ローディング中

Loading...

アイランド株式会社が運営する「レシピブログ」は、日本に旅行に来た外国人をおもてなしする際に食べさせたい家庭料理(和食)のアンケートを実施!みなさんはどんな和食が一位だと思いますか?

世界で高まる和食熱

2013年に「和食」が無形文化遺産に登録され、和食に対する注目度が世界的に高まっている今日。2013年、日本を訪れる外国人観光客がに初めて1,000万人を突破し、政府は2020年までに日本を訪れる外国人旅行者数の目標を2,000万人に設定。今後さらに増えていくことが予想されます。
そこで、アイランド株式会社が運営する「「レシピブログ」では、外国人旅行者をもてなす際に食べさせたい家庭料理(和食)についてのアンケートを実施!
食べさせたい家庭料理(和食)のアンケートの結果は…
1位「ちらし寿司」、2位「お味噌汁」、3位「魚の煮つけ」
とのランキングに。
1位のちらし寿司は、「ハレ」の日に作られる事が多く、見た目も華やかで「おもてなし料理」として代表的な料理のひとつです。

一方、2位以降についてはお味噌汁や煮つけ、お刺身など日本人が普段食べている、一般的な「家庭料理」がランクインしています。
以下、今回発表された1位〜11位までのランキングをご紹介します。海外在住の料理家お二人によるアンケートの分析もあわせてお届け!

【アンケート結果】「日本に旅行に来た外国人をおもてなしする際に食べさせたい家庭料理(和食)」

<1位 ちらし寿司 44%>
「お寿司はまさに日本の代表料理!彩りがよく見た目も華やかなので、ごちそう感(おもてなし感)があります。また花レンコン、錦糸卵のような細かい作業も日本的な繊細さがあり、もてなされた方も印象に残りそう。」(※コメント提供:在米料理家マイティさん)
「にぎり寿司が主流の海外では、あまり知られていないちらし寿司を、家庭でも簡単に作れるお寿司として紹介し、おもてなしをしたいのではないでしょうか。」
(※コメント提供:料理家勇気凛りんさん)
<2位 お味噌汁 40%>
「海外でもMISOで通じる日本の伝統的な調味料のお味噌。味噌汁は古き良き日本の伝統料理という印象があるので、ぜひ食べてもらいたいですよね。」
(※コメント提供:在米料理家マイティさん)
<3位 魚の煮つけ 38%>
「魚と言えばお刺身を思い浮かべる外国の方々に、時には尾頭付き姿のままの煮つけで、おもてなしをしたいのではないでしょうか。」
(※コメント提供:料理家勇気凛りんさん)
<4位 肉じゃが 34%>
「これぞおふくろの味!日本の給食や定食屋さんにはあるけど、海外の日本食レストランでは提供されていない気がします。家庭料理というとまず肉じゃがを思い浮かべた方が多かったのではないでしょうか。」
(※コメント提供:在米料理家マイティさん)
<5位 お刺身 34%>
「和食の定番であるお寿司のネタであるお刺身。盛り付け次第では芸術的に見せることもできるので、目でも堪能してもらいたいと思ったのではないでしょうか。」
(※コメント提供:料理家勇気凛りんさん)
<6位 きんぴら 33%>
「海外でも照り焼きのような甘辛い味付けの料理は受け入れられています。野菜だけの料理という面でも日本の精進料理を連想します。海外には牛蒡を知らない人もいるので、今食べたのはこれよ。と言って牛蒡を見せたら、ただの棒か木の枝のように思うかもしれないので、そういうのも含めて面白いかも知れません。」
(※コメント提供:在米料理家マイティさん)
<7位 ぬかづけ 28%>
「古くから和の食卓に欠かせない副菜の一つ!伝統食として紹介したいということからランクインしたのではないでしょうか。」
(※コメント提供:料理家勇気凛りんさん)
<8位 お好み焼き 24%>
「粉に刻んだキャベツを混ぜる発想は海外では珍しいですし、鉄板やホットプレートで作る工程も楽しめます。日本のソースやマヨネーズは海外でも美味しい調味料として人気なので選ばれたのではないかと思います。」
(※コメント提供:在米料理家マイティさん)
<9位 唐揚げ 19%>
「一般的にお肉好きな印象を受ける外国の方に喜んでもらえるものとして、すぐに浮かびますね」
(※コメント提供:料理家勇気凛りんさん)
<10位 親子丼 12%>
「海外では生卵や半熟卵をほとんど食べないので、トロトロの半熟卵がのった親子丼はぜひ食べてもらいたいですよね。半熟卵のトロトロ感は一度食べるとやみつきになりそうですよね。(日本では低温殺菌が当たり前ですが、海外では鮮度、殺菌の問題で生卵は危険とされている国も多い。)また鶏と鶏卵を使うから親子丼と呼ぶなんてウンチクも教えたい。」
(※コメント提供:在米料理家マイティさん)
<11位 カレー 7%>
「これぞ日本の国民食!カレーってインド料理のような気がしますが、インドと日本のカレーは別物ですよね。日本のカレーを食べたインド人が、あまりの美味しさに驚いた!なんて話を聞いたことがあります(笑)ぜひ驚いてもらいたいですよね。」
(※コメント提供:在米料理家マイティさん)
いかがでしたか?こうして見てみると、やはり昔ながらの定番のおふくろの味が数多くランクインしています。他方、コロッケや天ぷらなどの揚げ物がランクインしていないのは少々意外でした。

また、“和食”というくくりでありながら11位にカレーがランクインしているのは、すでに国民食として日本の家庭料理の一部として捉えられているという表れといえますね。
今後は外国人がもてなされて嬉しい日本料理も聞いてみたいところです!
■ コメントを寄せた料理家について
・勇気凛りん(岸田 夕子)さん
1995年~2010年アメリカ合衆国シカゴに在住。2006年2月より料理レシピ投稿サイトでオリジナルレシピを公開開始し、2008年より始めたブログ「勇気凛りん料理とお菓子rinrepi」が人気に。ラジオ、テレビなどメディア登場多数。
「勇気凛りん料理とお菓子 rinrepi」: http://ameblo.jp/rinrepi/
・マイティさん
2012年~現在 アメリカ合衆国テキサス州在住。二児のママとして愛する家族のために、おいしくて簡単な節約レシピを日夜、研究中。節約料理を紹介したブログが大人気!
「1ヶ月2万円の節約レシピ」: http://blog.goo.ne.jp/dancing-geisha

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

沖縄 お土産 お菓子 まとめ

2017年の沖縄お土産ランキングを発表します。注目の国際通りのお店を中心に、雑貨からお菓子、食べ物、小物まで、おすすめのアイテムを一挙にまとめてご紹介いたします。あんな品、こんな品など、魅力的なお土産品で、あ…

大根 和食 まとめ

昆布だしで優しく煮込んだ大根に、味噌だれをかけて楽しむ「ふろふき大根」。今回は、しっかり下処理で本格的な味に仕上がる基本のレシピや、圧力鍋やレンジで作れる人気の簡単アレンジなど、ふろふき大根レシピをたっぷりと…

銀座 ランチ 和食 イタリアン 寿司 まとめ

大人の街の代表格である銀座には、土曜日もランチを楽しめるおすすめのお店がたくさん!人気の和食店をはじめとして個室のあるお店、安いランチメニューが見つけられるお店まで、素敵なお店20選をシーン別でご紹介しますよ…

天ぷら 和食

天ぷらは時間が経つとしんなりしてしまって、微妙な食感に。揚げ方をひと工夫すれば、揚げたてがサクサクになるのはもちろん、食感をキープできることをご存じですか?今回は、素材別の最適な揚げ方、コツをご紹介します!

焼きそば レシピ 和食 まとめ

焼きそばの日の献立、どうしていますか?焼きそばだけでは、見た目にも寂しいですよね。焼きそばに合うおかずをサラダ、副菜、スープ、ご飯など、全20種類をレシピ付きでご紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

毎日食べるお米ですから、なるべく美味しい炊き方で食べたいですよね。とは言えあまり手のかかる方法だと、日々おこなうには現実的ではありません。今回は簡単にできて、しかもぐっと炊きあがりが変わる方法をご紹介。今夜か…

まとめ

知っておくと役に立つ料理の裏技、キッチンライフハックの第2弾のご紹介です。便利に楽しくする方法が盛りだくさんで手間もかからないし、知っておいて損はありません!実践してみましょう!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

「お酒とスポーツドリンクを合わせて飲むと酔いが回って危険だ」というのは、大人の常識。でも「お酒とスポーツドリンクの組み合わせは身体にいい」なんて真逆の意見を聞くことも。なぜ危険だと言われるのでしょうか?そして…

あなたのまわりにもきっといる、なぜかモテる女性。フェロモンの出し方次第で、あなたの人生がより華やかに、鮮やかに色付くかもしれません。あなたが密かに思いを寄せるあの人も心を奪われるであろうフェロモンは、毎日の食…

あれすーぱ

「人はパンのみに生くるものに非ず、されどまたパンなくして人は生くる...

ページTOPに戻る