ローディング中

Loading...

キリスト教の祖「イエス・キリスト」は、最後の晩餐の席において、ワインとパンを自分の血と肉に例えて弟子達に与えたとされています。神が与えたものだからいくら飲んでも大丈夫!とは言いませんが、歴史上のワイン好きは人生におけるワインの重要性を説いた名言を多く残しています。そこでワイン飲みにふさわしい人生をもっと豊かにするワインの名言を「7」つご紹介!

パンは肉 ワインは血

「食事をしているとき、イエスはパンを取り、祝福して後、これを裂き、弟子たちに与えて言われた。『取って食べなさい。これはわたしのからだです。』また杯を取り、感謝をささげて後、こう言って彼らにお与えになった。『みな、この杯から飲みなさい。これは、わたしの契約の血です。罪を赦すために多くの人のために流されるものです。」

出典: detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

キリスト教の祖「イエス・キリスト」は、最後の晩餐の席において、弟子達にこう語り、パンとワインを食したとされています。

そう。ワインは神の血であり、神の子である我々はそれを飲む事で主を感じる事が出来ます。世界中のワイン好きたちは

「だからワインをいくら飲んでも問題なし!」

と言ったとか言わないとか…

と言っても飲み過ぎはやはり大敵。ときにはとんでもないトラブルを招く事もあります。しかし、キリストはこうも言っています。「汝の敵を愛せ」と。

というわけで、ワイン飲みにふさわしい人生をもっと豊かにするワインの名言を紹介します!

1. ワインは人を楽にしてくれる。落ち着かせてくれる。緊張を和らげてくれる。そして寛大にしてくれる

1. ワインは人を楽にしてくれる。落ち着かせてくれる。緊張を和らげてくれる。そして寛大にしてくれる

ベンジャミン・フランクリン

現在アメリカの100$紙幣に印刷されているアメリカの政治家「ベンジャミン・フランクリン」の名言です。

ワインによって人生が豊かになるのなら、飲んだ方がいいに決まっていますよね。

2. シャンパンは勝利の時に飲む価値があり、敗北の時には飲む必要がある。

常に勝利が約束されていた、皇帝「ナポレオン」ならではの名言です。

勝利を祝う為のワインと、敗北を忘れるためのワイン、人生に置けるワインの役割の大切さがわかりますね。

3. グラスに半分ワインが残っているのを見て、 「もう半分しか残っていない」と嘆くのが悲観主義者。 「まだ半分も残っているじゃないか」と喜ぶのが楽観主義者である。

3. グラスに半分ワインが残っているのを見て、 「もう半分しか残っていない」と嘆くのが悲観主義者。 「まだ半分も残っているじゃないか」と喜ぶのが楽観主義者である。

ジョージ・バーナード・ショー

アイルランド出身の劇作家「バーナード・ショー」の名言です。

大好きなワインのボトルを見たときにどう思うかで、その人がどういう性格かがわかるというお話ですね。一事が万事です。

4. ワインの無い食事は、太陽の出ない一日と同じ

4. ワインの無い食事は、太陽の出ない一日と同じ

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ

ドイツの詩人であり法律家でもある「ゲーテ」の名言。

ワインが食事においてそれだけ無くてはならない存在なのだ、という例えですね。

5. 1本のワインボトルの中には、全ての書物にある以上の哲学が存在する

5. 1本のワインボトルの中には、全ての書物にある以上の哲学が存在する

ルイ・パスツール

フランスの生化学者、細菌学者であった「ルイ・パスツール」の名言。

制作者の想いと、存在した年月が味に出るワインには、飲んだ者がそれぞれ感じられる物語を持つものです。

6. 監督の仕事はワイン作りに似ている。そのとき手に入るブドウから、最高のワインを作り出さなくてはならない。

6. 監督の仕事はワイン作りに似ている。そのとき手に入るブドウから、最高のワインを作り出さなくてはならない。

ファビオ・カペッロ

現在サッカーロシア代表監督の「ファビオ・カペッロ」氏の名言です。

手に入った材料で最高のものを作る、無い物ねだりをしても意味は無い。人事を尽くして天命を待つってヤツですね。何においても共通することだと思います。

7. 恋人は一瓶のワインであり、女房はワインの瓶である。

7. 恋人は一瓶のワインであり、女房はワインの瓶である。

シャルル・ボードレール

フランスの詩人、評論家である「シャルル・ボードレール」。

恋愛をしている間は「恋」という名の美味しい酒を楽しむことが出来るが、結婚してしまえば、そこに残るのはワインを飲み干したあとの単なる「ボトル」だけだ。という名言。

奥さんを何の楽しみも与えてくれない場所を取るだけの「もの」のように例えたボードレール。ちなみに「結婚は人生の墓場である」という名言でも知られるボードレールですが、この訳は実は誤訳で、そもそもの意味は「墓場のある協会で実を清めてから結婚しなさい」だったんだとか。全然違いますね。

当時、性病である「梅毒」が蔓延していたフランスの国民に警鐘を鳴らすための言葉だったそうですよ。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

とうもろこし おつまみ 唐揚げ レシピ まとめ

夏が旬のとうもろこし。茹でたり焼いたりして食べるのが一般的ですが、唐揚げにするとビールが進む絶品おつまみに大変身します!そんなとうもろこしの唐揚げを実際に作って食べてみました!詳しい作り方やアレンジレシピもご…

カクテル まとめ

カンパリといえば、カンパリソーダやカンパリオレンジで知られるリキュールのこと。今回は、カンパリとは何か、またカンパリを使ったカクテルレシピを徹底的にご紹介します。赤いリキュール、カンパリの魅力に迫ります!

レシピ まとめ

クリスマスや誕生日パーティーに、かわいらしい「ロールケーキタワー」を作ってみませんか?今回は、基本の作り方から真似してみたいアイデアレシピまでご紹介!フォトジェニックなロールケーキタワーに、ぜひ挑戦してみてく…

レシピ 豚肉 鶏肉 まとめ

ラーメンのトッピングでおなじみのチャーシュー、甘辛のジューシーな味わいで人気です。今回は炊飯器を使った簡単豚バラチャーシューの作り方と圧力鍋・電子レンジ・醤油味・味噌味・ヘルシー鶏むね肉などバラエティ豊かな人…

うなぎ まとめ レシピ

食欲を奪う夏の救世主といえば、そう「うなぎ」です。でも高くて手が出ない……なんてお悩みの方は身近食材を使って、うなぎを代用しちゃいましょう♩今回は、なんちゃってうなぎのレシピをご紹介します。作り方もとっても簡…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 まとめ

昨今、海外でも日本酒人気が増えているのはご存知なことでしょう。ワインショップに行けば日本酒の取り扱いも増えており、スパークリングな日本酒やヨーグルトの酸味があるものも好評です。そんな外国の方が酒蔵に行く機会も…

まとめ

日本酒を飲む時に欠かせない「おちょこ」。最近では色々なデザインのものがありますが、今回は女子ウケ間違いなしの、ポップで可愛い「おちょこ」を5種類ピックアップしてみました♪動物モチーフやシンプルな物まで、プレゼ…

ニューヨーク レストラン カフェ スイーツ まとめ

ご旅行などでNYに行かれる予定のある方必見♡なんと、10ドル以下で食べられるお店がNYにはたくさんあるんです。美味しくてお財布に優しいお店を紹介していきます。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

さんま

「さんま」を漢字で書けますか?魚へんの漢字一文字では表さずに、「秋刀魚」と3文字で表記されるさんま。ほかの魚と、どのような点が違うのでしょうか。さんまの特徴から、さんまの漢字表記の歴史をご紹介します。

赤坂 ビアガーデン フレンチ テラス イタリアン バー

赤坂の中心「東京ガーデンテラス紀尾井町」にこの夏オープンした、ステーキハウスとルーフトップバー&ラウンジの「ノマドグリル・ラウンジ」。期間限定ビアガーデンも開催されるので、格別な雰囲気を味わってみてはいかがで…

tanukimaru

tanukimaruです。構成作家などやってます。美味しいものと犬...

ページTOPに戻る