消費率が見てとれます。

出典: news.livedoor.com

意外にも北欧の国々は日本をはるかにしのぐ消費量を誇っているのだという。 そして、なんと…
北欧の中でもリーダー格がノルウェー。
最近日本でも話題に上っている「バリスタ世界大会」は
じつはノルウェー発祥です。
初代チャンピオン、そしてもう一名の世界チャンピオンを輩出し、
カリスマティックな魅力で世界のコーヒーシーンをリードしています。

ノルウェーのライバルとして急成長したのがデンマーク。
首都コペンハーゲンにはいまや飛ぶ鳥を落とす勢いの
ロースターやカフェがいっぱい。
バリスタの世界チャンピオンはなんと世界最多の4名も輩出!

出典: hokuobook.com

北欧コーヒーの特徴は「浅煎り」と「酸味」

ちなみに、『北欧のおいしい時間』シリーズ著者・森百合子氏によると…
北欧のコーヒーは一般的に浅煎りで、豊かなフレーバーが特徴。お茶感覚で楽しめるんです。

出典: hyggelig-news.com

ということらしいです。

抽出器具「エアロプレス」に、その風味の謎が隠されていた!

エアロプレスって知っていますか?
コーヒーの抽出器具なのですが、手作業で圧力をかけながら抽出するというもの。

蒸らしや抽出時間を調節することで
エスプレッソ風の濃い味わいになったり、
あっさりとお茶のような味わいにしたり、
豆の味をさまざまに楽しめるのです。

出典: hokuobook.com

焙煎した豆の風味を余すところなく抽出できるのが「エアロプレス」の魅力。 搾り立ての果実のような香りを感じられるのは、こういった特徴のおかげだったのです。

【都内】北欧コーヒーが飲めるお店

都内にも北欧コーヒーを味わえるカフェはたくさんあります。 なかでもコーヒーはもちろん、インテリア、家具・雑貨など細部までこだわった、北欧をまるまる体感できるオシャレな3店舗をピックアップしてみました!

【代々木】Fuguren Tokyo(フグレン トーキョー)

住所:東京都渋谷区富ケ谷1-16-11 1F TEL:03-3481-0884 営業時間:カフェ [月・火] 8:00~22:00 [水・木] 8:00~翌1:00 [金] 8:00~翌2:00 [土] 10:00~翌2:00 [日] 10:00~翌1:00 参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131810/13141002/

【吉祥寺】moi(モイ)

住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-28-3
TEL:0422-20-7133
営業時間:
[月・木・金]
11:30~19:00(L.O.18:30)
[土・日・祝]
公式SNSで随時更新
参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13011046/
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS