ローディング中

Loading...

和菓子に使われることの多い和三盆。香川の特産品としても知られていますね。さまざまなお菓子に用いられる和三盆とは、どのような特徴を持っているのでしょうか?和三盆を使った代表的なお菓子や活用方法などをご紹介しましょう。

砂糖界の最高峰「和三盆」

「和三盆」は、砂糖の高級品として知られますね。和三盆糖とも呼ばれる高級砂糖は、具体的にどんなものかをご存知ですか?和三盆について、詳しいことを知らない方も多いのではないかと思います。高級であることは知っていても、具体性については意外と知られていません。

和三盆とはどのようなお砂糖なのでしょうか?また、どのようにして作られているのかなどもご紹介します。

香川や徳島が生む一級品・和三盆とは?

和三盆は、徳島や香川など、四国を中心に作られているお砂糖のひとつです。1700年代の終わり頃から、すでに生産されていました。徳島で作られている和三盆は「阿波和三盆糖」、香川で作られるものは「讃岐和三盆糖」と呼ばれています。

通常の砂糖との違いは?和三盆糖の特徴

和三盆は通常の砂糖に比べ、すこし茶色がかった色をしています。粒子が非常に細かく、口どけがいいのも和三盆の特徴。

上白糖と黒砂糖の中間のような味わいで、まろやかなコクがあります。通常の砂糖よりも粒子が細かいので、和菓子などに直接ふりかけて使うこともしばしば。口当たりもよく、すぐに溶けるので、高級感と呼ばれる理由に繋がっているのでしょう。

和三盆の作り方

和三盆は、伝統的な製造方法で作られています。

まず材料は、四国で栽培されるサトウキビを使用。サトウキビから精製した砂糖を水で練り上げ、細かく研ぎます。その後、製造過程で作られた黒い蜜等を抜くために重石で圧力をかけ、1週間ほど乾燥させたら完成。

一般的の砂糖よりも、手間と時間がかかるのですね。

「和三盆」という名前の意味は?

「和三盆」と呼ばれるのは、粒子を細かくするためにお盆の上で砂糖を研ぐことから名前がつけられました。

「3回ほどお盆の上で砂糖を研ぐ」というのがネーミングの由来になっています。見た目を白くするために5回以上研ぐケースもあるのだとか。最低でもお盆の上で3度研ぐことで、粒子が細かく滑らかな口当たりになるのですね。

和三盆を使った代表的なお菓子「落雁」

和三盆を使った代表的なお菓子に、「落雁」という和菓子があります。落雁は水あめや砂糖のほか、お米などでんぷん質の粉で作られたお菓子です。

型押しをすることによって、いろんな形状に仕上がります。見た目がかわいらしいものや、美しいものなどさまざま。落雁が名物になっているエリアも多く、日本三銘菓としても落雁は知られています。
そんな落雁ですが、必ずしも和三盆を使っているわけではありません。和三盆を使わなくても、でんぷん質の粉に砂糖や水あめを混ぜて固めたものを、落雁と呼びます。

和三盆を圧縮して作る和菓子も!

水あめや砂糖を混ぜて作るものではなく、和三盆のみを使った和菓子もあります。和三盆のみを型押しするため見た目は落雁に似ていますが、味わいはまったく別。半球体に押し固めたものや、懐紙でぎゅっと包んだものなどがありますよ。

和三盆の主な使い方

和三盆は和菓子に使うことが多いですが、そのほかにもご家庭で活用する方法があります。いくつかご紹介するので、和三盆を手にする機会がありましたらぜひ試してみてくださいね!

コーヒーや紅茶

和三盆は、一般的な砂糖と同じように使うことができます。コーヒーや紅茶を飲む際に、少量を加えてみましょう。上白糖に比べ少量でも甘みを感じられます。また、和三盆を加えることで、味には深みをプラスすることができますよ。

トースト

トーストにも和三盆を使うと、コクのある甘みで贅沢な仕上がりになります。バターやマーガリンを塗ったトーストの上に、和三盆をお好みで振りかけてみましょう。すると、いつものトーストが高級スイーツのような味わいに!

フルーツを組み合わせても良いでしょう。朝にいただけば、優雅な気分でスタートできますね。

ヨーグルト

ヨーグルトやアサイーボウルに和三盆を加えるのもおすすめ。しっかりと和三盆を混ぜ合わせることで、黒みつをかけたような味になります。フルーツやシリアルとの相性もよく、ワンランク上の味わいになりますよ。

お菓子作り

普通の砂糖と同じように使うことのできる和三盆は、お菓子作りにもぴったりです。プリンやロールケーキなど、洋菓子に使ってももちろんOK!繊細で上質な甘さに仕上げたいなら、ぜひ和三盆を使ってみましょう。

「和三盆スイーツを食べてみたい!」という方はネットで購入もできるので、チェックしてみてくださいね。

和三盆の賞味期限や保存方法

和三盆は上手に保存すれば、1年近くは使うことができます。和三盆は湿気を吸いやすいため、湿気から避けた保存方法を考えましょう。

密閉できる容器に入れて、冷暗所で保存するのが一般的。湿気のほか、においからも和三盆を守るため、必ず密閉できる容器で保存しましょう。

フリーザーバッグに入れた和三盆を、さらにタッパー容器に入れて保存する方法がおすすめです。こうすることで、和三盆の風味をキープし1年程度はおいしく使うことができますよ。

和三盆は通販でも購入できる!

和三盆は、通販で購入することもできます。自宅に常備しておけば、和菓子作りをする際や、毎日のティータイムに使えますね。

下記サイトで購入できるのは、昔ながらの伝統製法で作られた国内産の和三盆。徳島県で作られた阿波和三盆ですよ。お料理だけでなく、かき氷やお餅などのトッピングとしても活用できます。

ぜひ、チェックしてみてくださいね!
▼こちらの砂糖知識もチェック♩

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

和菓子 お茶

フェシリモ猫部から、期間限定・ウェブ限定で「猫の和三盆セット」が発売されました。猫の形をしたかわいらしい和菓子の詰め合わせ!見て食べて楽しめる商品です。お茶菓子や猫好きの方へのギフトなどにいかが?

お菓子 和菓子

和菓子に欠かせない「求肥(ぎゅうひ)」。大福の皮部分や、あんみつのトッピングに使われることが多いですよね。今回は、そんな求肥の作り方をご紹介!レンジでの簡単な作り方や、求肥を使ったお菓子のレシピもチェックして…

和菓子

ローソン「食べマス」シリーズにスヌーピーとウッドストックが登場!リラックマをはじめとしたキャラクターたちの繊細なデザインが人気なシリーズですが、スヌーピーバージョンはどんな味わいなんでしょうか?実食レビューで…

かき氷 和菓子

今年も伊勢「赤福」から夏季限定のかき氷『赤福氷』が登場!販売期間はいつまで?大阪や名古屋、東京でも食べられる?気になる情報をまるっとチェックしておきましょう!この夏、とびきりふわふわな赤福氷で素敵な思い出をつ…

和菓子

日本の伝統菓子「落雁」。普段はお茶菓子やお供え物としてよく見かけますよね。でも、落雁って何でできているか説明できますか?さらにおしゃれな和菓子として、再び脚光も浴びているんです。今回は落雁の魅力に迫ります。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

アレンジレシピ おつまみ おやつ ピザ まとめ

おつまみやおやつとしてもピッタリな「油揚げピザ」のレシピを8つご紹介します。ピザは食べたいけど、作るのはめんどう……。そんな方は手軽に作れる油揚げピザを作りませんか?フライパンで作れる(レシピ)もあるので、挑…

お花見 お弁当 揚げ物 レシピ まとめ

お花見などのお弁当には欠かせない揚げ物料理。お花見ではお酒を飲む方も多いと思いますが、おつまみにもなるレシピを8選ご紹介します。彼とお花見を計画している方、必見ですよ♡

春雨 レシピ まとめ

「たくさん食べたいけどカロリーが気になる…。」そんな時は春雨の出番!!カロリーが低いだけではなく栄養豊富な春雨♪サラダやスープが一般的ですが、ちょっと変わった食べ方をご紹介☆簡単なヘルシーレシピでお腹いっぱい…

レシピ おつまみ まとめ

レタスってサラダなどでそのまま食べるイメージが強いですが、実はおつまみにもピッタリなんですよ♫シャキシャキした食感は食べ応えもあって、なおかつヘルシー!今回はレタスを使ったおつまみのレシピを9個ご紹介します♡

レシピ まとめ

夏でも美味しくお肉を食べたい♪だけどちょっとバテ気味…あったかいものはヤダー…という時に、冷しゃぶが大活躍してくれます。さっぱり食べられて栄養しっかり!あなたの食欲を刺激する一品、チョイスしてみました☆…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ソーセージ

お弁当に朝食に便利なソーセージ。冷凍して保存すれば賞味期限は約1ヶ月にも!まとめて買っておいても、腐るのを気にせず長く使えますよ。よく作るお料理に合わせてあらかじめカットして冷凍しておけば、使いたいときにすぐ…

おにぎり レシピ

3月3日はひな祭りです。ひな祭りにはどんなお料理を作りますか?ちらし寿司や蛤のお吸い物が定番ですよね。だけど昨年あたりから「お雛様おにぎり」が話題になっているんです。今回はそんな「お雛様おにぎり」の作り方やア…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る