ガラス作家・辻和美さんの美しいグラス写真のまとめ

ガラス作家として活躍する辻和美さん。辻さんのグラスは美しく落ち着きがあり、一度使うと「もう一品買い揃えよう」と思わずにいられない質の高さを誇っています。インスタグラムでは、辻さんのグラスに魅せられた方々が写真を多数投稿しているようですよ。

シンプルかつ美しいグラスたち

この写真からもわかるとおりに、シンプルでありながらも美しいグラスを作る辻和美さん。ガラス作家さんということなので、それも納得なのですが、使い勝手のいいやさしさあふれる作品となっています。

金沢美術工芸大学を卒業の後、カリフォルニアでガラスについて学んで帰国。現在も金沢に暮らしておられます。1996年にガラスデザインと制作プロジェクト「factory zoomer」を開始させ、それと同時に現代美術の活動を始められたそうです。

ではインスタグラムでの辻さんのガラスの投稿写真を見て行きましょう。

グラスにもセンスが光ります

この写真で一見わかりづらいかもしれないですが、コーヒーが二層になっているんだそうです。牛乳、氷、冷たいコーヒーがあればOK!とってもおしゃれですね。
夏らしく、エネルギーチャージにしそジュース。赤い色を辻さんのグラスが引き立ててくれます。これはデザイン的には「テンテン」と名づけられているようです。
バースデープレゼントにいただいたという素敵過ぎる辻さんのグラスの数々。一番左のデザインはその名も「モウモウ」というようですよ。可愛らしいですね!こんなおしゃれなプレゼントをもらったら、テンション一気に上がりそうです♪
辻さんの器で冷たいコーヒーを。夏はアイスコーヒーやっぱり飲みたくなりますものね。
デュラックス社のグラスと辻さんの「普通のコップ」(そういう商品の名前だそうです)を合わせて。ご家族の中でも特にお嬢さんは辻さんのコップをすすんで愛用しているとのことで、まだお小さいようですが、この先が楽しみな娘さんですね。
「モウモウ」で飲むお酒。辛口の日本酒にもぴったりあっちゃう辻さんのグラスです。
和バラ(という種類があるのですね!まず私はそれを知りませんでしたが...)を辻さんのガラスに美しく活けて。お花でも日本酒でもコーヒーでも、そばちょこにも使えちゃうし、便利でありつつ洗練されているデザインなんですね。

涼やかなプレートもありますよ

ちょっと小ぶりなプレートですが、和菓子を入れたりフルーツを入れたりと特に夏は活躍してくれそうですよ。

テンテンのプレートが大活躍

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう