ライター : macaroni公式

こんにちは。macaroniの公式アカウントです。最新の様々な情報をみなさんにお届けします。

まるで本場の味!3つのコリコレ鍋シリーズが新発売

Photo by 木下 誠

韓国インスタントラーメンのなかで一番の知名度を誇る「辛ラーメン」。その「辛ラーメン」を日本で販売している株式会社農心ジャパンから2022年9月5日(月)に、日本限定の新商品「コリコレ鍋シリーズ」が発売されました。味は「プデチゲ」「キムチチゲ」「コチュジャンチゲ」の3種類。辛ラーメン1袋と特製のタレがセットになっており、お好みの肉や野菜を煮込んで鍋のように楽しみます。

ブランド名の「コリコレ」とは「Korean Food Collection」の略。“本場韓国の味をまるごと、そのまま届けたい”という想いから誕生したブランドです。本場の味を再現するために、「辛ラーメン」のスープをベースに、それぞれこだわり抜いた特製ヤンニョムをブレンド。どれも素材の旨味が利いて、食べ応えのある味わいになっています。

この記事では注目の3商品について、味の特徴からおいしい食べ方まで徹底的にご紹介していきます。韓国料理ファンだけでなく、韓国好きの人や韓国の本格鍋を味わってみたい人もぜひチェックしてみてくださいね。

マカロニメイトを招待し試食会を開催!その感想は?

Photo by 木下 誠

まずは、今年の5月下旬に開催された試食会の模様についてご紹介します。macaroniの公認コミュニティ「マカロニメイト」をご招待し、3種類の味わいをそれぞれ楽しんでもらいました。

参加した方々から特に多かったのは「3種類ともしっかり辛い鍋だけど、味にはっきり違いがあり、どれも満足度が高い!」「おうちで気軽に本格的な味わいを楽しめるのはうれしい」などの感想。さらに「何の具材を入れたらおいしくなるか探るのも楽しそう」といった声も寄せられました。

また、 複雑な工程がなく、いつものお鍋と同じ感覚で作れる点も好評! 「夕飯のメニューにもよさそう」「発売されたら絶対に買いたい!」という声も多く、評判の高さがうかがえました。ではさっそく3種類の商品について、詳しくご紹介していきましょう。

旨味と辛みのバランスが絶妙なうまからプデチゲ

Photo by 木下 誠

インスタントラーメンを入れて楽しむチゲは、韓国で「プデチゲ」と呼ばれます。本場ではランチョンミートのような加工肉を具材として入れることが多いので、味の強い具材に負けないよう新鮮なにんにくの風味が利いた特製ヤンニョムを開発。厳選したコチュジャンに野菜の旨味や、新開発のネギとごま油のオイルをブレンドし、深みのある味わいを表現しています。さらに隠し味の醸造酢によるすっきりとした口当たりも魅力!

そんなプデチゲをより楽しむためには、まず本場のレシピを試すのがおすすめです。

材料(3~4人前)

・水……800ml
・ランチョンミート(1cmスライス)……170g(半缶)
・ソーセージ……150g(大きめ2本)
・たまねぎ(1.5cmの半月切り)……300g(大1玉)
・えのき……140g(1袋)
・長ネギ……100g(1本分)

〈本品〉
・辛ラーメン……1袋
・特製プデチゲヤンニョム……1袋

作り方

Photo by 木下 誠

1. 鍋に水800mlと、食べやすい大きさに切った具材を入れる

2. 辛ラーメンの袋に入っている粉末スープとかやく、特製プデチゲヤンニョムを入れ、火にかける

3. 具材の旨味を十分に引き出すため、沸騰後フタをしたまま10分間煮込む

4. 最後に辛ラーメンを入れて、4分30秒煮込んで完成

Photo by 木下 誠

辛ラーメンの辛味が、特製ヤンニョムの旨味でうまく調和され、ほどよい辛さでコクのある味わいに。煮込むほどランチョンミートやソーセージの旨味がさらに染み出し、おいしさが増していくようです。ぷりぷりとした麺とも相性抜群! 酢の効果でくどさがないので、最後まで飽きずに楽しむことができます。

試食会では「いつも食べてる辛ラーメンより辛く感じないので食べやすい」「ランチョンミートを入れると旨味がさらに引き出されておいしい」といった声が多くありました。

韓国鍋を代表する商品として、開発にもっとも力を入れたというこのプデチゲ。同社の徹底的なこだわりが感じられる、さすがの味わいです!

酸味が利いたヤンニョムでキムチを再現!本格派のキムチチゲ

Photo by 木下 誠

韓国の鍋といえばキムチ鍋を思い浮かべる人も多いかと思いますが、コリコレ鍋シリーズのキムチチゲはひと味違います! 魚介の旨味と酸味を加えた特製キムチヤンニョムで、本場のキムチの辛味と酸味を再現。さらに水分の多い白菜を具材として入れても味が薄くならないよう、スープを濃い味わいに調節しました。まるでキムチから作ったかのような、本場韓国のリアルな味わいが体感できますよ。

より本格的なキムチチゲにするなら、以下のレシピから試してみましょう。

材料(3~4人前)

・水……700ml
・豚バラスライス(5cmカット)……150g
・たまねぎ(1.5cmの半月切り)……200g(中1玉)
・厚揚げ……160g(中1丁)
・白菜……250g(1/8個)
・しめじ……40g(1/4袋)
・長ネギ……50g(1/2本)

〈本品〉
・辛ラーメン……1袋
・特製キムチヤンニョム……1袋

作り方

Photo by 木下 誠

1. 鍋に水700mlと、食べやすい大きさに切った具材を入れる

2. 辛ラーメンの袋に入っている粉末スープとかやく、特製キムチヤンニョムを入れ、火にかける

3. 具材の旨味を十分に引き出すため、沸騰後フタをしたまま10分間煮込む

4. 最後に辛ラーメンを入れて、4分30秒煮込んで完成

Photo by 木下 誠

具材として入れた白菜をスープに絡ませて食べると、まるで本物のキムチのような味わいで驚きます! 辛さのなかに酸味がしっかり利いているので、さっぱりと食べられるのも魅力。豚バラから出る脂の旨味もよく絡んで、お酒が進みそうな味です。

試食会でも「3種類のなかで一番本場の韓国鍋に近い!」と評価の高かった商品でした。辛さと酸味のハーモニーがクセになる味わいで、「あの味が忘れられない!」と虜になったmacaroni編集部員もいるほど! お好みでキムチ(韓国キムチがおすすめ)をのせると、より本格的な味わいが楽しめるので、ぜひ試してみてくださいね。

辛さと甘みが絶妙な濃厚なスープ。一番人気のコチュジャンチゲ

Photo by 木下 誠

コチュジャンチゲは、韓国の家庭料理の定番。この商品は本場のスンチャンコチュジャンに、豚骨スープと魚介スープを加え、深みのある味わいを表現しました。隠し味にはコクと香ばしさをプラスする韓国風ラー油を。とろりとしたスープで麺にもよく絡みます。

そんなコチュジャンチゲは、スープがよく絡む具材を選ぶのがおいしく食べるコツ。基本的な食べ方は以下を参考にしてみてください。

材料(3~4人分)

・水……700ml
・豚肩ロース(2cmの角切り)……200g
・じゃがいも(1cmスライス)……230g
・たまねぎ(3cmの角切り)……200g(中1玉)
・木綿豆腐……200g(1/2丁)
・ズッキーニ……140g(3/4本)
・しめじ……50g(1/4袋)
・サラダ油……大さじ1杯

〈本品〉
・辛ラーメン……1袋
・特製ヤンニョムジャン……1袋

作り方

Photo by 木下 誠

1. 鍋にサラダ油をしき、豚肩ロースと玉ねぎを入れ、中火で約2分間炒める

2. 豚肉の表面が白くなったら、水700mlを入れる。さらに辛ラーメンの袋に入っている粉末スープとかやく、特製ヤンニョムジャンを入れ、しっかり溶かし混ぜる
※特製ヤンニョムジャンは沸騰前に入れることがポイント。熱いとダマになります。

3. 食べやすい大きさに切った具材を入れる。具材の旨味を十分に引き出すため、沸騰後フタをしたまま10分間煮込む

4. 最後に辛ラーメンを入れて、4分30秒煮込んで完成

Photo by 木下 誠

特製コチュジャンの辛味と甘さで、辛ラーメンとはまた違った辛さに! 旨味と甘みのバランスが整った濃厚かつ、まろやかな味わいで箸がどんどん進みます。鍋の具材としてはめずらしいズッキーニを入れますが、くたっとした食感に特製ヤンニョムジャンの味が染み込んで相性は抜群!やわらかくなったじゃがいもにも味がよく入り、噛むほどに旨味が口の中に広がります。

実は、コチュジャンチゲは試食会でもっとも高評価だった商品。試食会後のアンケートで「購入してみたい商品」No.1に輝いたんです。

参加者からは「甘みの利いた辛すぎないスープがおいしい」「なじみやすい味で食べやすい」などの声がたくさん! 韓国料理に初トライする人は、ぜひコチュジャンチゲから手に取ってみてください。

鍋の〆にはポックンパを楽しもう♪

Photo by 木下 誠

それぞれの味わいが際立つ「コリコレ鍋シリーズ」。〆にはごはんを入れて「ポックンパ」にする方法もおすすめだそうです。「ポックンパ」は焼きめしのことで、残ったスープと同量のご飯、ごま油を入れて炒め合わせます。少し放置してカリカリのおこげを作るのもおすすめですよ。

材料(4人分)

・温かいご飯……茶碗2~4杯分
・ごま油……適量
・刻み韓国のり……適量
・刻みネギ……適量

作り方

Photo by 木下 誠

1. 残ったスープを温め、ご飯を入れる。スープの量はご飯がひたひたに浸かるくらいがおすすめ。多い場合はお椀などに取り出しておく

2. ごま油と刻み韓国のりを加えて炒める

3. ネギをトッピングして完成
今回はプデチゲで作りましたが、うまからのスープがご飯に絡んで、何杯でも食べられそうな味わいです。卵やチーズを入れてもおいしく食べられますよ。ぜひお試しを!

50名様に当たる!プレゼントキャンペーン

Photo by 木下 誠

どれを食べても本格的な味わいが楽しめる「コリコレ鍋シリーズ」。入れる具材によっても味わいは変化するので、自分のお気に入りの組み合わせを探すのもおすすめです。

このおいしさを多くの人に試してほしい……!ということで、今回は特別にプレゼントキャンペーンを開催! 簡単なアンケートに答えるだけなので、ぜひ参加してみてください。たくさんのご応募お待ちしております!
・プレゼント内容
コリコレ鍋シリーズ「プデチゲ」「キムチチゲ」「コチュジャンチゲ」……各1個(計3種)

・当選者数
50名

・募集期間
2022年9月12日(月)〜2022年10月7日(金)

・当選連絡
2022年10月中旬〜下旬に「campaign@macaro-ni.jp」よりメールにてご連絡させていただきます

・応募条件
・下記アンケートにご回答くださった方
・日本国内に在住の方
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ