ローディング中

Loading...

がっつりとスタミナをつけたいなら、豚丼はいかがでしょう?しょうがとにんにくで食欲をそそるレシピがいっぱい!豚バラ、豚こま、豚ひき、部位や用途に合わせた、簡単で人気のレシピ21選をご紹介します。冷蔵庫にストックがあればぜひお試しくださいね♩

簡単!ジューシー豚丼レシピ

疲れたときにはガッツリとお肉の丼!といきたいですよね?ただ、食べるにもおいしくなくちゃ、カラダもココロも満足しません!!

買ってきた牛丼を頬ばるのもいいけど、買いに行く気力さえない……、作るにも手間暇かけたくない!なんていう時こそ、おすすめなのが「豚丼」
豚肉なら冷蔵庫にストックしてあるお宅多いのでは?

今回は、チェーン店の牛丼に負けずとも劣らない絶品豚丼のご紹介です。豚バラ肉を使って、豚こま肉を使いこなし、豚ひき肉を使っても簡単にできちゃう豚丼レシピ、必見です。

その前に……、そもそも豚丼ってどこが発祥か知っていますか?おいしい豚丼にありつく前に、まずはそちらの話から。

北海道「帯広」のご当地グルメ

じつはこの豚丼、北海道ではジンギスカンと並ぶくらいご当地グルメとしては有名なんです。帯広では昔からよく食べられていましたが、その味がいつしか全国に広がったのが発祥と言われています。地元では豚丼専門のグルメマップがあるほどです。

帯広の味付けはうなぎのかば焼きに似せた甘辛だれ。それを豚肉に漬け込み、炭火で焼いたりフライパンで焼いたものを丼にのせます。器から豚肉がはみ出るくらいに豪快に盛るのが、帯広の豚丼の特徴でもあるのです。

【再現レシピ】帯広の甘辛だれ豚丼

炭火で焼いたようなお肉を再現するため、カラメルソースの苦みを活かした豚丼レシピ。焼いてたれを絡めた豚肉をご飯の上にのせるだけでも完成ですが、こちらはさらにアレンジを効かせています。

ココットカマン(ココット皿にカマンベールと具をのせてレンチンする方法)に豚丼をのせるという斬新なレシピ、一度ご賞味あれ!

【豚バラ】豚丼レシピ8選

1.シンプルな豚丼

こちらのレシピはシンプルな豚丼の作り方です。肉料理は全体的に茶色に仕上がるので、見た目がキレイになる盛り付け方が大切です。ここでは、白髪ねぎが丼のアクセントとなります。ネギを細切りにしたら、水にしばらくさらしておくのがポイントです。全体が華やかになるように、こんもりと盛り付けしましょう。

2.ピリ辛みそ豚丼

豆板醬とみその組み合わせが甘辛でご飯がどんどん進んでしまいます。お子さんがいるお宅は、豆板醤は別にわけてもいいでしょう。レシピでは、お肉をグリルで焼いていますが(そのほうが余分な脂が落ちて香ばしくなります)、なければフライパンでもOKです。みその香りが食欲をそそるひと品です。

3.めんつゆで作るとろろ豚丼

食欲のないときや体がだるいときは粘る食材を採りたいものですね。そんなときにおすすめなのがこちらの豚丼です。つるつるっと食べられるとろろ、栄養満点の甘辛の豚バラで疲れも吹っ飛びそうです。調味料にお酢が入っているので、暑い季節のお弁当にもよさそうです。薬味をたっぷりかけてさっぱりと召し上がりください。

4.豚みそキムチ丼

豚バラキムチにみそが隠し味の豚丼。はじめはそのままで、途中から温泉卵をからめて召し上がってください。辛さがマイルドになります。他にもやしを入れたり、青菜をいれてもいいでしょう。豚キムチは子供にも人気があるメニューですが、辛さは卵で調節してみてください。

5.B級グルメ!すた丼

豚肉、ニンニクのたれ、玉子でスタミナがつくので「すた丼」!? 最近、じわじわと店舗を広げているすた丼の再現レシピです。豚肉はさっとゆがいてからフライパンで炒めています。ニンニクとしょうがの効いたパンチのあるたれを絡めて、ガッツリとご飯の上へ。卵黄がさらにパワーを与えてくれます。

6.豚肉の梅だれ焼き丼

たれに漬けるだけなのになかなかいいお味を出してくれる豚丼です。夏の薬味(しそやみょうがなど)を添えるだけでさっぱりといただけます。

漬けだれは梅、みりん、酒、しょうゆ。火を通すときは焦げやすいので注意しながら焼きましょう。

7.ネギ塩豚丼

あっという間にできてしまうネギ塩豚丼です。味のイメージは、焼肉屋さんのねぎタン塩!好きな人多いですよね?あの味をお家でも食べたいという人、ぜひ作ってみて。

ポイントは、ねぎを2種類使うところ。青ねぎと長ねぎをたっぷりと使いましょう。レモンとにんにくの効いた塩だれもいいお味を出しています。

8.豚バラの角煮丼

甘辛のたれがたっぷりとかかった豚肉は、ジューシーなお味に間違いなし!それには、あるひと手間がポイントのようです。

まずは、フライパンで豚バラ肉を両面焼きます。鍋にお湯をはり、さきほどの豚肉とネギ、しょうがを入れて15分ほど茹でます。このひと手間が大事なポイントですね。茹でた豚バラ肉をフライパンの上で調味料と絡めていきます。

【豚こま】豚丼レシピ7選

1.からし添えみそ豚丼

ご飯をたっぷり食べたい丼には、少し濃い味付けがピッタリです。こちらの豚丼は、下味をつけた豚肉に、さらに合わせ味噌の調味料を足して炒めます。アクセントに人参や玉ねぎなど、野菜を入れて。ピーマンなどをいれてもいろどり豊かですね。

しっかり味にはお弁当にもよく合いますよ。

2.甘辛ニンニク豚きゃべ丼

しょうがとにんにくたっぷり!の豚とキャベツの丼。食べたときの衝撃がたまらなく、ハマってしまいそう。味のインパクトは男子ごはんに近いですが、ガッツリ食べたい女子にもぜひともおすすめしたひと品です。

すりおろしたしょうがとにんにくは、最後に炒め合わせることで風味が残ります。

3.きんぴら豚丼

ごぼう、にんじん、れんこんと根菜たっぷりの中に豚コマを混ぜた丼。味噌とはちみつを加えた甘辛しょうゆにちょこっと入れたお酢がいい仕事をしてくれていますよ。

根菜であれば、他のいろいろなものをいれてもOKです。最後にしそをのせてさっぱりといただきましょう。

4.簡単!豚こまサラダ丼

10分でできちゃう、簡単ワンプレートの豚こまサラダ丼です。簡単なのでランチにもおすすめです。

豚こまは片栗粉をまぶし、フライパンでカラッとするまで炒めます。から揚げに近い状態ですね。材料にはありませんでしたが、ご飯の上に薄くマヨネーズをかけて、それからお肉や野菜をのせると隠し味になっていいですよ。

5.豚こまで甘辛生姜焼き丼

生姜焼きというと子どもにはちょっとと敬遠しがちですが、子どもも食べやすくアレンジしているレシピがこちら。

玉ねぎ、ミニトマト、しめじなどお子さんが苦手な野菜を入れてしまえば、お肉と一緒に食べてくれます。野菜不足の大人にはキャベツの千切りをたっぷりと!

6.さっぱりマヨぽん豚丼

漬け込み15分~、焼き始めてから食卓に出すまで5分ほど。体をめいいっぱい動かして帰ってきた子どものランチに作って待っていてあげたいですね。きっと、喜びの声が聴けることでしょう。

まずは、豚コマに塩・こしょうをし、すりおろししょうがを揉みこみます。そこに、マヨネーズ、ポン酢、ソースをいれて漬け込みます。あらかじめ調味料をすべて漬け込んでしまえば、あとは焼くだけですよ。

7.トンテキスタミナ丼

こま肉ではありますが、丼にしてしまえば、トンテキ風になるこちらのレシピ、お肉をあまり細く切らないことがポイントのようです。ニンニクの芽と合わせてスタミナたっぷりに仕上げましょう。ニンニクの芽が苦手な人は、ニラでもOKです。

温玉の作り方レシピもあるので、そちらも参考に。

薄切りやひき肉も!豚丼レシピ5選

1.カリカリエスニック豚丼

豚の薄切りを多めの油でカリッとあげれば、簡単からあげ丼のできあがりです。甘酢とナンプラーでさっぱりとした味付けです。

かぼちゃとたけのこも素揚げし、丼に合わせましょう。カリカリした歯ごたえが、食べごたえがあり満足するひと品です。

2.ヘルシー豚そぼろ丼

ヘルシー豚そぼろ丼、なにがヘルシーかって、写真だけではわからない技がこちらにはあるんです。それは、木綿豆腐を一緒にそぼろにすること。ボリュームはそのままで、カロリーをダウンしているので、ダイエット中の人にはとくにおすすめです。

3.なすひき肉丼

冷蔵庫になすとひき肉があれば、思いつくのは麻婆茄子ですが、ちょっと路線を外してナスのひき肉丼なんていかがでしょうか?

野菜も添えてワンプレートごはんにすれば、おしゃれなカフェ風ランチに早変わり。ご飯とトッピングを混ぜてレタスで巻いて食べてもいいですね。

4.ジャージャー丼

暑い夏には、甘辛のピリッとしたひき肉丼はいかが?たけのこのみじん切りも入っていて、歯ごたえたっぷりのひき肉丼です。

つるっといきたいランチには、ご飯ではなくうどんや中華麺を合わせてもいいですね。また、お弁当にもピッタリのひと品です。

5.長芋のマーボー丼

長芋や納豆のねばねばには滋養強壮効果があるとか。疲れた体に、呑みすぎた翌日の胃には、このねばねばが効きます。

長芋は少し大きめに切るとシャキシャキ感が残って食べごたえがあります。調味料には片栗粉をいれてとろみをつけて。ねばりととろみのコラボが楽しめますよ。

もっともっと食べたい!豚丼

いかがでしたか?牛丼よりリーズナブルで、牛丼よりヘルシーな豚丼、みなさんもたくさんの種類を試してみてくださいね。どの部位でも丼にできるので、お好きな部位で試してみましょう。また、味付けや合わせる食材も工夫してバリエーションを増やしてくださいね。
▼こっちの肉丼レシピも見逃せない!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

カップケーキ レシピ スイーツ まとめ

カップケーキを作ったことはありますか?今回はホットケーキミックスを使ったり、材料が少なく済むものなど、初めての方でもチャレンジしやすい簡単なレシピをご紹介します。プレゼントにもピッタリな、かわいいカップケーキ…

牛肉 レシピ まとめ

みなさんは牛肉と玉ねぎがあったら、なにを作りますか?牛肉をおいしく食べるには、牛肉を如何に柔らかく食べやすくするかを考えるといいでしょう。煮ても炒めてもよし。どんな風に料理してもおいしくいただける、そんなレシ…

じゃがいも ガレット レシピ まとめ

年中手に入るじゃがいもは、常備している方も多いですよね。じゃがいもを使ったガレットは、カットして焼くだけで豪華なおかずが完成。味付けは様々ありますが、チーズ味やソースを使ったガレットを中心にガレットレシピを紹…

レシピ まとめ

常備しているはずなのに、あんまり使い道がわからないポッカレモン。賞味期限が近づき、困った経験をする方も多かったのではないでしょうか。そこで手軽にビタミンCが取れて、実は重宝するポッカレモンの簡単レシピをご紹介…

さつまいも お菓子 レシピ まとめ

ほくほく食感と、優しい甘さが特徴のさつまいも。おかずはもちろん、お菓子の材料としても使えます。ホットケーキミックスを使って、炊飯器や電子レンジ、フライパンで簡単にお菓子を作りませんか?気軽に作れるさつまいもの…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

生姜 スイーツ レシピ まとめ

「マツコの知らない世界」2月3日放送分にも登場していた「永谷園生姜部」から、冷え知らずのスイーツレシピをご紹介!火を通すことで身体を温める効果が高まる生姜を使って、ほっこりティータイムなどいかがでしょう。

レシピ まとめ

アサリは皆さんご存知の食材だと思いますが、実は全国的に食べられるようになったのは1960年代ごろからだそうです。昔から日本人に愛されている食べ物だと思っていましたがちょっと意外ですね。

お弁当 レシピ ソーセージ おつまみ まとめ

お弁当のおかずとしてお馴染みの“ソーセージ”は、子供も大好きな食材の一つですよね。アレンジも利かせやすく、手軽に料理に取り入れられる嬉しいアイテム♪今回は、お弁当にもう一品プラスしたい時にもお勧めな、簡単なレ…

サラダ まとめ

世の中にたくさんある豆の種類の中でもあまり目立たない存在のスナップエンドウ!?ですが実はとても美味しく何にでも使える万能な食材なのです。今回はスナップエンドウを使ったいくつかのアレンジレシピを紹介します!

ごぼう レシピ おしゃれ まとめ

少しずつ暖かくなってきましたね。もうすぐ"新ごぼう"の季節です。やわらかくて、上品な優しい香りが特徴。今回は、ごぼうを使った美味しいレシピをご紹介します。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

トレンドの「#朝ベジ」写真をインスタグラムに投稿すると、“朝食が楽しくなるアイテム”が合計10名に当たるキャンペーンを「おうちごはん」で開催中!バルミューダや人気北欧ブランドのテーブルウェアをゲットするチャン…

レシピ スイーツ 佐賀 お菓子

みなさん、佐賀のソウルフード「丸ぼうろ」をご存知ですか?丸ぼうろは可愛らしいフォルムで素朴な味わいがクセになるお菓子です。今回は、そんな丸ぼうろの作り方やアレンジレシピ、購入できる店舗の紹介など、丸ぼうろの魅…

レシピ

マグロといえばお刺身で食べることが多いですが、「血合い」という部位を知っていますか?見た目は赤黒い色をしてますが、実は女性にうれしい栄養をたくさん含んでいます。下処理をして臭みをとれば、煮付けなど美味しい節約…

mikki_no

ライター歴15年。3児の子育てに追われながら日々アンテナを張りめぐ...

ページTOPに戻る