デザート: Phantom’s Indignation -ファントムの怒り-

Photo by JR東日本ホテルズ

濃厚で甘いマロンクリームやほどよい酸味のヨーグルトパルフェ、甘酸っぱいカシスソースでオペラ座のシャンデリアを表現しています。

また、お皿いっぱいに敷かれたキャラメルソースの上には、ザクっとした食感も楽しいクラッシュマロンとクラッシュキャンディーが散りばめられ、上から崩しながら食べることで煌びやかで美しいシャンデリアの落下の衝撃を体験することができます。

ディナープログラム

ディナープログラムでは、忌まわしい事件から半年が経った大晦日の華やかな仮面舞踏会のシーンから、哀しくも美しい物語の結末までの第二幕をビストロノミースタイルのフレンチで表現しています。

アミューズブッシュ:Masquerade -マスカレード-

Photo by JR東日本ホテルズ

アミューズブッシュには、リンゴゼリーでコーティングしたリッチでコクのあるブリアサヴァランのボンボン、緑鮮やかなレムラードソースと信州サーモンのマリネ、アナゴにパートカダイフをまとわせて包み揚げしたサクサクとした食感の穴子のフリット、食用ほおずきに薄い飴をまとわせたほおずきのキャラメリゼが登場。

個性豊かな全4品を、劇中の印象的な大階段を模した台に並べることで、華やかな仮面舞踏会のシーンを再現しています。

前菜:Graveyard Duel -墓場の決闘-

Photo by JR東日本ホテルズ

怪人とラウルが墓場で対峙するシーンを表現したひと皿。フォアグラのプラッセと竹炭で色を付けたシガレットや、濃厚でとろけるおいしさのフォアグラと生ハムを重ね合わせプレスした絶妙なハーモニーに、心地よい甘さと酸味が特徴のホワイトポルト酒のジュレをまとわせています。付け合わせの季節野菜とともにお楽しみください。

魚料理:Don Juan Triumphant -ドン・ファンの勝利-

Photo by JR東日本ホテルズ

旬の白身魚を皮目はパリッと香ばしく焼き、身はふっくらとソテーに。ほうれん草などの新鮮野菜やハーブ、ツブ貝、南仏の伝統料理「ブランダード」を白身魚にのせ、劇中に登場する酒場のワゴンと舞台の賑やかさを演出しています。

劇中でクリスティーヌが手にする赤いリンゴは、トマトとレモンを合わせたコンディメントで表現。濃厚な渡り蟹のビスクソースを絡めてお楽しみください。

肉料理:Beyond the Lake -ファントムの隠れ家-

Photo by JR東日本ホテルズ

クリスティーヌを巡って怪人とラウルが再び対峙するシーンを表現したひと皿。ほどよい弾力とミネラル感が濃縮された濃いコクと深い味わいのブレス産鳩のもも肉を、黒ニンニクとドライトマトのコンディメントを巻き込みローストし、むね肉はローストしキノコ風味のクランブルをのせ仕上げています。

隠れ家を遮断する格子は、カシスパウダーで描き、付け合わせの銀杏、キノコ、パン生地に包まれた栗のピューレなどの秋の食材で装飾しています。鳩のジュと赤ワインがベースの特製ソースと共に、豊潤な香りをお楽しみください。
Photos:12枚
メズム東京の「オペラ座の怪人」ランチ&ディナープログラム
メズム東京の「オペラ座の怪人」ランチ メニュー
メズム東京の「オペラ座の怪人」ランチ メニュー
メズム東京の「オペラ座の怪人」ランチ メニュー
メズム東京の「オペラ座の怪人」ランチ メニュー
メズム東京の「オペラ座の怪人」ランチ メニュー
メズム東京の「オペラ座の怪人」ディナー メニュー
メズム東京の「オペラ座の怪人」ディナー メニュー
メズム東京の「オペラ座の怪人」ディナー メニュー
メズム東京の「オペラ座の怪人」ディナー メニュー
メズム東京の「オペラ座の怪人」ディナー メニュー
メズム東京の「オペラ座の怪人」
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ