ダジャレ弁当って!?「涌井家のお弁当」がほっこりすると話題

番組制作に携わっている涌井慎さんの奥さんが作り続けたダジャレ弁当が面白いと話題になっています。お弁当のトッピングでキャラクターを描く「キャラ弁」が子供には人気ですが、旦那さんにはぜひ「ダジャレ弁当」を!

お弁当に毎日ダジャレ?

エフエム京都(α-STATION)で、番組制作に携わっている涌井慎さんの奥さんが作り続けたダジャレ弁当が面白いと話題になっています。お弁当のトッピングでキャラクターを描く「キャラ弁」が子供には人気ですが、旦那さんにはぜひ「ダジャレ弁当」を!
そばやしサチコ。奥さんがユニークなお弁当を作り始めたのは2014年1月ごろから。2014年5月からブログで紹介し、なんと今では投稿数は250件以上にもおよびます。
痛みを感じる前に抜いちゃいましょうね「オヤシラス」。このダジャレ弁当をFacebookに写真を投稿したところ、周囲の反応がとてもよく、それから奥さんはお弁当を作るときには必ずと言っていいほどネタを仕込んでくれるようになったそうです。
「コクゴサンキュウリカシャカイ」。「無理矢理感。私は好きです。算数と理科。二つの言葉にまたがってのダジャレ、という意味では新しさも感じますね。私は好きです」と感想を述べています。
「しめーじビデオ(イメージビデオ)」ぱっと見、どういう意味か分からないものもありますが、よくよく考えるとわかるひらめきを感じたときは何だか嬉しくなってしまいますね!
「手羽先コウ(柴咲コウ)」。言葉遊びが難解すぎて、帰宅後に奥さんに教えてもらってからようやくわかる日もあるとか!
お雛さんま。このユーモアな弁当が夫婦の交流のきっかけとなっているようです。涌井さんは奥さんに対し「感謝しかないです」の一言。これからもブログは続けて行く予定だそうなので、気になる人はぜひチェックしてみてください!

特集

SPECIAL CONTENTS