ローディング中

Loading...

ピリッとスパイシーな生姜を砂糖で煮詰めて甘くした「ジンジャーシロップ」。今回は、ジンジャーシロップの基本レシピや、アレンジを加えた作り方、さらに割るものを変えて楽しむ人気の飲み方もご紹介!季節問わず楽しめるので、ぜひ作ってみてくださいね♩

自家製ジンジャーシロップのすすめ

「ジンジャーシロップ」は、寒い季節にはお湯割り、夏は炭酸水で割ったり、さらに料理やお菓子作りにも使えてとっても便利!

市販でも購入できますが、手作りなら甘さやスパイスの配合を変えて、好みの味付けにできるのが魅力です。生姜が苦手な方でも、ジンジャーシロップならジュースのような感覚で楽しむことができますよ。

今回は、たった2つの材料で作れる基本のレシピや、スパイスを加えたアレンジ、さらに使った生姜の活用法など、ジンジャーシロップの魅力を総まとめでご紹介します。

作り方簡単!ジンジャーシロップのレシピ

基本となるジンジャーシロップ

Photo by donguri

基本のレシピは、生姜と砂糖を煮詰めるだけなのでとっても簡単!寒い日はお湯割りでポカポカに、暑い日は炭酸水で割ればサッパリといただけます。スパイスを加えて作る本格的なアレンジもありますが、初心者は砂糖を黒糖やきび砂糖に変えて、プチアレンジを楽しむのがおすすめです。

材料(約10杯分)

ジンジャーシロップの材料

Photo by donguri

・生姜  300g
・砂糖  300g

作り方

1. 耐熱用の瓶を煮沸消毒する。常温の水に瓶を入れたら、強火で沸騰するまで火にかけ、そのまま5分放置する。
瓶を煮沸消毒している様子

Photo by donguri

2. トングや菜箸で瓶を取り出し、清潔な布の上で乾かす。
瓶を乾かしている様子

Photo by donguri

3. 生姜は皮をむき、1mmほどの厚さで薄切りにする。スライサーがある場合は、使用すると楽です。
スライスされた生姜

Photo by donguri

4. 鍋に3と砂糖を入れ、全体をよく混ぜる。そのまま30分放置して、水分を出す。
生姜に砂糖を和えた様子

Photo by donguri

5. 生姜から水分が出たら、アクをとりながら中火で30分煮る。
生姜を煮ている様子

Photo by donguri

6. 粗熱が取れたら煮沸消毒した瓶に入れてできあがり!
完成したジンジャーシロップ

Photo by donguri

ジンジャーシロップを作るポイント

甘くする方法

基本のレシピでは普通のお砂糖を使用しましたが、はちみつや黒糖を使うと、甘みをアップさせることができます。

はちみつを使う場合は砂糖より痛みやすくなるので、2~3日で飲みきれる量を作るのがポイント。黒糖を使うと琥珀色ではなく、真っ黒のシロップができあがります。

辛口にする方法

辛口のジンジャーシロップを作りたい場合は、お鍋で煮詰めるときに鷹の爪を加えましょう。生姜300gに対し唐辛子3本が目安ですが、お好みによって量は調整してください。さらに、粒のブラックペッパーを加えると、舌の上でしびれる辛さが味わえます。

スパイスを使っても◎

ジンジャーシロップは、さまざまなスパイスを組み合わせてアレンジを楽しむことができます。

代表的なのは、シナモン、クローブ、カルダモンなど。ほかにも八角やローリエ、先ほどご紹介した唐辛子やブラックペッパーなど、いろいろなアレンジがあるので、好きなものを組み合わせて楽しんでみてくださいね。

新生姜でも作れる!

6~8月の旬の季節は、新生姜を使うとほんのり赤みのあるジンジャーシロップが作れます。通常、生姜は薬味として使われることが多い食材ですが、新生姜はみずみずしく、そのまま食べられるという特徴があります。

辛味も少なく甘みがあるので、生姜が苦手な方は新生姜から試してみるのがおすすめですよ。

ジンジャーシロップの飲み方

お湯で割る

寒いときや風邪気味のときなど、体の芯からポカポカと温めてくれるお湯割りの飲み方。200ccのお湯に対し、ジンジャーシロップを40~50ccほど加えてよく混ぜて飲みます。水:シロップは5:1が目安ですが、濃い目薄めはお好みで調整してくださいね。

目覚めの一杯や、ティータイムなど、ゆったりとリラックスしたいときにおすすめです。

炭酸水で割る

ジンジャーシロップを炭酸水で割れば、子どもから大人まで楽しめるジンジャーエールのできあがり!市販のジンジャーエールだと甘すぎると感じる方も、手作りのシロップなら好みの量で調整できますよ。

パーティーやおもてなしのとき、手作りジンジャーエールを出せば、喜ばれること間違いなし♩スライスレモンを浮かべると、カフェのようにおしゃれな雰囲気が演出できますよ。

お酒で割る

ジンジャーシロップをお酒で割る、大人な楽しみ方も。350mlのビールに大さじ2杯ほどシロップを入れれば、シャンディーガフに大変身!

ほかにも、ウイスキー&炭酸水で割ってハイボール風にしたり、寒い日はホットの赤ワインと割るアレンジもおすすめですよ。日本酒や焼酎などどんなお酒とも合うので、好きな組み合わせを探してみてくださいね。

ジンジャーシロップの人気ドリンクレシピ7選

1. オレンジジュース&炭酸割り

ジンジャーシロップ、オレンジジュース、そして炭酸を使った、サッパリと爽やかなドリンク。透明のグラスにジンジャーシロップを入れたら、氷を加え、コップの淵からそっとオレンジジュースを注ぎます。

最後にそっと炭酸を入れると、美しいグラデーションのできあがり!カクテルのよう見た目で、おもてなしドリンクにもピッタリです。

2. フルーツ入りジンジャーエール

自家製ジンジャーエールに、パイナップルやブルーベリーを入れて、フルーツポンチ風にアレンジ。

デザートとドリンクが同時に味わえますし、フルーツの酸味がジンジャーエールをおいしく引き立ててくれますよ。入れるフルーツはお好みのものでOKですが、イチゴやグレープフルーツなど、酸っぱめのものがおすすめです。

3. ノンアルコールのジンジャーモヒート

ジンジャーシロップを炭酸水で割ったあと、ミントの葉を散りばめれば、ノンアルコールのモヒート風に。この中にウィスキーやジンを入れれば、カクテルとして楽しむこともできます。

生姜のピリッとした辛味と、ミントのスッと抜ける後味が相性抜群!夏のドリンクに、ぜひ作ってみてくださいね。

4. エスプレッソジンジャー

大さじ2杯のジンジャーシロップにエスプレッソショットを混ぜ、スチームミルクをのせた、とってもおしゃれなアレンジ。

エスプレッソが作れない場合は、濃い目に入れたドリップコーヒーやインスタントコーヒーでも応用できます。エスプレッソにこだわらず、ホットコーヒーやカフェラテにシロップを混ぜてもおいしいですよ。

5. ホット柚子ジンジャー

ジンジャーシロップに絞った柚子果汁を混ぜ、熱湯を注げばできあがり。柚子は11~12月が旬なので、寒い時期体を温めるホットドリンクにピッタリです。柚子が手に入らないときは、グレープフルーツやオレンジで代用してもOK!ノンカフェインなので、就寝前の一杯にいかがですか?

6. ホットジンジャーミルク

健康やダイエットのためにジンジャードリンクを飲みたいけど、ピリッとした味が苦手……という方は、ミルクで割る方法がおすすめです。

牛乳とあわせると、とってもマイルドな味になるので、生姜の臭みや辛味はほとんど感じません。マッシュバナナを混ぜて、バナナミルクジンジャーにすると、よりマイルドになりますよ。

7. 甘酒ジンジャー

飲む点滴といわれるほど体に良いとされる甘酒に、ジンジャーシロップを足したアレンジです。健康のために甘酒を飲んでいる方も、ジンジャーシロップを混ぜればいつもと違った味を楽しむことができますよ。甘さたっぷりなので、デザート感覚で飲むことができます。

ジンジャーシロップの保存方法

手作りしたジンジャーシロップは、煮沸消毒した瓶に入れて冷蔵庫で保存しましょう。2〜3日程度保存できますが、レモンを加えると日持ちが良くなります。

保存料を使わない分自家製シロップは傷みやすいので、作ったあとはなるべく早く消費するようにしましょう。

冷凍もできる

ジンジャーシロップは密閉袋に入れて冷凍すると、1週間程度保存することができます。たくさん作って長く楽しみたい方は、すぐに使う分を冷蔵、残りは冷凍と、2つの保存方法を上手に使い分けると良いですよ。使用するときは、冷蔵庫に移して自然解凍しましょう。

ジンジャーシロップに使った生姜の活用レシピ3選

1. 生姜の佃煮

生姜の佃煮を作る場合は、基本のレシピで紹介した生姜シロップと違う方法で作ります。砂糖と生姜は最初に合わせず、生姜が柔らかくなるまでじっくりと煮ます。そのあと生姜と茹で汁を別々に分け、茹で汁はシロップに、生姜は醤油やみりんで煮込んで佃煮にするのがポイント。一度砂糖とあわせてしまうとこのレシピでは作れないので、注意が必要です。

2. 生姜の甘酢漬け(ガリ)

おすしのお供に欠かせない、ガリが作れるレシピです。ジンジャーシロップを作ったら生姜だけを取り出し、酢と一緒に鍋に入れます。サッとひと煮立ちしたあと、粗熱が取れるまで冷ませば、あっという間にできあがり!

なかなかガリを作る機会はありませんが、ジンジャーシロップのあとなら簡単に作れます。お漬物感覚で楽しめますよ。

3. 生姜糖

生姜糖(しょうがとう)は、生姜と砂糖で作るお菓子です。生姜の絞り汁を固める作り方と、生姜自体を砂糖漬けにする2つの方法がありますが、シロップのあとの活用法は、後者を取り入れましょう。

半日天日干しにした生姜にグラニュー糖をまぶすだけなので、とっても簡単に作ることができますよ。甘いドライフルーツのような味わいです。

使い道いろいろのジンジャーシロップに挑戦!

ジンジャーシロップの作り方や飲み方など、幅広くご紹介しました。
まずはスタンダードな味を楽しみ、そのあとは砂糖の種類を変えてみたり、スパイスを加えたりして、自分好みの味を見つけてみるのがおすすめです。

ドリンクとして飲む以外にも、ヨーグルトにかけたり、手作りクッキーに混ぜたり、生姜焼きや煮物の隠し味にも使える万能なアイテム。作り方、そして作ったあとの使い方も、たくさんの方法を試してみてくださいね。
▼生姜を使った、こちらのレシピはいかがですか?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ペペロンチーノ レシピ

ペペロンチーノはシンプルな味付けで、にんにくの風味がおいしいパスタですよね。日本ではこのパスタを”ペペロンチーノ”として親しまれていますが、実は正式名称ではないのです!ペペロンチーノの意味や美味しくするコツな…

レモン レモネード レシピ

海外で人気のグリルドレモネード、ご存知ですか?BBQやホームパーティーなどで作られるドリンクで、レモンと砂糖さえあれば簡単に作れます。そんなグリルドレモネードをお家でも作ってみることに♩詳しい作り方やアレンジ…

レシピ スイーツ

セブンスイーツ「抹茶練乳」と「わらび餅&白玉ぜんざい」のかけ合わせレシピがTwitterで話題になっています。専門店さながらのパフェと噂を聞きつけ、さっそく作ってみました♩発案者であるディスク百合おんさんの他…

タコライス レシピ まとめ

沖縄の人気料理「タコライス」を、お家で作ってみませんか?ピリッとスパイシーなひき肉、さっぱりトマト、シャキシャキレタスの組み合わせが絶品!今回は、基本の作り方や人気のアレンジレシピ、簡単に作れる裏技をご紹介し…

レシピ スープ まとめ

みなさんは普段から、お吸い物を作りますか?塩分と水分が失われがちな夏にこそ食べたいお吸い物。作り方の基本をおさえれば、具を変えて作ったりパスタなどにもアレンジができます。おいしいお吸い物で、心と体の疲れを癒し…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

就寝前にお腹が減って眠れない!という時は度々あると思います。ですが、カロリーのことなどが気になって食べることをためらわれてしまうことってないですか?この記事ではそんな時に「心苦しくならない」身体に優しいお夜食…

レシピ ごぼう クッキー カップケーキ ココア スイーツ まとめ

食卓の脇役として大活躍のごぼうが、なんと主役に!美味しく頂きながら、食物繊維も摂取できるおやつなんて素敵です♡刻んで食感を楽しんだり、すりおろして風味を堪能したり、様々なタイプのレシピを紹介しておりますので、…

レシピ まとめ アレンジレシピ

ちりめんじゃことは一般的にイワシ類の稚魚を食塩水で煮て天日干しをしたもの。魚そのものは「シラス」と呼ばれることが多いようですよ。ごはんにそのままかけてももちろんおいしいのですが、今回はちりめんじゃこを使ったレ…

夏野菜 レシピ 沖縄料理 サラダ まとめ

苦みがおいしい夏野菜ゴーヤ、栄養も満点で夏バテ予防にも積極的にとりたいゴーヤ、でもいざ食べるとなるとゴーヤチャンプルーくらいしか知らなかったりしませんか?そこでおすすめのおいしいゴーヤレシピをまとめてみました!

ヴィーガン レシピ おつまみ まとめ

動物性の食材を使用しない、ベジタリアン仕様のお酒のおつまみレシピをご紹介!ベジタリアンでなくても、野菜がたっぷり食べられてヘルシーなら、食べない手はないですよね!?おいしく食べて、楽しく飲んでヘルシーなんてう…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

豆腐 レシピ

ちくわ屋さんが作る「とうふわらび餅」というものがテレビやラジオでも紹介されて話題なっているようです。滑らかなのどごし、ほのかな甘みが味わえるの新食感豆腐デザート!今すぐ食べてみたいという方のために、レシピも紹…

渋谷 アボカド 専門店

原宿・渋谷・下北沢にあるアボカド専門店「マドッシュカフェ」は、メディアに取り上げられるほどの人気店。アボカド料理はもちろん、アボカドドリンクやデザートも。ランチのお得なセットもあるため、アボカド好きな方は要チ…

donguri

海外のカラフルな色使いが大好きです! ラッピングや料理も、海外のア...

ページTOPに戻る