ローディング中

Loading...

日本の食卓に欠かせない「沢庵(たくあん)漬け」ですが、今回は、そんな沢庵の名前の由来についてご紹介したいと思います。沢庵和尚に関する説など、さまざまな言い伝えがあるんですよ。併せて、沢庵の色の秘密などもお話しします。

和食に欠かせない「沢庵(たくあん)漬け」

和食でよく登場する漬物、沢庵。大根をぬかと塩などで付けた漬物で、「沢庵(たくあん)漬け」または「たくあん」「たくわん」と呼ばれています。カリカリとした食感で、白いご飯にとても合い、お茶漬けやおにぎりにもぴったりですよね。

そんな沢庵は、なぜそのように呼ばれるようになったのか、名前の由来やついても詳しくご紹介します。

沢庵和尚説?「沢庵」という名前の由来

生干しした大根を、米ぬか、塩を混ぜた漬け床に漬け込み作る沢庵。沢庵漬けの呼び名は関東から発生したもので、京都では辛漬(からづけ)九州では百本漬け(ひゃっぽんづけ)と呼ばれています。

沢庵と言う呼ばれ方になった由来には、いろいろな説があります。謎の多い沢庵について、それぞれの説を詳しく調べてみました。

沢庵和尚(沢庵宗彭)が作った説

江戸時代に臨済宗の僧、沢庵宗彭(たくあんそうほう)が考案したという説があります。沢庵宗彭が創建した東海寺では、始めは名前のない漬物でした。ある時、徳川家光が寺を訪れた際に提供したところとても気に入り、名前がないのであれば「沢庵漬けと呼ぶべし」と言われ、そこから沢庵和尚が作った漬物が沢庵漬けと呼ばれたという説です。

沢庵和尚の墓石説

もうひとつの説は、沢庵和尚の墓の形が漬物石の形状に似ていることに由来して、沢庵漬けとなったという説。本当の話は分かりませんが、沢庵和尚がお漬物をこよなく愛していたことはうかがえますね。

言葉のなまり説

また、言葉のなまり説もあります。元々は「混じり気のないもの」という意味の「貯え漬け(たくわえづけ)」や「じゃくあん漬け」が、なまったとされる説。

比叡山には元三大師、慈恵大師良源が平安時代に考案したとされる「定心房(じょうしんぼう)」と呼ばれる漬物があります。この漬物が、沢庵の始まりだと言われる説も。この漬物は、丸干しした大根を塩とわらで重ね漬けしたもの。現在でも、定心房たくあんとして販売されています。

沢庵漬けはなぜ黄色い?

沢庵の色と言えば黄色ですが、原料となる大根は黄色くありません。なぜ黄色いのでしょうか?

沢庵を作る時、大根を塩漬けにします。すると、大根の中に含まれる辛み成分が分解され、だんだんと黄色くなっていくのです。色が濃ければ濃いほど、長く漬けられている証拠。

沢庵漬けのなかでもいろいろな種類がありますが、沢庵漬けのイメージを強めるためにクチナシ色素などの天然着色料を使用する商品もあります。商品の表示を確認して、着色料が表示されていないものは、大根の天然色素そのもので黄色くなった沢庵です。

「たくあん」「たくわん」どっちが正しい?

「たくあん」と「たくわん」、みなさんはいつも、どちらを使いますか?ネットで検索をしてみると、どちらでもヒットするようになっていますね。しかし、正しいのは「たくあん」です。たくわんと呼ぶようになったのは、何故なのか調べてみました。

「たくわん」って何?

「たくあん」も「たくわん」も同じものを指しますが、言いやすかったり、そう聞こえたりしてしまうため「たくわん」という呼び名が普及したと考えられます。表記するときは「たくあん」が正しいですが、「たくわん」も多くの人が使っており、親しみを感じる呼び名でもありますね。

みなさんは、どちらが呼びやすいですか?

今日も食卓に「沢庵漬け」を!

沢庵について、詳しくご紹介しました。和食では、沢庵漬けは定番ですね。今ではスーパーで売られるものを購入することが多いですが、かつてはぬかから取り出し水洗いして食べるのが一般的でした。ごはんのおかずやお茶漬けに添えていただきますが、古くなると煮物や油炒めに使うこともできるのですよ。

たくあんを食卓に出して、今日も楽しんでみませんか?
▼たくあんをいろんな姿で味わいましょう♩

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

カクテル おしゃれ

お酒を飲まれない方でも、マルガリータというカクテルはご存じかもしれません。柑橘系の風味でスッキリ爽やかな味わいで、夏にぴったりです。マルガリータにまつわるエピソードや自宅で作れるレシピほか、テキーラベースの人…

和菓子 京都

京都の名産品「水無月」という和菓子をご存じですか?なぜこの和菓子には6月を指す水無月の名がついたのでしょう?水無月の名がついた由来や、どんな風に食べるのか、また、京都へ行ったらぜひ立ち寄ってほしい水無月のおい…

パスタの茹で方の定番アルデンテ。最もパスタを美味しく食べられる茹で方とも言われていますが、どれくらい茹で時間が最適なアルデンテなのでしょう?茹で方や茹で時間、時短の仕方やパスタの種類によるやり方など、アルデン…

和食

普段何気なく食べている「きんぴらごぼう」どうしてこの名前になったのか、由来が気になりますよね。歴史あるおかずなので、成り立ちや漢字に込められた意味は、当時の世情が反映されていておもしろいですよ!きんぴらごぼう…

中華料理

中華料理に欠かせない点心ですが、そもそも点心とは何なのかご存じですか?餃子やシュウマイなどの印象が強い点心ですが、飲茶との違いは?今回は人気の点心の種類や食べ方、飲茶との違いまで、点心についてのあれこれをご説…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ピザ パン まとめ

世界には、何でこんなことをしようと思ったんだろう…と思ってしまうようなことが沢山あります。でも、そんなしょうもないことでも、世界一なら認定してくれるのがギネスこと『guinnessworldrecords』!…

ワイン 居酒屋 まとめ バー

キリスト教の祖「イエス・キリスト」は、最後の晩餐の席において、ワインとパンを自分の血と肉に例えて弟子達に与えたとされています。神が与えたものだからいくら飲んでも大丈夫!とは言いませんが、歴史上のワイン好きは人…

日本酒 接待 和食 まとめ

社会人になると、お客さんと接待なんて事も20代半ばあたりから増えてきますよね。特に営業の方はあると思います。接待というと和食なイメージもあるので、そこで好まれるのお酒と言えば、やはり日本酒。そんな日本酒に関す…

まとめ

冬といえば温かい鍋や煮込み料理が食べたくなりますよね。そんな鍋で気になることのひとつが「アク」ではないでしょうか。そもそも、アクは取る必要があるのでしょうか?その理由と覚えておきたいアク取りのコツをまとめまし…

日本酒 ワイン まとめ

日本酒というとちょっと飲みにくいイメージを持つ人もいると思いますが、最近ではワインやシャンパン、リキュールみたいに飲みやすい、新感覚の日本酒が続々と登場しています!今回は、その中でも注目の15種類をまとめてみ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

トレンドの「#朝ベジ」写真をインスタグラムに投稿すると、“朝食が楽しくなるアイテム”が合計10名に当たるキャンペーンを「おうちごはん」で開催中!バルミューダや人気北欧ブランドのテーブルウェアをゲットするチャン…

奈良

奈良の新スポットナラニクル内にできた「カフェエトランジェナラッド」でいま、ソフトクリームが人気を集めているんです!かわいい鹿クッキーが特徴のナラッドソフトは、奈良限定の大和茶ソフトもご用意♩今回はナラッドソフ…

ワイン アメリカ

今回ご紹介するのは、ワイン好きには夢のような「コラヴァン(CORAVIN)」というアイテム。なんとこちら、コルクを抜かず、酸化も気にせずワインが飲める画期的なグッズなんですって。魅力や仕組み、購入方法まで、さ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る