ローディング中

Loading...

どうしてもガッツリと肉を食いたい。昼間っから食いたい。そんな気分の日ってありますよね。そこでおすすめしたいお店を4つご紹介します。ひとりでも会社の同僚や友人とも楽しめる“お肉”ランチを堪能ください。

こんにちわ、narumiです。
どうしてもガッツリと肉を食いたい。昼間っから食いたい。そんな気分の日ってありますよね。ご飯も麺もいらない、ただ肉に食らいつきたいみたいな日。

そんなときに僕が行くお店は渋谷だとこの4つです。友だちから「仕事で渋谷きてるんだけど、ランチは何がおすすめかな?」って聞かれたときに回答するお店もこのあたりです。
■東京トンテキ
まずは1人でふらっと行きやすいところから。ヒカリエ横にある「東京トンテキ」のトンテキ定食はボリュームがすごい。ものすごい分厚い豚肩ロースなのに、とても柔らかく焼き上げてある。ナイフを刺してびっくりする。まるでコンフィのようなしっとりとした口触りだから、バカでかいのに一気に食べられちゃう。
ちょっと濃い目の味付けはご飯にぴったりだけど、少なめ推奨。付け合せのキャベツで対応しましょう。さっぱりします。あとお味噌汁が美味しいのもポイント高い。
トンテキ定食は1000円。肉食べたい欲を1人で満たすならまず行きやすいのはここ。

東京トンテキ - 渋谷/ステーキ [食べログ]
http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13038831/
■モジャ イン ザ ハウス
ここは東京トンテキよりも広いので1人でふらっと来れる度合いはさらに高い。おすすめは何と言っても「ワッフルチキン」。これしかない。焼きたてワッフルの上に揚げたてフライドチキンが載っかったクソヤバイ逸品。
ここにカナダ産のメイプルシロップをどばどばどばとかけていく。「おええええええ!」って気分になるんだけど、これがなぜか美味いから困る。パリパリに揚がったフライドチキンに上品な甘さのメイプルシロップがベストマッチ。塩気と甘味のコンビネーションでナイフとフォークが止まらない。
ワッフルとチキンは別で食べてもいいんだけど、一緒だとなお美味しい。ここにもメイプルシロップをさらにかけよう。ふわふわもっちりのワッフルに、カリカリだけどシロップでちょっとふやけたフライドチキンを乗せて一気に口に運ぶと脳がヤラれます。
ワッフルチキンのランチも1000円くらい。場所は宮益坂をのぼったところ。渋谷の青山寄りで予定があった人におすすめです。

モジャ イン ザ ハウス (MOJA in the HOUSE) - 渋谷/カフェ [食べログ]
http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13166764/
■焚火家(a.k.a. 肉のヒマラヤ)
ここからは1人じゃ行けません。登頂するにはパーティーを組むのをおすすめします。本当に登り切る意志があるのか、確認しあった仲間とともに登山口に向かいましょう。焚火家のランチといえば「肉のヒマラヤ」です。バカでかい塊肉をテーブルの炭火でごろごろと焼くと、気づいたら巨大な牛タタキの山脈が目の前に現れます。
これをさっぱりポン酢や、網でずっとぐつぐつ煮立てているバターニンニクだれでひたすら食う。黙って牛タタキを口に放り込む作業。めちゃくちゃ美味いんだわ。「うわー肉食ったなー、満足」って思っても、まだ下のような感じで三合目だったりします。
1人で登頂できる人もいるでしょうが、肉のヒマラヤはハーフサイズでも2人以上がいいんじゃないかと思います。普通サイズは4人必要かもしれない。場所は明治通りを数メートル入ったところ。

焚火家 渋谷店 - 渋谷/焼肉 [食べログ]
http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13130110/
■バルバッコア・グリル渋谷店
ここは有名なシュラスコのお店。1人で行ってもいいんだけど、やっぱり2人以上で行くのが楽しいかな。友だち少ない僕ですが1人シュラスコはまだやったことがありません。シュラスコとはブラジル語で「焼きたてのお肉が食べ放題!」という意味。脂たっぷりのものから上品な赤身肉までいろいろな種類が食べれます。

まずはサラダビュッフェで各自のお皿に野菜を盛り付ける。実はビュッフェにビーフシチューみたいなのもあったりして、その気にさえなれば全部お肉尽くしにできる。でも野菜のグリルも美味しいよ。
屈強なお兄さんがデカい串に刺さった肉を持って、テーブルの間をぐるぐると回ります。こんな感じで目の前でお皿に切り落としてくれる。このときに「もっとほしい!」って要求するのも全然アリ。好きな部位のお肉はどんどんもらっちゃいましょう。
肉がとにかく美味そうだし、実際にすごくうまい。この部位すごいよかった。誰しもシュラスコ行ったら、この部位を何度も食べるっていうこだわりを持っているものですが、僕は下の写真の部位ですね。名前は覚えてないんだけど、見た目で記憶しています。「あ!これだ」って。
こんなふうに焼かれたお肉がどんどんどんどんお皿に落とされていって、それを片っ端から食べていく。たまにピクルスなどを齧って口の中をリフレッシュされたら、また肉が切り落とされるのを待ち、来たらまた食べる。その繰り返し。
ランチは1人3000円。高い? でも充実したサラダビュッフェに、あのお肉たちって考えるとコスパは決して悪くないでしょう。四半期に1回くらいのペースで行ってます。ここに行くと「あー肉食った!」って気分になって、しばらくは野菜だけで生きていけるんじゃないかと錯覚します。でも次の日に東京トンテキ行っちゃったりしてね。

バルバッコア・グリル 渋谷店 - 渋谷/ブラジル料理 [食べログ]
http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13161792/
ディナー編は近々。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レストラン フランス料理 イタリア料理 まとめ

パートナーや友人との大切な食事の席、あなたはどんなお店を思い浮かべますか?そろそろレストランのコース料理をリストに追加してもいいお年頃。まだちょっと怖いと思っている初心者の人でもウェルカムの「レストランひらま…

スイーツ レシピ ケーキ まとめ

スイーツをおいしくしてくれるバニラの香り。あるとないとでは大分違いますよね。もしバニラエッセングが自宅にないときも、代用できるものがあることを知っていますか?いざ作り始めてバニラエッセンスがないことに気がつい…

まとめ

ワンプレートランチはおしゃれなだけでなく、後片付けも楽チンなので、ぱぱっと済ませたいときにぴったりなんです。今回は、ワンプレートランチにおすすめの食器や、おしゃれに盛り付けるコツをご紹介!おしゃ楽ランチで、素…

まとめ

あらゆる仕事をこなす主婦。その目線を基準に選び抜かれる商品は優秀品まちがいなし!主婦が大注目をしているトレンドグッズをたくさん知れば、忙しい家事も楽しい時間に早変わり。主婦の方はもちろん、未婚の方も大助かりの…

レシピ まとめ

万能ソースがあれば、アレンジがきいて「ごちそう」を演出できますよね。今回は、甘酢あんかけの基本の作り方から、活用レシピまで紹介します。お魚にも、お肉にも合い、たんぱくな素材にパンチを与えてくれるので、いつもの…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

江ノ島 食べ歩き まとめ

観光にデート。週末にはたくさんの人が訪れる「江ノ島」。江ノ島にはおいしいグルメがいっぱい!観光しながらブラブラと楽しみたい人にぴったりの「食べ歩きグルメ」を厳選しました。ぜひ参考にしてください!

たこ焼き 東京 居酒屋 まとめ

たこ焼きといえば大阪が有名ですが、東京でもおいしいたこ焼きを楽しめる居酒屋があります。自分で焼けるものから、プロが作るハイクオリティのものまで。紹介します。

シュークリーム スイーツ お土産 おしゃれ まとめ

シュークリームといえば丸い形が定番ですが、四角いシュークリームだってあるんです。見た目はなんともおしゃれ。手土産にもしても喜ばれること間違いなしです♪

東京 まとめ 韓国 韓国料理

やさしい甘みとすっきりとした飲みやすい味わいが特長の、 韓国伝統のお酒「マッコリ」。今回紹介するのは、そんな「マッコリ」が美味しく飲む事ができる東京都内の人気店を6つ紹介します!大久保はもちろん世田谷や三軒茶…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

お弁当 おしゃれ

薄型弁当箱フードマンは仕事を頑張る人たちに、ぜひおすすめしたい一品。「フードマン」は縦向きにしてバッグに収納できるのは大きな特徴になっています。2つの空きスペースにはおかずをたっぷり盛りつけられるのもポイント…

カフェ ランチ ワイン

落ち着いた居心地の店内と、こだわりのオーガニック料理や厳選ワインで、昼夜を問わず多くのお客さんが集う「麹町カフェ」。 普段使いの気軽なカフェとして、デートの夜を穏やかに過ごすカフェとして、日常のさまざまなシ…

narumi

食べ物についてまとめるのが大好きです。 こちらもどうぞ。

http://narumi.blog.jp/