ニューヨーク発!自由が丘「ベアバーガー」でオリジナルハンバーガーを作ろう!

ニューヨーク発のオーガニック・グルメハンバーガー店「Bear Burger(ベアバーガー)」の1号店が、東京・自由が丘に2015年7月にオープンしました。パティの焼き加減も注文でき、こだわりのオリジナルハンバーガーを作れるのが魅力です。

オーガニックにこだわった「ベアバーガー」

流行の最先端・自由が丘に、2015年7月「ベアバーガー(BARE BURGER)」の1号店がオープンしました。現在は2号店として銀座にもオープンし、連日賑わっています。

今回は、そんな「ベアバーガー」の特徴や人気メニューなど、魅力をまるごとご紹介していきたいと思います。ハンバーガー好きは要チェックですよ!

ニューヨーク発の「ベアバーガー」とは

北米を中心に、2009年からオーガニックハンバーガーを展開するハンバーガーショップ。「ベアバーガー」は、"体にやさしく美味しいグルメバーガー" として支持を得ている人気のお店です。

エコにこだわり、オーガニックミートや季節に合わせた、新鮮な食材のみを使用しているんだとか。定番のビーフやチキンはもちろん、日本限定の黒毛和牛プレミアムバーガーも大人気!自分で具材をカスタマイズして作る、オリジナルハンバーガーも魅力のひとつ。

さらにキッズメニューや、カスタマイズできるサラダなど、ハンバーガー以外にもバラエティ豊かなサブメニューも揃っています。

日本初上陸店「ベアバーガー 自由が丘店」

「自由が丘駅」正面口から徒歩5分ほどのところにある「ベアバーガー 自由が丘店」。

エントランスは中庭のようになっていて、広々とした入り口です。テラス席もあるため、天気のいい日は外で食べるのも気持ちがいいですね。週末のランチの時間帯は、混雑することが多いので時間を避けて行くのがおすすめです。
店内は、1Fと2Fに分かれていてテーブル席、カウンター席、テラス席の全てで96席。カラフルで可愛らしい絵がたくさん飾られていて、ポップな店内です。

また、お子様専用の椅子やオムツ交換スペースを設置していて、テラス席と1階席の場合、ペット同伴もオーケー!ママ会や家族でのお食事にぴったりですよ。さらに、無料Wi-fiが設備されているのもうれしいポイントですよね。

自分だけのハンバーガーが作れる!

「ベアバーガー」は、好きなトッピングやソースをカスタマイズして、オリジナルハンバーガーが作れます。なんとトッピングの組み合わせは、7万通り以上もあるんだとか!何度か寄っても楽しいハンバーガー店ですね。
お肉(980円〜)・バンズ・チーズ(200円〜)・野菜(50円〜)・ソース(100円)・ペースト(300円〜)をそれぞれ選び、食材を組み合わせて理想のハンバーガーを楽しめます。メニューには「v(=ヴィーガン)」や「gf(=グルテンフリー)」などの記載もあるため、アレルギーやカロリーカットを意識する人にはうれしいですよね。

また、ハンバーガーのどれかを注文すると、+300円でセットメニューを注文できます。フレンチフライかスイートフライ、ミニサラダの中からひとつ選び、さらにドリンクもついてきます。とってもお得なので、セットで頼む人が多いんだとか。

素材にこだわったハンバーガーメニュー

「ベアバーガー」のハンバーガーは、どのオーガニックビーフでも、焼き加減を指定でき、店員さんのおすすめはミディアムだそうです。ナイフやフォークで食べる方が多いそうですが、かぶりつき用のバーガーを入れる紙がついているので安心ですよね。

ではさっそく「ベアバーガー」の人気のハンバーガーメニューをご紹介します。

カウンティ フェア/1,380円

こちらは「ベアバーガー」の定番人気メニュー『カウンティ フェア』。

肉汁したたるパティと濃厚なチェダーチーズ、シャキシャキとしたグリーンリーフとオニオン、アクセントとなるピクルス、新鮮なトマトなどのハンバーガーの王道な具材が入っています。

エル マタドール/1,580円

特集

SPECIAL CONTENTS