ローディング中

Loading...

今年のバレンタインのトレンドは「板チョコ」と最近話題になっていますね♪プレゼントするなら当然おしゃれな板チョコレートがいいでしょう!おすすめのブランドを紹介します。男性だけではなく、友達や家族にプレゼントしてもよさそう♪

①カフェタッセ

ブランド名からもわかるように「カフェタッセ」のコンセプトは「コーヒー」。ヨーロッパのカフェでは、コーヒーを注文するとチョコがついてくることも。そのようなチョコレートはよりくつろぎを楽しむパートナーにという想いから誕生したのが「カフェタッセ」だそうです。
カカオの使用量が従来よりも高めでチョコ本来のおいしさを楽しめ、ナッツの香りのあるしっかりとした苦味が特徴だそうです。甘さ控えめで、苦味のなかにも余韻にオレンジのようなフルーティーな苦味もあり心地よいとか!

②ミニマル

Minimal(ミニマル)は、世界中から品質の良いカカオ豆を選び抜いて仕入れ、自社工房でカカオ豆から板チョコレートができるまでの全工程(選別・焙煎・摩砕・調合・成形)を管理している今話題の「Bean to Bar Chocolate専門店」です。
チョコレートの材料には、カカオと砂糖しか入っていないそうです。パッケージには、カカオの原産国や品種、カカオ豆の焙抄温度や焙抄時間、カカオマスの粒子の大きさまで丁寧に表記されていて、こだわりの強さが伺えます。

③テオブロマ

チョコレートの原料として使われるカカオの樹の学名は「テオブロマ・カカオ」。ギリシャ語で“神様の食べ物という意味を持っています。その名前がついたここのチョコレートはまさにその名の通りだと評判です。
かわいい動物の絵が描かれたパッケージのチョコレートや、ボンボン、トリュフ、タブレットなど約50種類のチョコレートがショーケースにずらり。フランスの伝統的なレシピに倣った定番の味から斬新なものまであるので、きっとお目当てが見つかるはず!

④ピープルツリー

ピープルツリーのフェアトレードチョコレートに使われているココアバターは体温と同じ37度前後で溶けるため、冬季限定だそうです。植物性油脂を代用した他のチョコとは違う優しい味わいと儚い口どけが印象的とか!パッケージもおしゃれ♪
ボリビアのカカオ豆やフィリピンの黒砂糖などを使用し、スイスの工場で乳化剤不使用にこだわって丁寧に作られてるそうです。

⑤ピエール・マルコリーニ

ベルギーチョコレートの奇才ピエールマルコリーニが手掛ける有名なチョコレート。本場ベルギーの味そのままに日本でも楽しめるそうです。一番人気のベネズエラ産カカオ78%のチョコレートはナッツのような味わいのあとに広がる甘酸っぱいフルーツのような風味が見事だとか!
ピエールマルコリーニの板チョコレートはMARUCOLINIの9文字のアルファベットが入った正方形と、見た目も珍しいデザインになっています。ビター、ミルク、ホワイト、ピーカンナッツ、オレンジなど、定番の味からちょっとアクセントがきいたものまで揃っています。

⑥ヴァローナ

世界のパティシエたちに愛されているヴァローナのチョコレートのおいしさの秘密はチョコレートの原料となるカカオへのこだわりだそうです。カカオ豆の原産地や種類によって風味が決まるのでそこにこだわることにより、力強い苦味や渋み、フルーツのような酸味、森や木々の香りと、食べれば違いがわかるようなチョコレートに仕上がっているとか。
パッケージもおしゃれで、チョコレート自体にもおしゃれな模様が刻まれていています。さすがフランス製のチョコレートというようなデザイン。

⑦カカオサンパカ

カカオを初めてヨーロッパにもたらしたのは、スペインでした。そのチョコレート文化発祥のスペインで人気の「カカオサンパカ」。
味と香りを損なわないように、バルセロナより冷蔵空輸しているこだわりの板チョコレートは全ての人々にカカオを楽しんでいただけるよう作られ、保存料を一切使わず、良質の天然素材とナチュラルアロマの天然由来ならではの繊細な味と香りが楽めるそうです。

⑧マルゥ

マルゥのチョコレートは、一つの産地のカカオから一つのチョコを作る「シングルオリジン」チョコレートです。原材料のカカオ豆は全てベトナムで生産されたものを使用し、そのままベトナムでチョコレートの製造までするというBean to barを行なっているそうです。
マルゥのチョコレートの特徴は、日本人が好むアロマ重視のチョコレートなところ。カカオがしっかりと発酵されているで、艶やかな舌触りと爽やかな口どけを味わえ、まろやかさの中にも若干ねっとりとした食感を楽しめるそうです。

⑨マストブラザーズ

世界中を航海してマスト兄弟がみつけたカカオ豆からつくられたチョコレートは、プラムのような深い甘味と苦味が特徴だそうです。ひと口食べると驚くほど豊かな香りが広がり、カカオ73%とは思えないような心地よい酸味が感じられるとか。
チョコレートは、カカオとさとうきびだけで作られていて、保存料や油もバターも使ってないというこだわりのオーガニックチョコレート。パッケージにはイタリアのRossi社の包装紙が使われていてとてもおしゃれですね。

⑩ボナ

カカオ本来の純粋な味が楽しめるボナチョコレート。使われているソコヌスコのカカオ豆は、入手不可能になったほど稀少なもので、今でもソコヌスコのチョコレートを味わえるのはボナだけです。
カカオ75%という高めのものでもバナナやカシューナッツのようなまろやかさと甘みが味わえるそうです。ねっとりと絡みつくような溶け方がクセになり、香り高く濃厚なビターチョコレートは男性にも好まれる味になっているとか。
今年のバレンタインはシンプルな板チョコレートでいかがでしょうか?

2015年バレンタインチョコの総まとめは、こちら

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

まとめ

先日のスマステで紹介された「行列グルメ」が話題になっています。とんかつ専門店「成蔵」や海老フライ専門店「海老昌」など、どこも1時間以上の行列ができる人気店ばかり。いったいどんな料理を目当てに並んでいるのか、お…

カレー カレーパン まとめ

大人気テレビ番組「アメトーーク!」。今回は、番組内で「カレー大好き芸人」によって紹介されたおすすめカレーの数々をご紹介します。王道のカレーやユニークなカレー、はたまた激辛カレーが食べられるお店など、いろいろな…

まとめ

コンビニで抹茶アイスを見かけるとつい手を伸ばしてしまう……というファンの方も多いのではないでしょうか。今回は2017年大注目の抹茶アイスを、厳選して12選ご紹介しますよ。抹茶アイス…

焼きそば レシピ まとめ

手軽にできておいしい焼きそば。一品でもお腹を満たしてくれますが、相性のいい付け合わせがあればより満足感が増します。今回は、スープやおかず、そして主食まで、焼きそばの付け合わせをレシピ付きで一挙ご紹介します!

コーヒー スイーツ

東京・表参道のアントルメグラッセ専門店「GLACIEL(グラッシェル)表参道本店」から、新食感スイーツ「生ダックワーズロール『roulé roulé(ルレルレ)』」が限定登場。しっ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

新宿 和食 まとめ

国際コンクールにおける食味値の点数をもとに全国選りすぐりの生産者のお米を展開するブランド「米風土(まいふうど)」。11月24日《和食の日》に合わせて、新宿 小田急百貨店・ハルクフードで11月19日(水)から2…

まとめ

女性のみなさんのほとんどが今までに1度は生理痛を経験した事があるのではないでしょうか?重い生理痛がある人って本当に辛いですよね。実は、食べ物にも生理痛をヒドくしてしまうものがあったんです。生理痛がきた際には控…

チョコレート スイーツ お菓子 まとめ

チョコレートには集中力を高める効果があると言われています。また、その香りでリラックスできるとも♡集中して何かを行いたい時や、お仕事で疲れちゃった…なんて時には、美味しいチョコレートを食べてみませ…

お菓子 コーヒー まとめ ワイン チーズ

コーヒーと世界各国の商品が買える「カルディ」。種類が多く、何を買うか迷う人も多いでしょう。今回は、コーヒーだけじゃないカルディのオススメ商品を50品厳選!デザートやスーパーフード、調味料とジャンル別に見やすく…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

ドーナツ

いろんな意味で話題を呼んでいるセブンイレブンの「セブンカフェドーナツ」。今回は“ドーナツマニア”あまいけいきが7種のドーナツを食べ比べてレポートします。一体どう生まれ変わったのか、デザ…

スイーツ ビュッフェ カフェ まとめ

北海道といえば、“スイーツ王国”を掲げるほどおいしいお店がたくさん。ミルクやバターなどの原材料が新鮮なのが、おいしい理由のひとつです。今回はそんなスイーツ王国の中心である「札幌」で食べ…

BBC

ツイッターやインスタグラム、クックパッドやテレビなど、メディアで話...