ライター : macaroni_press

macaroni公式プレスリリースアカウントです。企業からの公式情報を元に、新発売や新店舗の案内、週末のイベント情報などをお届けします。

2021年高島屋のお中元の注文がオンラインショップにてスタート!

Photo by 株式会社髙島屋

2021年髙島屋のお中元の受注が、オンラインショップにて2021年5月7日(金)よりスタートしました。

ニーズに合うさまざまなお中元ギフトが勢ぞろい

お中元は、日頃からお世話になっている方へ感謝の気持ちを伝える、夏のご挨拶です。高島屋のお中元ギフトは、近年増えている「今だけ・ここだけのおいしいグルメが一堂に集まるシーズンイベント」として利用する方への、カジュアルギフトも充実しています。

ほかにも、さまざまな「パン」のギフト特集や、髙島屋オンラインストア独自特集として「おうち時間充実ギフト」、「ご当地ギフト」など、おうち時間を豊かにしてくれるギフトが販売されていますよ。

さらに、 “美事(みごと)を贈る” という普遍テーマのもと、既成にとらわれることなく開発、挑戦、発掘したギフト「挑む」、希少性、素材、技を極めたギフト「至高の美味」。ブランド力×逸品による特別なギフト「名店とともに」などの特集や、こだわりぬいたお中元ギフトがそろっています。

カールヴァーン デリカテッセン「カールヴァーンの古代小麦のヴィーガン・ジェラートクッキーサンド」

Photo by 株式会社髙島屋

価格:5,880円(税込)
動物性食品不使用のヴィーガンスイーツ。風味が良い古代穀物スペルト小麦のクッキーに、豆乳やココナッツミルクで作る濃厚なジェラートがサンドされています。また白砂糖は不使用で、甘味にはカンボジアの椰子の花の蜜を煮詰めた花蜜糖が使用されていますよ。

ジェラートは、ドライフルーツがふんだんに入っているイタリアの伝統菓子「カッサータ」や、アンデスのカカオ豆の香りが楽しめる「ジャンドゥーヤ」。さらに、エジプトのオアシスで実る黒糖のような甘さのデーツなど計6種類が入っている贅沢なスイーツです。

ホテルオークラ・桃花林「手包み点心セット」

Photo by 株式会社髙島屋

価格:5,400円(税込)
ホテルオークラ開業時から営業しており、日本初のホテル直営の広東料理レストラン「桃花林(トウカリン)」。熟練の点心厨師が麺棒で伸ばした、もちもちな皮で餡を丁寧に手で包んだ焼き餃子が名物です。

名物の手作り餃子をはじめ、通常お店では提供していない水餃子や海老焼売の3種の点心が楽しめる特別な髙島屋だけのギフト。

餃子は、11分蒸してからフライパンで焦げ目をつけると、皮はパリッ、サクッ、もっちりと、餡はジューシーにお店の味わいを再現できます。

ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション「ル チーズケーキ シトロン」

Photo by 株式会社髙島屋

価格:5,940円(税込)
ジョエル・ロブション氏のレストランで人気のブリアサヴァラン(フレッシュチーズ)を使用したデセールを、おうち用にアレンジした商品。素材の持ち味をシンプルにいかし、焼き加減にもこだわっています。クリーミーで濃厚なのに、後味はあっさりとした夏にぴったりなチーズケーキです。

そのまま食べるのはもちろん、黒イチジクとフレーズデボワ(森の苺)を赤ワインで煮たコンフィチュールを添えれば、ひと味違ったおいしさも楽しめますよ。

新潟・加島屋「さけといくら海鮮茶漬」

Photo by 株式会社髙島屋

価格:9,720円(税込)
キングサーモンは「炙り」と「づけ」の2種類あり、素材そのものの味が堪能できます。炙りは越後味噌に漬け込まれたあと香ばしく炙ったもの。づけは、脂ののった身を白醤油や昆布だしに漬け込まれたやさしい味わいです。

いくらは鮮度の良いうちに短時間漬け込まれており、いくらの風味が楽しめます。〆には、特製のだし汁をかける海鮮茶漬です。
Photos:13枚
おさらの上にケーキやパンなどがのっている
おさらの上にクッキーサンドがのって置いてある
おさらの上に餃子やシュウマイがのって置いてある
おさらの上にチーズケーキがのって置いてある
お茶碗の中にご飯、いくらとシャケがのって置いてある
バスケットの中に食パンやフランスパンなどが入って置いてある
木のプレートの上にクロワッサンがのって置いてある
バスケットの中に食パンやカレーパンなどが入って置いてある
木のプレートの上に猫の形をした食パンがのって置いてある
麻婆豆腐や肉まん、餃子などの中華料理が並べらrている
おさらの上にうなぎの蒲焼がのってうな重と一緒に置いてある
おさらの上にクリームがのったイチゴやカップに入ったイチゴのアイスが置いてある
グラスの中にひと口サイズのみかんアイスが入って置いてある
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ