ローディング中

Loading...

生後7~8ヶ月の赤ちゃんから大人まで楽しめる、優しい味わいの「たまごボーロ」。今回は、基本のレシピや気になるカロリー、人気のアレンジをご紹介します!材料3つでとっても簡単なので、おやつにぜひ作ってみてくださいね。

おいしいたまごボーロを作ってみよう!

たまごボーロの「ボーロ」は、ポルトガル語でケーキを主としたお菓子を意味します。見た目はクッキーに似ていますが、口に入れた瞬間ホロっと溶けるのが特徴。歯を使わずに食べられるので、赤ちゃん用のおやつとしても親しまれています。

子どもから大人まで幅広く楽しめるので、野菜パウダーを混ぜて味や色を変えたり、卵や牛乳を使わずにアレルギー対応にしたものなど、さまざまなレシピがあるのも魅力です。

たまごボーロのカロリー

たまごボーロのカロリーは、100gで約360kcal(一粒あたり約9kcal)ほど。普通のクッキーが100gで約430kcalほどなので、比べるとかなりローカロリーなお菓子と言えます。ダイエット中に食べる場合は、砂糖不使用のレシピを取り入れると良いですよ。

今回は、そんなたまごボーロの基本のレシピや、人気のアレンジ、子どもが喜ぶキャラボーロなど、魅力たっぷりでお届けします!

材料3つで簡単!たまごボーロの基本レシピ

基本となるたまごボーロ

Photo by donguri

卵黄、片栗粉、砂糖という3つの材料で作れる、簡単たまごボーロのレシピです。甘いのが好きな方は、砂糖を10gほどプラスして作ってもOK!冷蔵庫にある材料だけで手軽に作れるので、おやつやデザートにぜひ取り入れてみてくださいね。

材料(約50個分)

たまごボーロの材料

Photo by donguri

・卵黄  1個
・片栗粉 80g
・砂糖  20g

作り方

1. オーブンを180度に余熱し、卵と砂糖をボウルに入れる。
ボウルに入った卵黄と砂糖

Photo by donguri

2.泡立て器でペースト状になるまでよく混ぜる。
卵黄と砂糖を混ぜ合わせている様子

Photo by donguri

3.1に片栗粉を加える。
ボウルに片栗粉を加えた様子

Photo by donguri

4. ヘラを使って、生地がまとまるまで練るように混ぜる。
まとまった生地

Photo by donguri

5. 1cmほどの大きさになるようにちぎって丸め、クッキングシートの上にのせる。
生地を小さくまるめた様子

Photo by donguri

6.4を180度のオーブンで10分焼く。
生地を焼いている様子

Photo by donguri

7. 粗熱が取れるまで冷ませばできあがり!
完成したたまごボーロ

Photo by donguri

作るときのポイント

たまごの大きさによって生地の固さに違いが出るので、3の工程で、生地が緩い場合は片栗粉、固ければ牛乳、または水を少量加えて、耳たぶほどの固さになるように調整してください。

たまごボーロのアレンジレシピ10選

1. 手間いらず!全卵たまごボーロ

卵黄ではなく、全卵で作れるたまごボーロのレシピです。卵白も無駄にせず活用できますし、卵黄だけに分ける必要がないので手間もカットできちゃう優れもの!全卵を使う場合は生地が緩くなるので、その分片栗粉を多くして作るのがポイントです。

2. フライパンでカリカリたまごボーロ

オーブンを使う焼き菓子は、余熱で温めたりするのが少し大変ですよね。こちらのたまごボーロは、フライパンでこんがりと焼くだけ!焦げやすいので、クッキングペーパーを敷いてから極弱火でじっくりと焼いていきましょう。

表を7分ほど、裏返して5分ほどでできあがりますが、味見をしながら好みの固さになるように焼き時間を調整してみてくださいね。

3. 砂糖なし!ハチミツとおからのたまごボーロ

砂糖の代わりにはちみつで甘さをだし、片栗粉を減らした分おからパウダーをプラスしました。さらに卵も使わず、ココナッツオイルを使うのがポイント!健康的な食材を使用しているので、ヘルシーなたまごボーロを作りたい方におすすめのレシピです。

4. レンジでふんわりたまごボーロ

オーブンを使わずに、なんと電子レンジで温めるだけで作れる超簡単たまごボーロ。たまごボーロのホロっと溶ける食感を出すために、コーンスターチとベーキングパウダーを使用するのがポイントです。

材料さえあれば10分ほどで作れるので、今すぐおやつが食べたい!というときにも、パパッと挑戦することができますよ♩

5. 優しい甘さのかぼちゃボーロ

砂糖も卵も使わずに、かぼちゃの甘さを存分に生かしたボーロです。サクサクというよりはしっとりとした食感のボーロで、赤ちゃんでも食べやすい食感が魅力的。かぼちゃと片栗粉のみで作るので、卵や乳製品のアレルギーがある場合も安心して食べられます。

6. パステルカラーの3色たまごボーロ

ひなまつりやイースターなど、イベント用に作りたいカラフルなたまごボーロ。食紅ではなく紫いもパウダーと抹茶パウダーで色づけするので、体にも優しいレシピです。レシピで紹介したもの以外にも、イチゴやココアなど、いろいろなパウダーを使って色や味を変えても楽しいですよ。

7. トースターでお手軽たまごボーロ

たまごボーロを作りたいけどお家にオーブンがないという方は、トースターでサックリと焼くこちらのレシピがおすすめです。

基本のレシピと同じように生地を作ったら、アルミホイルを敷いて1200Wで7分焼いて出来上がり!表面が焦げそうな場合は、上からさらにアルミホイルをかぶせて焼くと良いですよ。

8. コーヒー入り大人のたまごボーロ

たまごボーロといえば子どもようのお菓子のイメージが強いですが、こちらはコーヒーを加えて大人向けの味に仕上げています。生地の中にインスタントコーヒー用の粉を混ぜるだけなので、とっても簡単にアレンジ可能!お茶菓子として、おもてなし用に作っても良いですね。

9. チョココーティングのたまごボーロ

ココアパウダー入りで作ったたまごボーロに、ホワイトチョコをコーティングしたおしゃれなアレンジレシピ。ほんのひと手間を加えるだけで、身近なお菓子がちょっと手の込んだスイーツ風にワンランクアップできちゃいます。

子どもと一緒に、バレンタイン用に作るのもおすすめですよ。

10. 持ち歩きも◎ スティックたまごボーロ

たまごボーロを作るとき、コロコロとちぎって丸める作業が意外と大変……。こちらはスティック状の形なので、通常より手間いらずで作れるのが魅力です。さらに小さなたまごボーロは手からポロっと落としやすいですが、こちらはつかみやすいというメリットも!お出かけやパーティー用にいかがでしょうか。

かわいさMAX!デコたまごボーロのレシピ5選

1. 子どもが喜ぶアンパンマンボーロ

子どもが喜ぶこと間違いなしの、アンパンマンたまごボーロ。ほっぺたの部分は食紅、目はココアパウダーを水に溶いてペイントしました。爪楊枝とめんぼうでスタンプのようにおすだけなので、絵に自信がない方でも上手に作ることができますよ。

2. 簡単!ベイマックスボーロ

ココアパウダーだけで簡単に作るなら、ディズニーキャラクターベイマックスのイラストがおすすめ!少し離して目を書いたあと、点と点をつなげるだけであっという間にできあがりです♩アルファベットやハートなど、ほかのイラストと組み合わせても良いですね。

3. ゆるカワイイなめこボーロ

ゆるっと脱力系のキャラクターが好きな方は、なめこボーロなんていかがですか?生地の形が小さいとイラストが描き辛いので、少し平たく大き目に作っておくのがポイントです。ひとつひとつの表情が微妙に違うのも、手作りならではのかわいらしさですね。

4. ニッコリスマイルのたまごボーロ

生地を焼く前に、爪楊枝とスプーンでくぼみをつけて、スマイルを作りました。トッピングにチョコペンで髪の毛をつけていますが、スマイルの顔だけでもとってもキュートな仕上がりになりますよ!アイスやケーキのデコレーション用にもおすすめです。

5. ハロウィンに♩かぼちゃとおばけのたまごボーロ

ハロウィンにピッタリな、かぼちゃとおばけのたまごボーロです。かぼちゃのほうは、もちろん生地もかぼちゃ入りで、おばけはスタンダードなたまごボーロをアーモンド形にして焼くのがポイント!パーティーやプレゼントにピッタリですね。

赤ちゃんにはいつからあげてもいい?

たまごボーロは、一般的に生後7〜8ヶ月の赤ちゃんから食べられるといわれています。だからといって生後7ヶ月を過ぎたらすぐに与えるのではなく、赤ちゃんによって成長に差があるので、離乳食が液状のものから固形物が混ざるものへと変わる時期を目安にしましょう。

さらに、口の中でちゃんと溶けているか確認しながらあげるのもポイント。手作りの場合は固さにも差がでるので、必ず味見をしてから食べさせてあげてくださいね。

あげすぎには注意!

赤ちゃんにとっては味が濃すぎる場合があるため、あげすぎには注意が必要です。ひと粒ふた粒ほどを、ゆっくりあげる程度でOK。 カロリーの摂りすぎを防ぐために、赤ちゃんにはおやつではなく食事の補食として食べさせてあげましょう。

手作りたまごボーロを堪能しよう♩

たまごボーロのいろいろなレシピをご紹介しましたが、いかがでしたか?

赤ちゃんや子どものおやつとしてのイメージが強いですが、使用する材料によっては大人も楽しめますし、パーティーにも使える豪華なアレンジもできちゃいます。さらにデコたまごボーロは、そのまま食べるのはもちろん、ケーキやアイスのトッピングにもぴったり!

いろいろな形で手作りたまごボーロを楽しんでみてくださいね。
▼ほかにも、卵黄を使うレシピはたくさん!
▼余った卵白はどう活用する?
▼たまごボーロ専門店もチェック♩

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

アイスクリーム スイーツ まとめ

8月に入り夏本番を迎えています。そろそろ夏が終わるとは言え、まだまだ暑い日は続いていますね。そんな日はひんやり冷たいアイスが食べたくなります。今回は、2017年8月、コンビニに登場した注目の新発売アイスをご紹…

まとめ

仕事・家事・育児に忙しい女性にとって、パパッと作れる時短レシピは強い味方。今回は、人気の時短レシピ25選をご紹介します。夕食のメイン料理・あと一品の副菜・ランチ・お弁当・ティータイムのお菓子まで、どれも10分…

ヨーグルト まとめ

カレーと一緒に出されることの多い「ラッシー」。お店で飲むイメージが強いかと思いますが、実はお家でも簡単に作れるんですよ♩今回は、プレーンラッシーとマンゴーラッシーの作り方に加え、人気のアレンジレシピ10選もご…

レシピ サラダ おから まとめ

食物繊維が豊富、かつ低カロリーで人気の食材「おから」。マヨネーズで和えるとポテトサラダのようで食べやすくなりますよ。今回は、おからを使ったサラダの厳選レシピや保存方法をまとめてご紹介。おからをおいしく食べて、…

上野 カフェ おしゃれ まとめ

広々とした公園、美術館や博物館に囲まれた街、上野。上野は、アートだけでなく、おしゃれなカフェも堪能できる場所です。今回は、上野駅周辺のおすすめカフェを18店舗ピックアップしてご紹介。いずれも魅力的なお店ばかり…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

花見 お弁当 まとめ レシピ

春はお花見の季節ですが、欠かせないのが食事です。みんなでお花見をするときお弁当や料理を持ち寄るという人も多いんじゃないでしょうか?そこで、お花見のときフタを開けた途端テンションが上がるようなかわいいお弁当アイ…

スイーツ レシピ チョコレート クッキー アレンジレシピ まとめ

マーブルチョコって色とりどりで少量でもとってもインパクトのあるチョコレートですよね♫シンプルなお菓子も派手にしちゃいませんか?今回はマーブルチョコを使ったアイデアレシピを5つご紹介します☆是非プレゼントなんか…

スムージー まとめ

ダイエット中は油断すると1日に必要な栄養素が不足してしまいがちです。かといって朝から何品もの食事を用意するのも大変です。そんなダイエット中におすすめなのがスムージー。一杯のグラスの中に栄養をぎゅっと詰めてみま…

じゃがいも レシピ まとめ

「スタッフ」は詰め込むという意味でして、じゃがいもにあれこれ詰め物している料理ってことですね^^別名は二度焼きポテトとも言い、副菜としても主菜としても活躍できるメニューなのです。パーティーにも是非この一品を。…

チーズ レシピ まとめ パン

チーズ好きな方は多いと思います...私もその一人。多様な食べ方ができるチーズですが「グリルドチーズ」というのがあるそうですよ。考えるだけで心ときめく焼きチーズサンド♪簡単につくれますので是非おためしくださいね。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

ラーメン レシピ

名古屋名物の台湾ラーメン。じんわりと額に汗をかきながら向き合う辛さと、辛さに負けないくらいの旨味たっぷりのスープがたまりません。今回は、台湾ラーメンの発祥である味仙のこと、自宅レシピ、また東京で食べられるお店…

レシピ まとめ

焼き魚の日の献立、どうしていますか?汁物とご飯、焼き魚でバランスは悪くありませんが副菜がもう一品あったらもっとよさそうです。焼き魚の日のおすすめ献立レシピを18パターン提案します。具沢山な汁物や炊き込みご飯の…

donguri

海外のカラフルな色使いが大好きです! ラッピングや料理も、海外のア...

ページTOPに戻る