朝食に食べてませんか?紫外線を吸収しやすい食べ物とは…

美しいお肌を保っておきたいならば紫外線対策は必須。なんと、食べ物のなかには紫外線を吸収しやすくしてしまうものもあるそうです!日焼け止めクリームやサングラスなどで紫外線対策はバッチリな人も要チェックです!

紫外線を吸収しやすい食べ物がある!

美しいお肌を保っておきたいならば紫外線対策は必須。美白でいたい人にとって紫外線は最大の敵だとも言えるでしょう。
なんと、食べ物のなかには紫外線を吸収しやすくしてしまうものもあるそうです!日焼け止めクリームやサングラスなどで紫外線対策はバッチリな人も要チェック!

柑橘系の果物に注意!

紫外線対策としてビタミンCがたっぷりの果物や野菜を食べている人もいるでしょう。しかし柑橘系の果物には「ソラレン」という紫外線に対する感受性を高める物質が含まれているそうです。

ソラレンとは

ソラレンとは光毒性を持っている成分で、光に当たると紫外線に反応し、肌にダメージを与えてしまう性質を持っているそう。

紫外線を吸収しやすくする作用があるので、多く摂取すると肌にかゆみや赤み、さらにはシミや色素沈着を引き起こす可能性もあるとか!
ソラレンを含む食べ物を食べると、紫外線への感受性が高くなります。

出典: antiaging6.blog.fc2.com

レモン、グレープフルーツ、オレンジといった柑橘系の果物の多くにソラレンが含まれているので、紫外線が多い時期や朝食の際には注意が必要でしょう。

ソラレンは摂取してから約2時間後に体内へ広がって紫外線吸収の効果を発揮するそう。

野菜にも含まれる!

柑橘系の果物以外に、きゅうり、パセリ、セロリ、ニンジンといった野菜にもソラレンは含まれます。朝にグリーンスムージーなどを飲んでいるという人も少なくないのでは?

パセリ、セロリなどの料理に風味を加える香味野菜を何気なく使っていることもあるかもしれませんね…。
パセリ、セロリ、しそ、三つ葉など、料理に風味を加える香味野菜も、ソラレンの含有量が多いようです。

ほかには、いちじく、キウイ、アセロラや、サプリメントによく利用されるクロレラにもソラレンが含まれています。

出典: www.biranger.jp

大事なのはタイミング

レモンやオレンジなどの果物は栄養化もあるのでぜひ摂取しておきたいところ。紫外線を吸収しやすくなるとはいえ、食べてはいけないわけではありません。

覚えておきたいのは食べるタイミング。柑橘系の果物や、きゅうり、セロリなどの野菜は、朝ではなく夜に食べるようにしてみましょう。
ソラレンは摂取してから約8時間程度で、代謝されると言われています。夕食時に摂取すると、朝には代謝されるので、柑橘系の果物やソラレンを含む野菜は、夜食べるのがおすすめです。

出典: www.biranger.jp

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

BBC

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう