ローディング中

Loading...

独特な食感が癖になる「ナタデココ」。一時期ブームになったこともあり、みなさん一度は食べたことがあるのではないでしょうか?今回は、気になる原料や作り方、カロリーなどもまとめてご紹介。おすすめレシピもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

ブームもあったナタデココとは?

ナタデココと言えば、一時期大ブームになるほど人気を博していた食べ物ですよね。現在は当時ほどではないですが、独特の食感と甘さが根強い人気のナタデココ。

ゼリーなどに「ナタデココ入り」と書いてるものもよく見かけますが、そもそもナタデココとはどのような原料から作られているのでしょうか。意外と知らないナタデココの原料や作り方、ナタデココを使ったおいしいデザートレシピをご紹介いたします!

実は発酵食品!ナタデココの原料と作り方

ナタデココの原料は名前に隠されていた

ナタデココは、スペイン語で「nata de coco」と書きます。「ナタ」とは「(液体表面上の)皮膜」の意味で、「ナタ・デ・ココ」は「ココナッツの上澄み皮膜」をという意味なのだとか。

通称「ナタ菌」と呼ばれるものと、ココナッツ水を合わせて作られており、ゲル状でさいの目に切り分けて食べられることが多いです。また、食感は寒天に似ており、独特の歯ごたえが特徴。

ナタ菌とは?

ナタデココ作りに欠かせない「ナタ菌」は酢酸菌の一種で、アセトバクター・キシリナムとも呼ばれています。なんだか聞き慣れない単語ですが、この成分をココナッツ水に加えて発酵させることで、表面から凝固していきます。

ナタデココの作り方

ナタデココの作り方はとても単純。ココナッツ水の中にナタ菌を加え、発酵させるだけなのです。

ナタ菌を加えて2週間ほど発酵させると、こんにゃくのような層が表面にできます。それをお湯で煮て、サイコロ状に切ればナタデココの出来上がり。

ただし、肝心のナタ菌は、入手するのが困難だと言われています。それはナタデココ発祥の地であるフィリピン政府が、海外に正式に輸出していないことも理由のひとつで、個人でナタ菌を手に入れるのは至難の業かもしれません。

ナタデココのカロリーと成分について

ナタデココのカロリー

ナタデココが人気な理由のひとつに、カロリーが低いということも挙げられます。ナタデココは100gあたり73kcalと、とても低カロリー。サイコロ状の1個を3gとすると、たった2kcalほどしかないということになります。

食べごたえがあるのに、このカロリーの低さはうれしいですよね。

消化に良い?悪い?ナタデココの栄養成分

さらにナタデココは約99%が水分で、残りが不溶性食物繊維。食物繊維が含まれているのはうれしいポイントなのですが、消化に時間がかかるため、食べ過ぎるとおなかを壊す恐れがあるので気をつける必要があります。

食感もよく、お腹にも良いからとたくさん摂取してしまいそうですが、食べ過ぎには注意してくださいね。

ナタデココを使ったレシピ5選

1. ナタデココヨーグルト

ナタデココとプレーンヨーグルト、リンゴを混ぜ合わせたメニュー。ヨーグルトの酸味と、リンゴとナタデココの食感の違いが楽しい一品です。甘みが足りないな、という方はハチミツをかけても美味しいですよ。

いつも朝食で食べていたリンゴとヨーグルトに、アレンジとしてナタデココを加えてみるのはいかがですか?

2. ナタデココ入りフルーツポンチ

ナタデココにキウイとオレンジ、ブルーベリーを加えたデザートです。シロップは白ワインとキルシュ、レモン汁で作るので、大人な味わいのフルーツポンチに仕上がります。

フルーツは食べやすい大きさに切り分け、シロップと混ぜ合わせます。フルーツはほかにも、イチゴやバナナなど、お好みのもので作ってみてくださいね。冷蔵庫でしっかり冷やしてからいただくのがポイントです。

3. ナタデココ入りトロトロゼリー

グレープフルーツジュースで作る、簡単ナタデココ入りゼリー。グレープフルーツの酸味がおいしい一品です。

ゼラチンはあらかじめ溶かしておき、水を切ったナタデココとグレープフルーツジュースを混ぜ合わせ、冷蔵庫で固まるまで冷やしたら出来上がり。ミントの葉を飾って召し上がれ。簡単レシピなので、お子さんと一緒に作ってみるのも楽しいですよ♩

4. ナタデココ入り杏仁豆腐

杏仁豆腐をおうちで作っちゃうだけでなく、ナタデココを加えて食感も変えてみませんか?

水、牛乳、砂糖、アマレット、ナタデココを混ぜ合わせ、溶かしたゼラチンを加えて冷やし固めたら出来上がり。飾り付け用に、ミントの葉だけでなく、ナタデココも少し残しておくとオシャレですよ。

5. 凍ナタデココソーダ

ナタデココを凍らせた新食感デザート。ソーダのシュワシュワもおいしい、夏にぴったりの一品です。

食べやすい大きさに切ったパイナップルと、凍らせたナタデココをコップに交互に入れ、炭酸飲料を加えたら出来上がり。ソーダ水と一緒に、すくいながら飲んでみてくださいね。

ナタデココの魅力、再発見!

器に入ったフルーツとナタデココ

Photo by Shutterstock

低カロリーでお腹にもやさしいナタデココ。ゼリーに入れるだけでなく、凍らせたり杏仁豆腐に入れたりと、いろんなレシピもご紹介しました。

自分でイチからナタデココを作るのは難しいですが、ナタデココ自体はスーパーなどで簡単に手に入りますので、ぜひお気に入りのレシピを見つけて試してみてくださいね。
▼お菓子作りに使うアレコレについての知識も深めよう♩

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

パフェ

洋菓子ブランド「銀のぶどう」から、『「パフェ・アート」糖質とカロリーにこだわりました』が登場。おいしさ・かわいさはもちろん、気になる糖質とカロリーにもこだわりが!話題の「シールド乳酸菌®」も加えられています…

食パン パン レシピ

食パンの「一斤」という単位をご存知ですか?普段は「枚」で数えることの多い食パンですが、パン屋さんでは「斤」や「本」で数えることがよくあります。食パンの「一斤」とは?カロリーは?さらに一斤丸ごと使ったレシピもご…

サムギョプサル レシピ 韓国料理

韓国料理の定番ともいえる「サムギョプサル」ですが、みなさんはどんな料理か説明できますか?サムギョプサルとは、韓国語でどういう意味なのか…。食べ方や気になるカロリーまで、まるっとご紹介したいと思います。…

ナス

ナスに油を吸わせすぎないコツをご紹介します!ひと手間加えるだけで、ギトギト油まみれを回避できるんですよ。旬のナスをもっとおいしくヘルシーに食べてみませんか?実際に炒めた様子と合わせて、ポイントをご紹介します!

和食に欠かせない味噌。お味噌汁を毎日飲む方も多いでしょう。お料理によく使う味噌ですが、大さじ一杯の量がどれくらいか、ご存じですか?味噌大さじ1杯の重さを知っておけば、軽量スプーンがなくても、使いたい分量が量れ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

みなさんは料理名の由来をいくつ知っていますか? 例えば、「ハンバーグ」はドイツのハンブルグで誕生したことに由来していることは案外有名な話。でも、タルタルソースの「タルタル」や、最近日本にも定着してきた「エッグ…

日本酒 接待 和食 まとめ

社会人になると、お客さんと接待なんて事も20代半ばあたりから増えてきますよね。特に営業の方はあると思います。接待というと和食なイメージもあるので、そこで好まれるのお酒と言えば、やはり日本酒。そんな日本酒に関す…

まとめ

一人暮らしの人は特に食費を抑えたいと思っている人は多いのではないでしょうか?本当に少しの努力と我慢で簡単に食費を抑えることができるんです。今回はすぐ実践できる心がけを5つご紹介します♫

バー カクテル 東京 まとめ

東京都内にも様々なコンセプトのバーはありますが、映画バーって行ったことありますか?レトロな映画からSFまでお酒とともに楽しめる、映画好きにはたまらない空間です♪お洒落なカクテルを飲みながら映画トーク、だなんて…

まとめ

一日のスタートである朝食は大事だといわれていますよね。今回は特に朝、何を食べるといいかご紹介します。たんぱく質やミネラルなど、体の健康を維持するために必要な食品。時間がない朝でも取り入れられるものもあるので、…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ ドリンク

冷蔵庫の中にあるチルド室。何気にチルド室の本当の使い道を知らないって人は多いのではないでしょうか?今回はチルド室の知っておくと役に立つ情報をご紹介します♪

おでん まとめ ミシュラン 東京

冬と言えば・・・そう、”おでん”ですよね。これがまた冷えきった心身を温めてくれるんですよね〜笑。そんな”おでん”ですが、今回はミシュラン東京”ビブグルマン”に選ばれたおでん屋さんから、オススメの良店をご紹介し…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る