5. しょうゆを加える

Photo by 菅 智香

なすを戻し入れ、鍋肌にしょうゆを回し入れて全体を炒め合わせます。

6. 味付けをする

Photo by 菅 智香

ボウルに取り出し、レモン果汁を加えて全体を混ぜます。塩(分量外)、こしょう(分量外)で味を調えて完成です。

コツ・ポイント

子どもでも食べやすくなるコツ

なすはアクが多い野菜です。アク抜きをすることでえぐみや苦味を抑えることができ、おいしく仕上がります。パプリカは食感を楽しめるよう、あまり小さく切り過ぎないようにしてください。噛みやすいシャキシャキとした食感を残すことで、子どもがたっぷり食べてくれる炒め物になりますよ。

食材をプラスするとメインおかずに!

シンプルな味付けなので、さまざまな食材をプラスできます。豚肉や鶏肉をプラスすると一気にボリュームアップ!満足度の高いメインおかずになりますよ。鮭やツナ缶、いかやたこなどの魚介系を合わせるのもおすすめです。

アレンジいろいろ!パプリカ×なすの人気レシピ7選

1. ハレの日の副菜に!なすとパプリカのマリネ

時間が経つことでおいしく仕上がる、なすとパプリカのマリネのレシピです。マリネ液の中に少量のしょうゆをプラスすることで気取り過ぎない、食べやすい味に仕上げます。なすとパプリカの鮮やかな色がハレの日の食卓に彩りを添えてくれますよ。

2. レンジ加熱だけで作れる!なすとパプリカの煮浸し

10分で作れる、煮浸しのレシピです。加熱は電子レンジだけなので手軽に作れるひと品。にんにくでパンチを効かせる味で、子どもも大人もおいしく食べられますよ。ひと口食べるごとになすとパプリカの旨味がジュワっと広がります。かつおぶしをたっぷりかけていただきましょう。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ