豆によってこんなに違う!美味しいコーヒー豆の銘柄10選

コーヒーには色んな種類の豆がありますよね。でも、美味しいコーヒー豆の選び方がイマイチ分からない…今回はそんなコーヒー豆の銘柄をご紹介します。コクか苦味か、それとも酸味か。口コミなども参考にしながら、通販でぜひ気になった豆を試してみましょう!

2019年12月12日 更新

コーヒー豆によって味は違う!

みなさん、コーヒーは好きですか? コーヒーは豆によって香り酸味苦味などが異なります。よってどのコーヒー豆を選ぶかがコーヒーの味を決めると言っても過言ではないんです! とはいえ、コーヒー豆は種類がたくさんあってどれを選べばいいのかわからない。そんな方にコーヒー豆の種類をご紹介します。コクのあるコーヒー、苦味控えめのコーヒーなど自分の好みにあったコーヒー豆を見つけてくださいね!

1. キリマンジャロ

タンザニア産のコーヒー豆です。アフリカ大陸の最高峰の山「キリマンジャロ」の麓で栽培されています。キリマンジャロの特徴はなんと言っても、強い酸味。独特の酸味があり、コーヒーの中では多少酸っぱいかもしれません。ただ、酸味を楽しめたという口コミもあるくらい、風味を感じれますよ!
キリマンジャロAA(生豆時200g) ¥640
【珈琲問屋 流通センター】 営業時間:9:00〜18:00(年中無休) TEL:044-270-1440 E-mail:rakuten@tonya.co.jp

2. ブルーマウンテン

ジャマイカのブルーマウンテンで栽培される高級なコーヒー豆。もっともバランスがとれたコーヒーと言われています。苦味・香り・甘み・酸味どれをとっても高いレベルであるので、何を飲めばいいかわからない人はこれから試してみるといいかもしれませんね!比較的値段が高い豆ですが、1度は飲んでおきたいですね。珈琲問屋などの通販ではリーズナブルな価格で販売されているので、気になる人はぜひチェックしてみて!
ブルーマウンテンNo.1(生豆時200g)■ ¥2726
【珈琲問屋 流通センター】 営業時間:9:00〜18:00(年中無休) TEL:044-270-1440 E-mail:rakuten@tonya.co.jp

3. ハワイ・コナ

ハワイで栽培されているコーヒー豆です。100年以上の歴史がある豆で、厳しい品質管理と適切な栽培環境の元、作られています。ハワイ・コナの特徴は芳醇な香りと口当たりのまろやかさ。スッキリしているので、くどくなく飲みやすいコーヒーになっています。少し値段は張りますがハズレのない珈琲なので、自分へのご褒美にぜひ!
ハワイコナEXファンシー(生豆時200g) ¥2106
【珈琲問屋 流通センター】 営業時間:9:00〜18:00(年中無休) TEL:044-270-1440 E-mail:rakuten@tonya.co.jp

4. グアテマラ

中南米のグアテマラで作られているコーヒー豆です。降雨量が多い火山灰の土壌が栽培地となっているので、高い品質のコーヒー豆を生産しています。このコーヒーはフルーティーでコクがあるのが特徴です。苦いコーヒーが得意でない人にはおすすめ!高級感もあり、豆から買うととてもお得感がありますよ。
[500gお得袋]グァテマラ世界規格Qグレード珈琲豆(ガテマラSHB)/グルメコーヒー豆専門加藤珈琲店/珈琲豆 ¥2289
【加藤珈琲店】 営業時間:9:00〜17:00(土日定休日) TEL:052-734-2901 E-mail:gourmetcoffee_2@shop.rakuten.co.jp

5. モカ

コーヒー豆の中で最も古いとされているのが、モカです。日本でもよく聞く名前のコーヒーですよね。モカの特徴は、上品な甘みフルーティーな香りです。果実のような酸味があり、後味が爽やかですよ!口コミでは、濃く入れてミルクを混ぜるとおいしいという声もあるので、そういった飲み方をするのもいいかもしれないですね♪
モカシダモG4(生豆時200g) ¥540
【珈琲問屋 流通センター】 営業時間:9:00〜18:00(年中無休) TEL:044-270-1440 E-mail:rakuten@tonya.co.jp
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS