知らないと危険!「ハンドサニタイザー」の正しい使い方ガイド

手の除菌や消毒用グッズのひとつ「ハンドサニタイザー」。今回は、そんなハンドサニタイザーのメリットとデメリット、そしてそれらを踏まえた上での正しい使い方をご紹介します。薬にも毒にもなるハンドサニタイザーを、味方につけましょう!

2019年1月10日 更新

ハンドクリームと合わせて使う

乾燥肌の引き金になりかねないハンドサニタイザーは、使用後にハンドクリームを塗って水分や油分を補うことが大切。「消毒して安心!」で終わるのではなく、肌のケアまでしっかりおこないましょう。

頻繁に多量を使わない

いくらハンドクリームを使っても、使う頻度や量が多ければ、肌の水分が蒸発する機会が増えてしまいます。いつでもどこでも使うのではなく、帰宅時・トイレ使用時・料理前など、タイミングを決めて使いすぎないようにしましょう。

濡れた手で使用しない

何度も書いていますが、ハンドサニタイザーの消毒作用はアルコール成分によるもの。アルコール濃度は、乾いた肌に使う前提で定められています。なので、手を洗った際にきちんと乾かさずにハンドサニタイザーを使うと、アルコール濃度が薄まって十分な効果が期待できません。

手を洗ったら清潔なタオルできちんと水分を拭き取り、そのあとに使用するようにしましょう。

知識を持ってサニタイザーを使おう

今回は、ハンドサニタイザーのメリットとデメリット、そして正しい使い方についてご紹介しました。ただ手につければいいと思っていた方は、ぜひこの記事を参考にして使い方を改めて見てください。

しっかりと消毒・除菌をおこなって、菌を寄せ付けない生活を送りましょう!
▼菌と戦う術を知っておこう
3 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

TK

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう