3. 中華麺の代わりに。ところてんの酸辣湯麵

酸味と辛みのバランスが絶妙な酸辣湯麺。中華麺ではなくところてんを使用することで、カロリーも糖質量も大幅に抑えられますよ。中華麺(ゆで)は100gあたり133kcal・糖質量が26.4g。対して、ところてんは100gあたり2kcal・糖質量が0gです。ところてんなら、ダイエット中でも麺類が楽しめますよ。(※1,18)

ところてんは低カロリーで栄養豊富

ところてんは、100gあたり2kcalととても低カロリー。また、カロリーだけでなく糖質量が低いのもうれしいですね。栄養素に関しては、腸内環境を整える食物繊維や、成長を促すはたらきがあるヨウ素を豊富に含んでいますよ。

ダイエット中の方はもちろん、なるべくカロリーを抑えたい場合にもおすすめの食材です。そのままでも十分おいしいですが、さまざまなアレンジレシピもぜひ試してみてください。
【参考文献】
(2022/02/23参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ