ライター : macaroni公式

こんにちは。macaroniの公式アカウントです。最新の様々な情報をみなさんにお届けします。

「コノスル」って知っていますか?

Photo by 木下 誠

「コノスル」は、1993年に南米の一大ワイン産地・チリで誕生したワインブランド。「コノスル」とは、スペイン語で“南向きの円錐(えんすい)”を意味し、南米大陸の形を指しています。

高品質かつリーズナブルな価格帯で、日本でも人気が高まりつつある「コノスル」。シンボルマークの自転車のイラストに見覚えのある方もいるのではないでしょうか。

注目したいのは「コノスル」のオーガニックワイン!

「コノスル」には、さまざまなシリーズがありますが、macaroni編集部が注目したのはオーガニックワイン。化学肥料や農薬を一切使用していないことを証明する認定(エコサート認定)を受けた畑で栽培したブドウから造られています。

輸入オーガニックワインブランドのなかでは、国内での売上がNo.1(※)という実績も。これは気になりますよね……!

※世界のワイン&スピリッツのビジネス専門誌ウォンズ2021年4月号「日本のワイン市場を読む 2021/2020 オーガニックワイン主要ブランド別販売量」調べ(2020年1月~12月のコノスルのオーガニックワインの販売量:54,342ケース 1ケース=9Lで換算)

ワイン好きのmacaroni編集部員が飲んでみました!

Photo by 木下 誠

さっそく、macaroni編集部では「コノスル」のオーガニックワインを味わってみることに。興味津々で集まったのは、この3名です!

・ワインをこよなく愛するmacaroni料理家・らみー(写真中央)
・おいしいワイン探しに余念がないmacaroniトレンドチームリーダー・もちこ(写真右)
・最近ワインを飲み始めた初心者のmacaroni動画制作担当・柴ちゃん(写真左)

Photo by 木下 誠

らみー:私は赤ワインが好きだから、家でも赤ワインを飲むことが多いんだよね。この「カベルネ・ソーヴィニヨン」は、赤ワインならではの渋みはちゃんと感じられるけど、重たすぎないから飲みやすい!平日の仕事終わりに飲みたくなる感じ。

Photo by 木下 誠

もちこ:私も赤ワインが大好き。「カベルネ・ソーヴィニヨン」と同じように飲みやすいと思ったのが「ピノ・ノワール」。華やかな香りとほどよい酸味、渋みは、どんな料理にも合わせやすいし、デイリー使いにちょうど良さそう!

Photo by 木下 誠

柴ちゃん:ワイン初心者の私は、白ワインの「シャルドネ」や「ソーヴィニヨンブラン」が飲みやすくて気に入ったな。特に「シャルドネ」は、す~っと体に入ってきてくれて後味はすっきり、爽やかでおいしい!

らみー:それにしても「コノスル」は、“この味わいでこの価格!?”っていううれしい驚きがあるよね。価格帯も1,000円前後だから手が届きやすい。

もちこ:ここ数年、オーガニックワインやナチュラルワインが流行ってて、スーパーやコンビニでもたくさん商品を見かけるよね。でも納得できるおいしさで、価格もリーズナブルで……となると、なかなかないんだよね。そう考えると「コノスル」の存在はありがたい!

「コノスル」が、地球にやさしい理由

Photo by 株式会社スマイル

ところで、なぜ「コノスル」のワインのシンボルマークが自転車なのか気になりませんか?

実はこの自転車は、「コノスル」の”サステナブルな取り組みの象徴”として描かれているもの。「コノスル」の従業員たちは、広大なブドウ畑を自転車で移動しています。自動車は地球環境に悪影響を及ぼす排気ガスが出てしまうため、使わないようにしているのです。

ブドウ栽培においても、サステナブルな農法を取り入れています。化学肥料でなく有機肥料を使用し、ガチョウや羊などの動物、蜜蜂や蝶などの昆虫、さまざまな植物の助けを借りることで、害虫・病害・雑草の駆除を行っています。自然の生態系を維持し、環境に負荷を与えない農法でブドウを育てているのです。

そのほかにも、太陽光発電による再生可能エネルギーの利用、醸造所における節水など、「コノスル」のサステナブルな取り組みは多岐にわたっています。

こういった「コノスル」の取り組みを知ると、ますますワインが味わい深く感じるかもしれませんね。もっと知りたい方はぜひ下記のサイトものぞいてみてください。

macaroni編集部員のお気に入りワインとそれに合わせたいメニューはこちら

次からはmacaroni編集部員3名それぞれのおすすめワインと合わせたいメニューをご紹介します!
いつもの食卓にも出てきそうな、意外なあのメニューとも相性抜群なんです。

らみーのイチオシは、「カベルネ・ソーヴィニヨン」×「お好み焼き」

Photo by 木下 誠

らみー:お好み焼きソースに感じる甘み・フルーツ感・スパイス感と「カベルネ・ソーヴィニヨン」の味わいがすごく合うと思う!さらに、豚バラ肉の脂っぽさを「カベルネ・ソーヴィニヨン」の渋みが中和してくれるから、ついつい箸が進むこと間違いなし♪

柴ちゃんのイチオシは、「シャルドネ」×「シーフードグラタン」

Photo by 木下 誠

柴ちゃん:私は、「シャルドネ」にクリーミーなグラタンを合わせるのがお気に入り。「シャルドネ」のすっきりとした飲み心地はホワイトソースをくどく感じさせません。さらに爽やかな酸味とミネラル感が、シーフードの旨みをうまく引き立たせてくれています!

もちこのイチオシは、「ピノ・ノワール」×「きのこバターしょうゆパスタ」

Photo by 木下 誠

もちこ:「ピノ・ノワール」の華やかな果実の香りに、きのこの香り、バターしょうゆの香ばしさが見事に調和したひと品。「ピノ・ノワール」は、きのこのように香り高い素材との相性が特に良いワインだと思います。お好みのきのこと楽しんでほしいです♪

ほかには、こんな組み合わせも!

上記でご紹介した以外にも、おすすめの組み合わせはまだまだあります!ぜひ参考にしてみてくださいね。

「マルベック」×「麻婆豆腐」
ジューシーな果実味と豊かな酸、しっかりとした渋みが特徴の「マルベック」。麻婆豆腐のように辛くてガツンとした料理をしっかりと受け止めてくれます。カレーのようにスパイスが効いた料理と合わせるのもおすすめ。

「ソーヴィニヨン・ブラン」×「春野菜の天ぷら」
柑橘系の香り、ミネラル感が魅力の「ソーヴィニヨン・ブラン」。野菜の繊細な味わいを引き立たせてくれるので、春野菜の天ぷらを合わせてみてはいかが?キリッとした酸味は、揚げ物の油っぽさをすっきりと流してくれますよ。

・「グラン・レゼルバ」×「豚の角煮」
プラム、クランベリーやストロベリーの香りがあり、エレガントでシルキーな味わいの「グラン・レゼルバ」。肉料理と良く合い、豚の角煮のように甘みのあるこってり系とも好相性。やわらかなタンニンが、豚の脂を軽やかに感じさせてくれます。

これを見れば、好みのワインを見つけやすい!

Photo by macaroni

好みのワインを見つけたいときや、どのワインを選べばいいか迷ってしまうときは、ぜひ上のチャート図も参考にしてみてくださいね。

「コノスル」のオーガニックワインで、いつもの食卓をもっと楽しもう!

Photo by 木下 誠

豊富なラインアップで、いつもの食卓にもうまく寄り添ってくれる「コノスル」のオーガニックワイン。環境に配慮して造られていることも、デイリーワインとして選びたい理由のひとつです。

ぜひ、あなたもいつもの食卓で味わってみませんか?きっと楽しくて豊かな食事の時間になるはずです。
※本記事は個人の感想に基づいたもので、感じ方には個人差があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ