知っておきたい!一般のワインとオーガニックワインの違いとは

オーガニックワインとは「オーガニック農業で栽培したぶどうから造ったワイン」のこと。ぶどうの栽培、ワインの熟成プロセスまでを、できるだけ自然な環境で材料を作り、製造したワインなんです。

オーガニックワインとは

近年ブームになっている「オーガニック」というキーワード。皆さんはオーガニックワインとは何かを知っていますか?無農薬、有機肥料という自然環境の中で植物を栽培するのがオーガニック農法であり、それはオーガニックワインでも例外ではありません。
つまり、オーガニックワインとは「オーガニック農業で栽培したぶどうから造ったワイン」のこと。ぶどうの栽培、ワインの熟成プロセスまでを、できるだけ自然な環境で材料を作り、製造したワインなんです。

一般のワインとの違い

定義については専門家の間でも多くの異なった見解が存在しているようですが、ファンの間では、ブドウの育成から収穫までを有機農法で栽培し、手摘みによる収穫がなされることが要求されているようです。その中でも硫黄や硫酸銅などの自然に存在する物質を使うことは可能とされているとか。

オーガニックワインの良さ

日本でも徐々に浸透してきており、取扱い店舗も増えてきているようですが、まだまだ一般的なワインと比べて市場価格は高めということもあり、オーガニックワインに対する評価は分かれていたそうです。しかし、醸造家がこだわって造り上げたオーガニックワインは、本来の豊かな味わいが引き出されるのでおいしいと評判になり、評価も上がってきたそうです。
他にもオーガニックワインには余計なものが加わっていないのでスムーズに味わえ、味が良く、料理の邪魔をしない、のど越しが良いというメリットも。契約農家がはっきりとわかるので安心ということも嬉しいポイントですね♪
オーガニックブームにのって、ワインもおしゃれに楽しんでみてはいかがでしょうか?

特集

SPECIAL CONTENTS