ローディング中

Loading...

もっちりとした食感が癖になる和菓子「求肥(ぎゅうひ)」。今回は、そんな求肥について詳しくご紹介します。製法や名前の由来、お餅との違いまでまとめていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。おうちでの作り方もありますよ♩

和菓子によく使われる「求肥」

大福の皮に使われたり、あんみつに添えられていたり……和菓子界の名脇役とも言える存在である「求肥(ぎゅうひ)」。

今回は、そんな求肥についてのアレコレをまとめてみました!製造方法やお餅との違い、おうちでの作り方もご紹介。この記事を最後まで読む頃には、きっと求肥の虜になっていますよ♩ぜひ、チェックしてみてくださいね。

そもそも求肥とは?

求肥は、粉状のもち米を粉に水や砂糖を足しながら練り上げて作った和菓子。時間が経っても硬くならない特徴があるため、和菓子やアイスを使ったお菓子などにも使用されることが多いです。

製法は3種類ある

求肥の製法には、「水練り」「茹で練り」「蒸し練り」の3つの方法があります。
「水練り」は、もち粉に水を加えて練り上げたところに、砂糖または水あめをプラスして、加熱をしながらさらに練っていく製法。しっかり練り上げることで食感が滑らかになり、柔らかい求肥に仕上がります。
「茹で練り」は、もち粉をしっかりと練ったあとに一度茹で、そのあと砂糖や水あめを加えてさらに練る製法です。
「蒸し練り」は、練ったもち粉を一度蒸し、そのあと砂糖を加えて練る方法。水練りで作る求肥に比べ日持ちしやすく、保存期間が長いことが特徴です。

名前の由来と読み方

実は、求肥は日本発祥ではなく、中国発祥。求肥は「ぎゅうひ」と読み、牛の皮に似ていることから、もともとは「牛皮」と書かれていました。しかし、当時日本では牛や豚などを食べることが禁じられていたため、牛皮という文字を使わず「求肥」という漢字があてられたとされています。

求肥とお餅の違いは?

求肥とお餅は似ていますが、はっきりとした違いがあります。

お餅は蒸したもち米をついて作るもの。一方、求肥はもち米を粉末にしたものに水、そして砂糖や水あめを加えて練り上げたものです。求肥はお餅と違って製造段階で糖類を加えるため甘く、そのままでもおいしく食べることができます。

求肥が常温でも柔らかい理由

お餅は、加熱して柔らかくしても、時間が経つと硬くなってしまいます。しかし、求肥は硬くなりません。なぜでしょうか?

その答えは、糖にあります。求肥にはたくさんの砂糖や水あめが使われますが、これらの糖類が水分を保持するのです。そのため、時間が経過し冷めても柔らかいままを保つことができるのですね。

求肥の作り方

緑色のお皿にのった求肥

Photo by TAMA39

お店で食べたり購入することの多い求肥ですが、実は自宅で作ることができます。用意するのは、「もち米粉」「砂糖」「コーンスターチ(片栗粉)」のみ!

もち米粉と砂糖に水を加えて混ぜ合わせたあと、生地を蒸していきます。蒸しあがった生地をコーンスターチを広げたバットの上でのばし、食べやすい大きさにカットしたら完成です。

電子レンジでも作れる!

求肥は、電子レンジで作ることもできます。材料は通常の作り方と変わらず、混ぜ合わせた生地を電子レンジで加熱するだけ!こちらのほうが手軽に試すことができるので、普段のおやつ作りにもいいですね♩
通常の作り方も電子レンジでの作り方も、下記記事に詳しく書いてあるので、気になる方はチェックしてみましょう!

求肥を使ったお菓子にはどんなものがある?

羽二重餅

羽二重餅は、福井県の銘菓として知られています。福井県は羽二重織りが盛んであり、このネーミングにちなみ、求肥で作った和菓子を羽二重餅と呼ぶようになったのだとか。作り方は、求肥と変わりありません。

すあま

スーパーでも見かけることの多くなった「すあま」。縁起物としても知られていますね。おうちで作るときは、食紅などで色をつけてからまきすで巻くと、おなじみの形になりますよ。お店によっては、中心部分にあんこを入れることもあります。

練り切り

練り切りは、さまざまな形で作られる、見た目がとても美しい和菓子。茶道教室では、お茶菓子として食べることが多いでしょう。祝いの席や高級料亭などでも、練り切りがテーブルに並ぶことがあります。

大福

求肥でたっぷりのあんこを包んだ大福。アイスクリームを包んだものや、イチゴを包んだものなどがありますね。求肥に黒豆を混ぜて味つけに塩を使ったものは、豆大福として人気があります。

あんみつ

求肥は、あんみつの具材に入っていることも多いです。あんこや黒蜜との相性が良く、さらにアイスクリームとの相性も◎ 相方を選ばない求肥は、あんみつには欠かせない具材と言えますね!

求肥の知識はこれで完璧!

これまで何気なく食べていた求肥。これで知識は完璧ですね。求肥がどのように使われているのか、どのように作るのかを知れば、もっと求肥を好きになるはず♩

思いのほか簡単に作ることができるので、ぜひチャレンジしてみてください。お餅と違い、冷やしてもモチモチ柔らかいので、冷蔵庫に常備して小腹がすいたときのおやつ代わりにいかがですか?
▼求肥スイーツに舌鼓♩

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ 和菓子 まとめ

モチモチのお団子に甘じょっぱいたれが絶品の「みたらし団子」。京都の御手洗祭(みたらしまつり)で作られたのが由来と言われています。今回は、いろいろな粉で作るみたらし団子のレシピや、人気のアレンジをご紹介!昔なが…

この秋のトレンドとなりそうな安納芋を使った和スイーツ「鹿児島県産安納芋の純生クリーム大福」がローソンに登場!もち米粉を使ったやわらかな皮で安納芋餡と純生クリームを包んだというひと品がいったいどんな味なのか、実…

和菓子 フルーツ

フルーツ大福と言えば「いちご大福」を思い浮かべる方が多いと思いますが、大阪にある一心堂では、いちごのほかにもフルーツをふんだんに使った大福がたくさん販売されています。今回はそんな中から夏にぴったりな「スイカ大…

スイーツ テイクアウト 大阪 コーヒー お茶 和菓子

2016年7月、大阪市内にリニューアルオープンしたばかりのお店「チャシツ ジャパニーズ ティー アンド コーヒー(CHASHITSU Japanese Tea & Coffee)」。そこで販売している「おはぎ…

スイーツ かき氷 和菓子 まとめ

今回は、2017年の夏限定スイーツを厳選してご紹介します。暑い日に食べたくなる老舗のかき氷から、巷で話題のシューアイスなど。冷たくてさっぱりとしたスイーツ達は、この夏絶対食べ逃せない!販売期間や取扱店舗も合わ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

おしゃれ まとめ

スタバで裏メニューがあるということはとても有名ですが、頼み方がわからない人も多いのでは?そこで今回は人気の「スタバの裏メニュー」をまとめました。これであなたもスタバ通!ぜひお気にいりのメニューを見つけてくださ…

女子会 合コン まとめ

これからの時期、本当に忘年会や新年会などの飲み会が多いですよね。そしてよくあるのが、ついつい終電を逃してしまった…なんて事態。そんな時に役にたつ対処法を5つあげてみました。是非ピンチの時に参考にしてみてくださ…

花見 スイーツ お土産 レストラン 茨城 水戸 お花見 まとめ

春といえばお花見ですが、桜より先に梅が見頃になります。梅といえば日本三名園でもある「偕楽園」。そこで「偕楽園」に行った際、お花見ついでに楽しみたいオススメの水戸グルメ、スイーツ、レストランをご紹介します♫

まとめ

キッチンタオル、安くて可愛いデザインのものが増えましたよね。そのキッチンタオルに一手間加えるだけで新しいインテリアグッズ、キッチングッズを作ることができちゃいます♪ぜひこの記事でアイデアを見つけて試してみてく…

とうもろこし まとめ

食用利用されることが多い食材「野菜」。実は世の中には観賞用として栽培される品種もあるんです!今回は、そんな目で見て楽しむための一風変わった野菜をご紹介。味にクセあって食用には適さないものも、インテリアとして…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

甘味処 築地 団子 東京

いまやいろいろなブームの火付け役と言っても過言ではないマツコデラックスさん。そんなマツコさんも大絶賛の築地「茂助だんご」をご存じですか。午前中だけで3,000本も売れる、超人気だんご。何がそれほどまで人気なの…

豚肉 レシピ

旬の新玉ねぎを使った「豚こまボールのしそ味噌炒め」のレシピをご紹介します!ジューシーな豚こまボールを、新玉ねぎの甘みたっぷりの味噌ダレで炒めていただきます。仕上げに大葉をのせれば、さっぱりいただけますよ♩

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る