コツ・ポイント

レモン果汁を加えることでとろっとした食感の、お店で売っているようなジャムに仕上げます。また、加熱した際に出てくるアクをしっかり取り除いて作ることで色が濁らず、プラムの綺麗な赤がきわ立つ、色鮮やかなジャムになりますよ。

保存期間と日持ち

Photo by 菅 智香

プラムジャムは冷蔵保存、冷凍保存ができます。冷蔵保存する場合、ジャムをすくうときに使うスプーンは毎回清潔なものを使用するようにし、2週間程度を目安に使いきるようにしましょう。

冷凍保存の場合は1回使用する分ごとにラップで包み、冷凍できる保存袋に入れてから冷凍庫で保存するのがおすすめです。冷凍保存した場合は3か月程度を目安に使いきるようにしましょう。

プラムジャムのおすすめ活用術

Photo by 菅 智香

ヨーグルトやパンに添えるだけじゃない!プラムジャムのおすすめ活用術をご紹介します。プラムジャム50g、卵2個、サラダ油20g、砂糖30gをよく混ぜ合わせます。ふるいにかけた薄力粉100gとベーキングパウダー4g、牛乳20gを加えて混ぜ合わせて型に入れ、180℃のオーブンで25分程度焼くとプラムジャムのパウンドケーキが完成します。トッピングにプラムジャムを追加すると、よりプラムの味を堪能することができますよ。

また、塩こしょうを効かせてグリルした鶏もも肉に、ソースとして添えてもおいしく食べることができます。

プラムをジャムにして長く、おいしく味わおう

甘い香りと甘酸っぱさが魅力のプラム。とてもおいしいですが完熟したものはわずか3日程度しか日持ちしません。しかしジャムにすることで長期間にわたって、食べたいときに食べたい分だけおいしく味わうことができますよ。

プラムジャムはヨーグルトやパンに添えるだけでなく、焼き菓子に入れたり、お肉のソースなどに活用できます。あなた好みの食べ方でプラムジャムを楽しんでくださいね。

編集部のおすすめ