ローディング中

Loading...

「とりあえず生!」でおなじみの生ビールですが、みなさんは生ビールとはどのような飲み物か説明できますか?生じゃないビールは、一体どのようなものなのでしょうか。今回は、生ビールとビール、発泡酒の違いや、生ビールについての知識について徹底追求!

乾杯の定番「生ビール」とはそもそも何?

みなさん、居酒屋に行くと「とりあえず生!」を注文しますよね。飲み会では定番の飲み物ですが、そもそも生ビールとはどのようなビールでしょうか?ビールの種類で「生」ではないビールはあるのかなど、疑問が多いです。

そこで今回は、生ビールとビールはどのような違いがあるのか、生ビールの定義や味の違い、おいしく飲むためのコツなどをご紹介します。

ビールとの違いは?「生ビール」の定義

ビールと生ビール、大きな違いはあるのでしょうか?

答えは、製造工程にあります。日本では、製造段階で加熱処理をおこなっていないビールが「生ビール」とされており、実は日本で飲まれている大多数が生ビールなのです。

「生ビール」と「ビール」の違い

ビールは、砕いた大麦麦芽を煮詰めてできる麦汁に「ビール酵母」を入れて、発酵させた飲み物です。酵母菌は生きているので、完成したあとも発酵が進み、風味に変化をもたらします。そのため、放っておくとどんどんおいしくなくなってしまうのです。

昔は、風味を変えてしまう酵母菌を消すため、加熱処理をおこなっていました。しかし、加熱をすると風味が損なわれてしまうという欠点もあったため、なんとか加熱殺菌なしで作れないかとたどり着いたのが、生ビール製法です。

現在ではそんな「生ビール」が国内で普及し、先述の通り、流通しているほとんどのビールが生ビールなんですよ。

発泡酒との違いは?

では、発泡酒との違いはあるのでしょうか?

大きな違いは、原料にあります。ビールは麦芽を2/3以上使用しているもの。一方、発泡酒は麦芽を1/3未満の、発泡性のある酒類です。ビールに比べて発泡酒は安く購入できることも、特徴のひとつですね。

そして、飲んでいる人も多い「第三のビール」。こちらは、ビール風味のアルコール飲料のことを指し、発泡酒よりも安価です。

外国での定義は「樽」

生ビールの「生」は英語で「Draft」ですが、これは「樽から注いだビール」を指します。海外での生ビールの定義は熱処理の有無ではなく、「樽から注ぐ」ことが違いなんですね。豆知識として覚えておきましょう。

瓶ビールも缶ビールも「生ビール」

「加熱処理していないビール」が生ビールであることは分かりましたね。該当するものは、瓶でも缶でも同じ。実は、中身はまったく一緒なのです!でも、実際に飲んでみると、どことなく味わいが違う気がしますよね。それはなぜなのでしょうか?

なぜ味わいに違いを感じるのか

樽ビール、瓶ビール、缶ビールは、原材料の違いがなく、同じビールを違う容器に詰めたものです。

いずれの容器にも最適量のガスが注入されていますが、保存期間の関係上、瓶や缶には樽より多くのガスが入っているのです。このガスの量によって、味が変わります。

瓶ビールはグラスに注ぐことが多いため適度にガスが抜けるのですが、缶ビールは直接飲む人が多いはず。直接だと多くのガスをそのまま味わっていることになるので、すこし風味が落ちるような印象を受けるんですね。缶ビールもおいしく飲むには、グラスに注ぐようにしましょう。

瓶や缶をおいしく飲むための「三度注ぎ」

自宅でもビールをおいしく飲むには、注ぎ方にコツがあります。

まずは、冷えたグラスを用意。ビールの温度管理をして3回に分けて注ぐと泡が蓋の役目になり、最後のひと口までおいしく味わえます。たったこれだけで、ビールがおいしく飲めるとは驚きですね。ぜひ、ご自宅でお試しください♩

熱処理されたビールにはどんな種類がある?

技術の向上により加熱処理をしなくても良くなりましたが、今でも加熱処理ビールは販売されています。ビールと生ビールの違いがわかったところで、ビールも飲んでみたくなりますね。

国産のビールですと、キリンビールの「クラシックラガー」、アサヒビールの「アサヒスタウト」、サッポロビールの「サッポロラガービール」などが該当します。生ビールと飲み比べて、違いを感じてみましょう!

「エールビール」「ラガービール」とは

数種類のビールの画像

Photo by Shutterstock

スーパーでも見かけるかわいらしいデザインのエールビール、手に取ってみてもどんな味だかわからなくて、買うのをためらったりしませんか?ここでは、エールビールとラガービールの違いをご紹介します。

エールビールとは

エールビールと一般的な生ビールでは、ビール酵母が違います。どちらのビールも、麦芽、ホップ、水で製法も工程も基本的には同じ。エールビールは「エール酵母」が使われていることが、大きな違いと言えるでしょう。

エール酵母は、香り豊かで味わい深いのが特徴です。ワインのように香りを楽しみながら飲めるビールですね。

ラガービールとは

日本では、貯蔵工程で熟成させたビールのことをラガービールと言います。一般的に、キレのいい苦みとなめらかでマイルドな味わいが特徴。

原料には麦芽を使用し、酵母を用いて低温で熟成させます。比較的長い時間をかけて発酵させるスタイルで、最終的に酵母が沈み込んだら完成です。

今夜も居酒屋で「とりあえず生!」

普段なにげなく生ビールを注文をしますが、ビールと生ビールは大きな違いがありました。特に暑い日は、キンキンに冷えた生ビールを飲むと、幸せな気分になれますよね。のど越しの良さと旨みが詰まった生ビールは、製法の努力があっての味だったのですね。

今夜、居酒屋で「とりあえず生!」を注文しませんか?
▼お酒の知識を、さらに深めよう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ビアガーデン 東京 おしゃれ 女子会 まとめ

家飲みもいいですが、暑い夏になるとやはりビアガーデンへ行きたくなりますね。東京にはおしゃれなビアガーデンやビアテラスなどがたくさんあります。飲み放題付きの安いプランや、デートにもピッタリなおすすめコースなどが…

レモン ドリンク レシピ

夏の定番サクレ&ビール。ふたつ合わせると「レモンビア」になるって知ってましたか?今ツイッターでは、そんなハイブリットなカクテルが話題になっているんです!お酒好きも絶賛のその味と、簡単すぎる作り方をご紹介します♩

ハンバーガー

ニューヨーク発のハンバーガーレストラン「シェイクシャック」に、夏季限定バーガー「ピクルド ハラペーニョ バーガー」とビアカクテル「シャック シャンディ」が登場。暑い季節に嬉しいこの夏だけのペアリングをぜひ♩

ビアガーデン 神戸 ホテル テラス

神戸メリケンパークオリエンタルホテルのテラスレストラン「サンタモニカの風」で、『コウベ シーサイド ビア テラス)』がオープン。目の前に神戸の海が広がる開放的なバルコニーで、和洋中のバイキングメニューとドリン…

コーヒー

『スターバックス コーヒー 東京ミッドタウン店』がリニューアル。「空間」「商品」「サービス」のいずれをも最も優れたかたちで取り揃えられており、国内のスターバックスの中で“最高峰のコーヒー体験”を堪能できます。…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

スイーツ まとめ

女性に限らず、人間は甘いものが大好きです。なぜなら、糖分が足りなくなると、脳が上手く機能しなくなってしまうから。しかし、砂糖が持つ効果によって、美容、健康への悪影響が起こる事がわかりました。中でも覚えておきた…

日本酒 まとめ

昨今、海外でも日本酒人気が増えているのはご存知なことでしょう。ワインショップに行けば日本酒の取り扱いも増えており、スパークリングな日本酒やヨーグルトの酸味があるものも好評です。そんな外国の方が酒蔵に行く機会も…

スイーツ お菓子 おしゃれ まとめ

甘党の人もいれば当然、甘いものが苦手な人もいるでしょう。甘いのが好きではないという人でもおいしく食べられるお菓子を紹介します。お土産やプレゼントにしても都合がよさそうです。ぜひ参考にしてみてください!

ニューヨーク レストラン カフェ スイーツ まとめ

ご旅行などでNYに行かれる予定のある方必見♡なんと、10ドル以下で食べられるお店がNYにはたくさんあるんです。美味しくてお財布に優しいお店を紹介していきます。

和食 レシピ まとめ だし

本当は知りたいけれど今更恥ずかしくて人には聞きづらい「和食料理の基本」今回はそんな基本中の基本についてご紹介したいと思います。普段のお料理に是非役立ててくださいね^^「和食」は無形文化遺産として登録もされた日…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

トレンドの「#朝ベジ」写真をインスタグラムに投稿すると、“朝食が楽しくなるアイテム”が合計10名に当たるキャンペーンを「おうちごはん」で開催中!バルミューダや人気北欧ブランドのテーブルウェアをゲットするチャン…

レストラン 福岡 カフェ イタリアン ビストロ

約200坪のビル一棟丸ごとリノベーションした、緑あふれる大型のレストラン・バー&カフェ「GARB LEAVES(ガーブ リーブス)」が福岡に誕生。福岡・九州の食材をふんだんに使った、こだわりのイタリアン&ビス…

東京 コーヒー カフェ

都会の騒がしさを抜け出して、ゆっくり美味しいコーヒーを飲める「百塔珈琲(ヒャクトウコーヒー)」が駒込にあります。ここに来る人はみんな思い思いのゆったりとした時間を過ごしている人ばかり。おいしいコーヒーと心がホ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る