ローディング中

Loading...

独特の見た目とふんわりと甘い味わいで、不動の人気を誇る「メロンパン」。ところで、そのネーミングの由来はなんなのでしょうか?今回は、メロンパンの名前の秘密や、神戸民がメロンパンを「サンライズ」と呼ぶ理油など、盛りだくさんでご紹介します!

メロンパンの名前の由来って何?

パン屋さんに行くと、必ず見かけると言っても過言ではない「メロンパン」。昔も今も、変わることのない人気を誇るメロンパンですが、どのような由来から、こうした名前になったのでしょうか?

メロンパンの名前の由来は諸説あるようですが、詳しくお話していきます。メロンパンの発祥や、地域によって違う呼び方もご紹介しますね。

メロンパンの由来は説いろいろ

見た目がメロンに似ている説

メロンパンは、見た目がメロンそのものにとても似ていますね。グリーンカラーで網目状のデザインになっていることから、このような名前になった説があります。見た目がそのまま、パンの名前になったと言えるのではないでしょうか。

「メレンゲパン」がなまった説

メロンパンは、メレンゲパンがなまったという説もあるんですよ。メロンパンを作る工程のなかで、ビスケット生地を作る際にメレンゲを使うことがあります。 ここから、メレンゲパンというネーミングになり、これがなまったことで、メロンパンになったとの説がありますよ。

もともとメロン味だった説

かつてメロンパンの生地を作る工程で、メロンのフレーバーを加えていたという説や、メロンの果汁を加えた説などがあります。

もともとメロンの味をしていたため、メロンパンと呼ばれるようになった……とても納得できる由来ですが、実際にメロンパンを食べてみると、メロンの風味を感じることは少ないですね。現在では、実際にメロン果汁を加えて作られるメロンパンは珍しいです。

「mel(メル)+on(オン)」説

メロンパンは、表面にカリカリのクッキー生地がのせられていますね。このクッキー生地を「メル生地」と呼びます。パンの上にメル生地をのせることから、「mel on(メル オン)」がメロンパンの由来になっているという説も。

本当にさまざまな説があり、実際にどんなに由来があるのかを探ってみるのも楽しいですね。

発祥は?メロンパンの歴史

ネーミングの由来については、なにやら謎めいているメロンパン。発祥はどのようなものだったのでしょうか?

現在では、メロンパンといえば丸い形をイメージする方が多いでしょう。元祖メロンパンと呼ばれるものに関しては、丸い形状ではなく違う形状だったようです。

メロンパンが発祥した当初に比べ、現在ではさまざまなバリエーションが増えており、中心にクリームの入ったメロンパンなどもありますね。開発された当初のメロンパンにさかのぼってみましょう。

元祖メロンパンは紡錘形だった

元祖メロンパンの画像

Photo by Shutterstock

元祖メロンパンは、紡錘形だったことが分かっています。紡錘とは、画像のような形です。オムライス用の型を使い、パン生地を入れて焼いたものが、まさにメロンパンの発祥だったとか。

その後手間を省き、スピーディに作ることができるメロンパンを開発する中で、現在のような丸い形をしたものになりました。

サンライズと呼ぶ!? 神戸のメロンパン事情

メロンパンは、地域によってネーミングや特徴なども違いがあるようです。神戸を中心とした関西では、特に「サンライズ」と呼ばれるメロンパンがメジャー。見た目が太陽に似ていることから、サンライズという名前になったのだとか。

1930年頃に開発されており、放射状に線をつけたパンがサンライズでした。放射状に比べ、格子状の線をつけるほうが簡単だということから、現在の形状に。今でも、関西エリアではサンライズと呼ばれることが多いようです。

「ハイカラメロンパン」なる種類も

神戸を中心とする関西で人気の、「ハイカラメロンパン」という商品があります。こちらは紡錘形をしており、中心部分には白あんが入っています。形は、オムライスのご飯そのもの。メロンパンの中に白あんが入っていることに、驚いてしまう方もいるのでは?

広島県呉市のメロンパンはずっしり

広島県の呉市には、メロンパンというお店があります。このお店で販売するメロンパンは、コッペパンという名称。

表面はふわふわで、白あんのように濃厚なカスタードクリームがぎゅっと詰まっています。丸い形状をしたメロンパンですが、コッペパンとして販売されているのは面白いですね。

たっぷりとカスタードクリームが詰まっているので、持った際にはズシリと重みを感じますよ。

海外でもメロンパンは人気!

メロンパンは、日本で生まれたパンの種類です。近年では、海外でもメロンパンが浸透しつつあるようですね。

メロンパンというネーミングは独特なので、海外の方はとまどってしまうこともあるのだとか。それでも実際に食べてみると、非常においしいと人気を集めています。

ものごころついた頃には、メロンパンとして販売されていた商品ですが、発祥をたどってみると長い歴史をもつことが分かりましたね。明日のおやつに、メロンパンを選んでみてはいかがですか?
▼メロンパンが食べたくなったあなたへ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

神戸 食べ歩き ランチ お土産

日本3大チャイナタウンとして知られる神戸の中華街「南京町」。神戸に来る観光客がランチや食べ歩きのために訪れるグルメスポットとしても有名です。中華料理の名店から点心を販売する露店やお土産店など、南京町で評判のお…

スイーツ 神戸

神戸三田プレミアム・アウトレット内のフードコートに、本格的なスイーツを楽しめる店舗「canvas」がオープンします!パティシエが作る、甘すぎない上品な味と素材の質にとことんこだわられたスイーツが楽しめるお店で…

「かまとと」の意味を知っていますか?そう、かまととぶるのかまととです。聞いたこともあるし、実際に使ったことがある方もいるかもしれません。でも、その意味や語源までは知らないのではないですか?かまととは、実は意外…

八王子 東京 パン カツ丼 カレー レシピ

八王子のご当地グルメ「パンカツ」を知っていますか?今回は気になる作り方から、パンカツの名店「やまと」の店舗情報まで詳しくまとめてみました。サックサクの見た目に隠されたその味はいかに……?実際に作ってみたので実…

姫路 神戸

「御座候」と聞いて皆さまはなにを想像しますか?昔の言葉?いえいえ、違います。これは兵庫県姫路市発祥の有名なお菓子なのです。たい焼きやどら焼きともまた違う、地元では長年親しまれているスイーツです。今回はこの御座…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 まとめ

昨今、海外でも日本酒人気が増えているのはご存知なことでしょう。ワインショップに行けば日本酒の取り扱いも増えており、スパークリングな日本酒やヨーグルトの酸味があるものも好評です。そんな外国の方が酒蔵に行く機会も…

女子会 合コン まとめ

これからの時期、本当に忘年会や新年会などの飲み会が多いですよね。そしてよくあるのが、ついつい終電を逃してしまった…なんて事態。そんな時に役にたつ対処法を5つあげてみました。是非ピンチの時に参考にしてみてくださ…

日本酒 ワイン まとめ

日本酒というとちょっと飲みにくいイメージを持つ人もいると思いますが、最近ではワインやシャンパン、リキュールみたいに飲みやすい、新感覚の日本酒が続々と登場しています!今回は、その中でも注目の15種類をまとめてみ…

とうもろこし まとめ

食用利用されることが多い食材「野菜」。実は世の中には観賞用として栽培される品種もあるんです!今回は、そんな目で見て楽しむための一風変わった野菜をご紹介。味にクセあって食用には適さないものも、インテリアとして…

バター まとめ

バター不足で、スーパーの棚からバターがなくなったという話も耳にしますが、バターの代替えになる食品ってないのでしょうか?ということで、今回はバターの代わりになる食材についてご紹介します。手作りバターの作り方もあ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

トレンドの「#朝ベジ」写真をインスタグラムに投稿すると、“朝食が楽しくなるアイテム”が合計10名に当たるキャンペーンを「おうちごはん」で開催中!バルミューダや人気北欧ブランドのテーブルウェアをゲットするチャン…

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

レシピ まとめ 天ぷら 揚げ物

天ぷら粉を持て余してしまうことはないですか?そんな時に役立つアイディアレシピをご紹介。是非参考にしてくださいね。ちなみに天ぷらの語源はポルトガル語の「tempero」(調理)、スペイン語の「templo」など…

トリュフ レシピ まとめ アレンジレシピ

普段の料理にかけるだけで高級感をプラスすることが出来るアイテム、トリュフ塩。ここでは、そんなトリュフ塩の魅力と、実際に使っているレシピを紹介しています。

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る