ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

バスチー越え!? な新作「生ガトーショコラ」発売!

Photo by muccinpurin

2021年9月27日(月)、ローソンから新作スイーツ「生ガトーショコラ」が発売されました。

しっとりほろほろ食感に焼き上げたガトーショコラのくぼみに、生クリームをイン。パリパリのチョコソースをアクセントにした生ガトーショコラは、発売前の公式SNSで “あのバスチーに続く自信作!” と豪語するローソン渾身の新作です。

ローソン「生ガトーショコラ」

Photo by muccinpurin

「生ガトーショコラ」220円(税込)
毎週火曜日に数々の新作スイーツを発売し続けるローソン。今週は火曜日に先駆けて27日月曜日に新作スイーツが発売されました。

その名も「生ガトーショコラ」。もうすでに名前からして惹かれますもんね。筆者が以前聞いた話によると、日本人は “生” というワードに弱いのだとか。生チョコ、生キャラメル、生クリーム、生ビール……。そんなわけで商品名にすでにぎゅっと心を掴まれてしまうわけです。

Photo by muccinpurin

気になる生ガトーショコラの原材料は、国内製造のチョコレート、液卵、クリーム、糖類(水飴、砂糖)、食用植物油脂、小麦粉など。ごく一般的なガトーショコラの材料がずらりと並びます。

チョコレートはカカオ分62%のクーベルチュールを使用。北海道産生クリームをプラスした生地は、しっとりなめらかでコクがある焼き上がりが特徴です。トッピングのクリームは北海道産生クリームをブレンドしているそうですよ。1個税込220円、1個あたりのカロリーは229kcalとありました。チョコレートと生クリームをたっぷりと使っているのに、やや控えめなカロリーがうれしいですね。

Photo by muccinpurin

直径は約7.5cm、高さは3cm程度なので決して大きいとは言えませんが、小ぶりな割にずっしりと重みがありますよ。食べる前からチョコレートのビターないい香りが漂います。

Photo by muccinpurin

ガトーショコラはお店によってさまざまな食感がありますが、ローソンの生ガトーショコラは、ガトーショコラ以上、フォンダンショコラ未満のしっとりタイプ。パサつきがないので食べやすく、口のなかでほろりほろりと溶けていきますよ。

カカオ分62%のクーベルチュールを使っているので、カカオのほどよい苦みや香りが存分に味わえます。甘さ控えめな、大人のガトーショコラといった印象です。

Photo by muccinpurin

生クリーム好きさんには物足りなく感じるかもしれませんが、筆者個人的には生クリームの量も多すぎず少なすぎず、ちょうどいい分量でした。ガトーショコラそのものも濃厚でおいしいのですが、クリームが添えてあることで軽さが加わり、より食べやすい印象です。

濃厚な味わいの生ガトーショコラには、ホットコーヒーを合わせるのがおすすめ。ビターなチョコレートの風味とコーヒーのアロマがベストマッチですよ♪食べきりサイズが心地よく、小腹がすいたおやつタイムにお腹も心も満たされる組み合わせです。

バスチー並みの大ヒットなるか!?

Photo by muccinpurin

しっとり焼き上げたガトーショコラに生クリームをトッピングしたシンプルな構成ながら、ビターなチョコレートの風味とクリームのバランスがよく、上品な甘さがあることから、筆者個人的にはリピートありなひと品でした。

万人受けするバスチーとは違い、ちょっぴりビターな大人味の生ガトーショコラ。ぜひ味わってみてくださいね♪
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。

商品情報

■商品名:生ガトーショコラ
■内容量:1個
■価格:220円(税込)
■カロリー:1個あたり229kcal
■販売日:2021年9月27日(月)
■販売場所:全国のローソン各店
※店舗によって、お取り扱いのない場合がございます。
Photos:7枚
袋から出して皿に盛られた生ガトーショコラ
生ガトーショコラのパッケージ
生ガトーショコラの原材料表示
パッケージから取り出した生ガトーショコラ
半分に切った生ガトーショコラをフォークでカットする様子
フォークでカットした生ガトーショコラ
皿に盛られた生ガトーショコラ
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ