ローディング中

Loading...

夏になるとよく聞く「経口補水液」。市販もされていますが、そもそも経口補水液とはどんな飲み物なのでしょうか?スポーツドリンクとの違いは?家庭での作り方や、気になる味、効果的な飲み方まで、まとめてお伝えします!

名前はよく聞く「経口補水液」

夏になると、「経口補水液」という言葉をよく聞きますよね。熱中症対策に、と謳われていますが、お茶や水など、通常の水分補給とは何が違うのでしょうか?スポーツドリンクとの違いも気になるところです。

市販されているものは、水やスポーツドリンクなど、一般的な飲料と比べても少し価格も高め。ドラッグストアや薬局などでも販売されており、医学的な効能も気になりますよね。

今回は、そんな経口補水液について調べてみました!

経口補水液とは?

経口補水液とは、食塩とブドウ糖を混合させて水に溶かし、体内の吸収率を高めたドリンクのこと。これを飲むことで効率よく水分の吸収がおこなわれるため、主に脱水症状の治療や、熱中症対策などに用いられます。ちなみに、水に溶かす前のものは経口補水塩と呼ばれています。

脱水症状は、こどもや高齢の方に起こった場合、最悪死に至る危険な症状。病院では点滴で水分補給がおこなわれますが、最近は手軽な経口補水液での治療が普及しつつあります。

味は?経口補水液とスポーツドリンクの違い

経口補水液が普及する以前から、手軽に飲めるスポーツドリンクが市販されています。

スポーツドリンクは清涼飲料水の一種で、スポーツや日常生活などでの発汗によって失われる水分やミネラルを効率的に摂取できるように作られているのですが、似たような成分で作られているこのふたつは、いったい何が違うのでしょうか?

目的

経口補水液は、調剤薬局や病院の売店で販売されていることからも分かるとおり、脱水症状の治療を目的としています。塩分とブドウ糖が腸で吸収される際、同時に水分も吸収される仕組みが発見され、経口補水液の発明につながりました。

一方のスポーツドリンクは成分は似ていますが、水分補給を目的としており、「脱水症状になる前に」飲むのはこちらですよね。

味の感じ方

経口補水液は、脱水症状の治療を目的としているため、塩分とブドウ糖が脱水時の小腸からの水分の吸収に適切なバランスに配合されています。普段通りの生活を送っている健康な人が飲んだ場合、まずく感じることが多いでしょう。

それに比べてスポーツドリンクは、通常の場合でもおいしく飲めるように糖分などで味付けがされています。ただし、水やお茶などと比べると、いずれも塩分や糖分が高いので、単なる水分補給のため水代わりに飲むのはおすすめできません。

飲みすぎ注意!経口補水液の飲み方

経口補水液は水分補給のためではなく、脱水状態になったら飲む、というのが基本です。あくまで、脱水症状を緩和させるための医療的なものですので、普段からがぶ飲みするのは禁物。

また、脱水症状時であっても一気に飲むのではなく、少しずつ飲むことが大切です。市販されているものも、食事療法のための特別用途食品で、健康な人が普段から飲むことは想定されていません。

脱水を感じてから、ペットボトル一日一本を目安に時間をかけて飲むようにしてください。

下痢や発熱?脱水状態とは

では、そもそもどういった状態を脱水症状と呼ぶのでしょうか。

脱水症状は、スポーツ時や真夏の発汗だけでなく、乾燥などのさまざまな要因によって、季節に関係なく起こる症状です。

体調不良であまり食事を取れないときや、下痢や嘔吐、発熱などでも水分不足はおこります。特にこどもや高齢の方は、必要な水分量や水分不足を感じにくかったり、例え感じても人に伝えることが難しいため注意が必要です。

健康な状態で飲んでも平気?

もちろん、健康な方が飲んでも問題はありません。安全なものではあるのですが、飲み方には充分な注意が必要です。

経口補水液は、スポーツドリンクとは電解質の組成が異なっています。カロリーは一般的なスポーツドリンクの1/3程度ですが、ナトリウム(塩分)は約2倍、カリウムとマグネシウムは約4倍にもなります。

そのため、これらの成分が不足していない状態でむやみに経口補水液を大量摂取すると、体内の電解質のバランスが崩れ、下痢を引き起こす原因にもなります。

二日酔いに効果的

熱中症だけでなく、実はさまざまな場面で脱水状態になる場合があります。特に、アルコールの多量摂取は脱水の原因になりやすいのです。

お酒を飲みすぎて辛い、二日酔いですが、低血糖症や脱水症状からくるものも多いとされています。そのため、脱水が原因の二日酔いには経口補水液を飲むことで症状が緩和されるのです。

赤ちゃんも飲める!

脱水症状の緩和を目的としている経口補水液は、哺乳瓶からミルクが飲める月齢の赤ちゃんであれば、飲ませても大丈夫です。

すぐに発熱しやすい乳幼児の場合、同時に脱水症状もおこしやすいので、下痢や嘔吐も加わり、大量に水分が失われている場合には電解質がバランスよく含まれた経口補水液が適しています。

かと言って、あまりに欲しがる場合、与えすぎは禁物。きちんと医師に相談しましょう。

経口補水液の作り方

経口補水液、と聞くと難しい印象を持ちますが、実は材料もシンプルで作り方はとても簡単。ただし、塩と砂糖の分量は必ず守るようにしてください。

【材料】
・水…500ml
・塩…1.5g
・砂糖…20g
・ペットボトル(500mlサイズ)

【作り方】
水を入れたペットボトルに、塩と砂糖を混ぜ、水が透明になるまでよく振れば出来上がり。水道水よりも、湯冷ましを使ったほうが溶けやすくなります。このままでは飲みにくいので、砂糖の代わりにはちみつを使ったり、レモン果汁を加えると飲みやすいですよ。
▼詳しくはこちら

緊急時以外は市販を利用する

手作りできる経口補水液ですが、炭水化物が多く含まれ、脱水時に不足するカリウムがほとんど摂取できないため、あくまでも緊急用です。嘔吐や下痢などでおこる脱水症状には、下痢などで失われる電解質をバランスよく含む、市販の経口補水液を常備しておくことがベストです。

ゼリータイプも!経口補水液の種類

ドリンクタイプ

ドラッグストアの店頭でもよく見かけるのが、ペットボトル入りのドリンクタイプ。赤ちゃんから高齢の方、妊婦さんまで飲め、家庭に常備しておけば、脱水を感じたときに手軽に症状を緩和させることができます。

ただし、これを飲めば病気が治る、といった類のものではないので、飲みすぎには注意し、不安がある場合にはきちんと医師の診断を受けましょう。

ゼリータイプ

経口補水液には、ゼリータイプもあります。高齢者など、咀嚼や飲み込みが自力では困難な方や、ドリンクタイプではむせてしまう人におすすめです。また、少量ずつ確実に摂取することができるので、がぶ飲み防止にも効果的です。

ゼリーが壊れてしまうので、凍らせたり加熱したりしないよう注意してください。

粉末タイプ

外出時の携帯に便利な、粉末タイプの経口補水液。ペットボトル入りの水さえ用意すれば、溶かすだけで経口補水液ができあがります。スポーツをされる方や、仕事などでよく汗をかく方は、かばんの中に常備しておくと、いざと言うとき安心ですね。

経口補水液は適切に活用しよう!

ここまで、経口補水液についてみてきました。意外と知らない知識もあったのではないでしょうか。経口補水液やスポーツドリンクは飲みすぎにも充分注意して、適度で適切な水分補給を心がけましょう。経口補水液の正しい知識で、熱中症対策は万全に!
▼水分補給に関するアレコレを、きちんと知ろう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

まとめ

スポーツドリンクと一概に言っても、アイソトニック飲料とハイポトニック飲料と大きく2分されるそうですよ。このふたつにはどのような違いがあり、またそれぞれどのようなときに摂取すれば効果的なのでしょうか?ご紹介した…

ドリンク レシピ まとめ

キリン「世界のKitchenから」シリーズの人気ドリンク、ソルティライチ。アレンジして飲んでも、デザート作りに使ってもおいしいと評判なんですよ。暑い夏には塩分と水分補給も重要ですから、ソルティライチを活用し、…

アレンジレシピ

バナナは高い美肌効果が望めるほか、疲労回復や代謝を促進する働きをもつ優れもの。そんな栄養価の高いバナナが、不足した水分と塩分を同時にまかなえる「塩バナナ」というネーミングで、再び大きな注目を集めています。気に…

まとめ

脱水症状や夏の熱中症対策に使われる「経口補水液」。作り方と効果的な飲み方を知っておけば、万が一の場合に役立ちます。また、おすすめの作り方や、自分で作る際の注意点も併せてご紹介します。夏の熱中症対策として、ぜひ…

食事と一緒に水分を取る習慣の人は必見です。「食事中に水分を取ると太る原因になる」という話を知っていますか?なぜ、食事と一緒に水分を取ってはいけないのでしょう?それなら、水分を取るタイミングはいつなのでしょう?

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

デート ランチ まとめ

おいしい食べものを食べれば誰もが「おいしい」と口にするのは当たり前の行為ですが、どうせならもっと表現の幅を広げたいですよね。今回は、おいしい以外のおいしさを表現する言葉を集めてみました。

まとめ

多くの女性の悩み「貧血」に効果的とされる鉄分を多く含む食べ物やレシピをご紹介します。料理をするのがめんどうという方向けにコンビニで購入できる商品もご紹介するので、最近クラっとすることが多いという方は参考にして…

フルーツ ドリンク まとめ

妊娠中の辛いつわり…人によって全然その加減は違うそうですが、実際に辛いつわりを経験した人たちが、そんなつわり中に「これを食べて楽になった!」という食べ物を理由付きで7つご紹介します♪是非、現在つわり真っ最中と…

まとめ

一人暮らしの人は特に食費を抑えたいと思っている人は多いのではないでしょうか?本当に少しの努力と我慢で簡単に食費を抑えることができるんです。今回はすぐ実践できる心がけを5つご紹介します♫

まとめ アボカド

お肌のケアをするために高価な乳液や化粧水を買っている方も多いかと思いますが、実は身近な食材に高い美容効果のあるものがあるのをご存知でしょうか?ここでは、塗るだけで効果のある身近な食材を厳選して7つご紹介します!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

蕎麦 そば まとめ

シンプルに麺つゆで食べるそばもおいしいですが、たまには味付けを洋風や中華にアレンジしたり、主食以外のおかず系にしてみませんか?今回は、今すぐできる人気のそばレシピを27選ご紹介します。レシピがありすぎて、あっ…

パスタ まとめ

生クリームや牛乳を使わなくても、クリームパスタは作れるんです!今回は、豆乳を使ったパスタのレシピを20選ご紹介。定番のカルボナーラやスープパスタなど、一度は試してみたい魅力あるレシピが勢ぞろいですよ♩

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る