筆者流。おすすめのちょい足しアレンジ

Photo by 菅 智香

さらに甘さを引き立てたい場合は、卵をプラスしてください。卵がみりんの甘みを吸い、よりゴーヤの苦みを感じにくくなります。チーズを入れても味にまろやかさが加わり、違ったおいしさを楽しむことができますよ。

ボリュームをアップしたい場合は、水切りした豆腐や焼き豆腐を加えるのがおすすめです。手でちぎって加えると、豆腐に味が絡みやすくなります。豆腐が入ることで全体の味が薄くなるので調味料を増やして味を調整してみてください。

ゴーヤの苦みを気にせず、おいしく食べよう

ゴーヤはその苦味が特徴ではありますが、苦いがゆえに苦手とする方も多くいます。下処理をしっかりし、甘めの味付けにすることで食べやすくなるので、ぜひ今回ご紹介した方法を試してみてください。

このままでもおいしく食べることができますが、卵やチーズ、豆腐などさまざまな食材をプラスしてアレンジするのもおすすめです。あなた好みのプラス食材を見つけて、ゴーヤをおいしく食べましょう。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ