11.【世界】青空の下で、世界横断のスパイスカレー「プラマーナ・スパイス」

Photo by 松 宏彰(カレー細胞)

2020年東池袋に誕生したイケ・サンパークにあるスパイスカレーのお店。

店主の加藤さんは世界中を旅していた道中、ペルーの山小屋でスパイスの魅力に目覚めたそう。旅の記憶をもとに、独自調合したスパイスを用いたカレーを提供しています。

もちろんテイクアウトできますが、公園でのイートインも可。天気のいい日は、芝生と青空の間で心地よいスパイス体験ができますよ。

カレー2種盛りプレート

Photo by 松 宏彰(カレー細胞)

1,280円(税込)
カレーはドライチキンカレーとマトンキーマ。南インド料理が軸の、かなりしっかりしたプレートです。

ドライチキンカレーは青唐辛子、フェンネル、ブラックペッパーが効いてスパイシー。マトンキーマは肉肉しくジューシーなセミドライタイプ。八角をはじめとしたホールスパイスがゴリゴリで、食べ応え十分です。

プラスアルファで付いてきた冬瓜カレーは、ココナッツミルクと刻みココナッツがふんだんに用いられたシャバシャバタイプ。ブロック切りの冬瓜に旨味と酸味が染みて夏気分全開です!副菜にはゴーヤやマンゴーのアチャールなど。

料理にはファーマーズマーケットの野菜を用いているそうで、内容はその時々。カレーを食べながら季節を感じるのにも最高な料理と環境です。
店舗情報

池袋で世界のカレーに触れよう

池袋駅から散歩できる範囲だけでも、これだけ多くの国のカレーがいただけるんです。

味はもちろんのこと、それぞれの国や地域の文化に触れ、学びを得るのも池袋カレー巡りの醍醐味。ぜひ、店員さんに話しかけてみてくださいね(もちろんマスク着用でね)。

※ 記事の内容は、公開時点の情報です。記事公開後、メニュー内容や価格、店舗情報に変更がある場合があります。来店の際は、事前に店舗にご確認いただくようお願いします。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ