ローディング中

Loading...

会員限定の「ROAST HORSE」(ローストホース)がついにオープンしました。「馬力屋ロッキー」の元店長が開店したというこちらのお店。場所は会員になった方のみ知ることができるんだそうです。最高の馬肉を扱う日本一の馬肉専門店の中身やいかに。

こんにちわ、narumiです。
ある日、こんなものが届きました。
開けてみると、ずっしりとした鉄みたいな素材でできたカード状のもの。いかにも重々しい質感ですが、これがマジで重くてちょっと財布には入れたくないレベル。でも入れておくしかない……。
なぜならこのお店の会員証だからーー。以前、こんな記事を書きました。みんな大好き渋谷のロッキー馬力屋の元店主・平山さんが独立して新たに会員制の馬肉屋をオープンするというのです。
特徴はクラウドファウンディングで店舗の設備費用を一部まかない、その支援者=会員として、クローズドに運営していくというところです。
日本一の石釜職人に馬肉用の釜を作ってもらう関係で、厨房とは別に300万円程度の費用が必要になったらしい。その部分をクラウドファウンディングでまかなって、ついでに会員限定にしてしまおうという珍しい試みが本プロジェクト。
オープン後1年間は店舗の場所、電話番号は、支援者のみに通知。一切広告を行わず、店舗情報も非公開にしていくという流れだそうです。
とても珍しい成り立ちの飲食店になりそうですが、なんといっても平山さんのお店ということで、ロッキー行ったことある人からは信頼厚く、即プロジェクトは達成されたのです。
◆◆◆◆
そしてその新店舗である「ROAST HORSE」(ローストホース)が某所でついにオープンしました。で、なにやらレセプション的なものにご招待いただいたので、菓子折り持ってお邪魔してきましたよ。
お店の場所は地下。看板はもちろん、入り口のドアもこんな感じで、まったく馬肉屋らしさがない。まるで「どこでもドア」のような深いピンク色の扉でした。
ドアを開けるとどーんと奥に広がる大きなテーブル。目の前にキッチン。壮観な光景です。
店内を歩いていると、もうキッチン丸見えです。グレーのTシャツが店長の平山さん。
店のオープンにあたって馬肉の試食のしすぎでかなりふっくらとしていますが、これまでけっこう波瀾万丈あったようです。そんなお話はこちら。
お店の入り口を振り返るとこんな感じ。どこでもドアっぽさが伝わりますでしょうか。
ビールをいただきました。ここから自慢の馬肉料理の数々が登場します。でも正式オープン前なので焼く練習とのことでしたw 実験台。
お通し的な? 白菜のロースト。白菜に塩とオリーブオイルだけなのにすごく柔らかくて甘い。さすがものすごい釜を備えているだけあります。
これは懐かしい……!馬力屋ロッキーで食べた馬の生肉盛り合わせ。去年の10月、初めていただいたときには衝撃でした。
一番左上にあるのが「おび」という部位。とても融点の低いところだそうで、ちょっと凍って出てくる。それをタレにちょっとつけて食べると……。
溶ける!旨味だけ残して消えてなくなる!
おび、やばい。口の中で溶けるスピード違反ですよ。
右上にあったウニが乗っかったいかにもけしからんやつが「しょうおび」。これはどう見てもけしからん。さっき「おび」にあんなに感動したばっかりなのに、同じくらいこれも美味い。
で、ハラミのお鮨。これも絶対うまいやつじゃないですか。どれ食べてもこれ以上に美味いものはないと思わせるレベル。
そして右下にあった四角い「カイノミ」。ねっとりとした舌触り、濃厚な肉の旨味がやばい。どれもすごい。
巨大なエリンギも出てきました。手前にあるお洒落メガネは比較用に置いたアドマンさんの。このエリンギ、水分量がすごくて、口に入れるとキノコ汁がじゅわっとペットボトル1本くらい出てきた。
こちらがローストホース用の取り皿と薬味。塩と西洋わさびがありますね。そして手前のお新香がとてもほっとする味だった。
でっかいアルミホイルの塊きた~!
なんか出てきた〜!
平山さんがさくさくっと切っていきます。
すっげえ美味い!
続いてできてたハラミもすげえ!
ジューシーなのに脂分は少なく、後味はあっさりとしているのが馬肉の素晴らしいところ。いくらでも食べられちゃう。
またきょだいなにくがあらわれた。
がんがん切り分けていく店長・平山さん。
こんな塊を切るのってすごい気持ちいいんだろうな……。
これがまた美味しくて美味しくて。。
この方は店舗のデザインを担当した松永さん。イケメンです。店内をこんな大きなテーブル1枚にしたのは理由があるそうで。
こんな感じでみんながワイワイ食べたり飲んだりできる空間にしたかったからだそうです。知らない人たち同士だけど、大きなテーブルで各自それぞれ食べまくってる光景って、とても美しいですよね。
特にこの「ローストホース」の場合、基本的にはクラウドファウンディングの支援者(プラスその同伴者)しか来ないので、そのうちみんな仲良くなっちゃったりするかもしれないですね。


でもそういうのちょっと苦手かも…っていう僕みたいな人のために個室もあります。会社の同僚と一緒にだったら、ここ予約したい。
正式オープンした後は、料理はコースのみ。オープンから1年間はどれだけ食べて飲んでもご飲食代金が1人6,500円とのこと(会員および同伴含む4名まで対応)。ドリンクは別料金ですが無料で持ち込み可だとか。詳細はよくわかってませんが、こちらを見ればいいのかな…。
「肉吸い」っていうスープもいただきました。とても優しいお味。年内はもう予約いっぱいだそうで、僕は年明けにでも行きたいと思います。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ハンバーグ まとめ

ご家庭でも作ることが多いおかずの一つハンバーグ、あなたは材料の玉ねぎを炒める?炒めない?玉ねぎを炒める場合と炒めない場合の長所や、玉ねぎあり・なしレシピまで詳しくお伝えします。いつものハンバーグをもっとおいし…

おにぎり 専門店 恵比寿

ここ数年、続々と増えているおむすび専門店。恵比寿にできた「omusubi ぜん」もそのひとつです。お釜で炊いたお米と厳選された具材、手作業で作られたおむすびは、まさにおむすびの常識を覆します!そんな「omus…

馬肉料理 ビアガーデン 飯田橋

「馬肉バル ジーワン 飯田橋店」にて、『馬肉ビアガーデン』が開催されます。ヘルシーで新鮮な馬肉を存分に堪能できます。5月末まで飲み放題コースが人数×1,000円引き!期間限定のお得な機会をお見逃し…

春巻き 中国 蒲田 東京 スープ 専門店

本場上海のわんたんがお取り寄せできるお店があるのをご存知でしょうか。それは蒲田にある人気わんたん店「上海わんたん 食彩厨房」です。 店名のとおり「わんたん」の専門店なんです。今回は絶品わんたんが食べられるお店…

ハンバーグ レシピ

今回は、「紅焼獅子頭」のレシピをご紹介します。中華風肉団子を煮込んだひと品。お肉の中に、甘じょっぱい調味料が染み込んでいて、噛めば噛むほど味わい深さが楽しめるひと品です。ジュワッと広がる煮汁のジューシーさがク…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ハンバーガー 新宿 まとめ

肉がなけりゃ人生じゃない!そんな肉好きに贈る今注目の”熟成肉”のハンバーガーが食べれるお店3選はこちら♡

渋谷 まとめ

近頃、子羊(ラム)のあばら肉のついた背肉を扱った料理“ラムチョップ”が人気を集めているという。あまりなじみのない料理だが、その味はラム肉の常識を覆すほど美味なのだ。あの独特のクセもなく…

根津 千駄木 カフェ まとめ

東京には数ある一軒家カフェがありますが、今回は下町情緒が色濃く残る谷中、根津、千駄木、いわゆる「谷根千」エリアの一軒家カフェをご紹介します。都会の喧噪を忘れて、コーヒー片手に静かな時に浸りたい……

恵比寿 デート カフェ おしゃれ まとめ

大人にも人気のエリア恵比寿。和食はもちろん、バルやビストロ、焼き鳥屋までおいしいお店が集う街。今回はそんな素敵な恵比寿で、オシャレでデートに使えるカフェとレストランをまとめました。女子会やデートにもぴったり。…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

たまご お弁当 アボカド

インスタグラムの新しいトレンド「#ほめたまごはん」をご存知ですか?黄身の色が鮮やかなたまご「ほめたま」を使った料理写真につけるタグなんです。おいしく美しい「ほめたまごはん」でほめられちゃうかも!? おすすめの…

台湾 食べ歩き

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」、おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

パン 北海道 横浜

北海道木古内町で話題になっているコッペパン専門店「コッペんどっと」を知っていますか?連日大盛況で行列ができるこちらのパン屋さんが横浜にオープン!北海道小麦を使って焼き上げた塩パンや、いろいろなラインナップのコ…

ランチ 九州

ご飯との相性ばっちりの明太子。これだけで何杯も食べられるという方もきっといらっしゃいますよね。白いご飯にピリッと辛い明太子は幸せな気持ちになります。そんな明太子が食べ放題のランチをご存じですか。この人気ランチ…

narumi

食べ物についてまとめるのが大好きです。 こちらもどうぞ。

http://narumi.blog.jp/