ローディング中

Loading...

夏の風物詩、スイカ。大ぶりなものを見かけるとつい食べたくなりますね!でも、おウチの冷蔵庫で冷やすってちょっとむずかしくありませんか?そこで今回は、自宅で実践できるスイカの冷やし方をご紹介!キンキンに冷やして、甘いスイカを楽しみましょう♩

知りたい!スイカをすぐに冷やす方法

夏といえばスイカ!気温が上がってくると、「そろそろアレが食べられるな……」とテンションが上がる人、少なくないんじゃありませんか?
スイカの味や香りを余すことなく楽しみたいなら、冷やして食べるのが一番!というのも、果糖を多く含むスイカは、温度を下げると甘みが強くなるんです。
でも、買ってきたりもらったりしたスイカが大玉だった場合、どう冷やそうか困ってしまいますよね……。そこで今回は、スイカをできるだけ速やかに冷やしておいしく食べる方法をご紹介します。

1. シンク+ボウルでキンキンに♩

1. シンク+ボウルでキンキンに♩

Photo by シンクにスイカ

シンクに大きめのボウルやお鍋を置き、その中に水をためましょう。水温がぬるく感じるようなら氷を入れてもOK。

そして、その中にスイカを投入。大玉スイカの場合、おそらくは半分も水に浸からないでしょうが、冷水で濡らしたタオルを用意し、それでスイカを覆うようにしてください。

さらに蛇口を少しひねり、濡れタオルで覆ったスイカの上に流水を注ぎます。ジャバジャバと水を出す必要はありません。タオルが乾かない程度のチョロチョロで大丈夫です。

ポイントは、スイカが水面から顔を出す状態をつくること。完全に水に浸けられるならその方が……と思うかもしれませんが、タオルをかけることで生まれる気化熱が大事なのです。
これだけで、驚くくらいの短時間でスイカを食べ頃の温度まで冷やすことができますよ。

シンクにスイカを置くスペースがないなら

水をためてスイカを入れる容器はタライやバケツでもかまいません。お庭の水道やお風呂場のカランで水をかけても大丈夫!スイカを水にためた容器に入れ、濡れたタオルをかぶせ、水をかける。このポイントだけ意識しましょう。
食事の前に仕込んでおけば、食後のデザートとしてキンキンに冷えたスイカを楽しむことだってできるはず。
ちなみに、川などでスイカを冷やす時も、濡れたタオルなどをかけておくと効率よく冷やせます。キャンプやバーベキューをする時などにぜひ試してみてくださいね。

2. かさばる皮をはずして冷蔵庫へ!

さて、先の方法は、大玉のスイカは冷蔵庫には入りきらないという前提で先の方法を紹介しましたが、冷蔵庫に入れて冷やすやり方も実はあります。考えてみれば簡単なこと。かさばる皮をはずしてしまえばいいんです。
▼スイカの切り方は以下の記事を参考にしてください。
大きなスイカだって、皮をはずせばボリュームダウン。皮を除いたスイカの身は、ひと口大にカットしておけば食べたい時にすぐ食べられますね。
冷蔵庫の中で乾燥したりほかの食材のにおいが映ったりしないよう、収納する前にしっかりとラップで包むか、タッパーなどの密閉容器に入れること。

それさえ守れば切り方に特にルールはなし!アイスディッシャーで丸くくりぬいてお皿に持ってもかわいいですね♩

3. スイカ冷やし機「まるごとたまちゃん」

スイカをこよなく愛する皆さまならご存知かもしれませんね。ポータブル温冷庫「まるごとたまちゃん」。スイカを冷やすことを最大の目的として生まれたアイテムです。

そのビジュアルは、どことなく未来的。サイズはかなり大きいようで、Lサイズのスイカもすんなり収納できるとか。ちなみに、電源を入れると緑色のLEDが光って中身を照らし出すそうですよ。そんなところも未来的。

これ、キャスターがついているので、ただスイカを冷やすだけでなく、そのまま運ぶこともできるんですよ。たまちゃんさえあれば、自宅だけでなくアウトドアでもスイカの冷やし方に困ることはなさそうですね。

問題は、手にいれるのがむずかしいこと。オンラインショップは軒並み品切れで、販売元のHPからもその姿は消えていました。リサイクルショップやオークションサイトに張り付いていれば、出会えるかもしれません。なお、定価は19,950円。そこそこしますね。中古市場ではどれくらいなんでしょう。

スイカの冷やし過ぎにはご注意を

冷やすとおいしくなるスイカですが、冷やしすぎるとそれはそれで甘くなくなってしまうんだそうです。一番おいしい頃合いは、8〜10度くらい。

冷たいスイカを食べすぎたら体も冷えてしまいますし、お腹を壊す原因にもなりかねないので、ほどよく冷えたところでいただくようにしてください。

それと、スイカを冷凍するのはやめておいた方がいいかもしれません。というのは、食感が損なわれ、味が変わってしまうから。スイカを保管する時は、カットする前なら基本は常温保存。それでも2週間から1ヶ月程度はもつといいます。切ったスイカは冷蔵保存で2、3日中に食べきるようにしてください。

スイカは冷やしておいしく食べよう♩

いかがでしたか?ここまでに紹介したもののほか、集めた情報の中には、洗濯機の底に氷を敷き詰め、スイカを入れてさらに氷を詰めてフタをしておく、なんて方法もありました。なんでも、洗濯機は魔法瓶のように保温性の高い造りになっているんだとか。衛生面に不安があるので詳しい紹介は省きましたが、興味のある方は注意しながら試してみてもいいかもしれませんね。

冷たくて食感のよいスイカは、夏に欠かせない風物詩。おいしそうなスイカを手に入れたら、ぜひこの記事で紹介した方法で冷やした上で、楽しんでほしいと思います!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

チョコレート いちご マンゴー まとめ

夏になると飲みたくなるフラッペ。コンビニのフラッペも年々、クオリティが高くなり注目度もアップ。発売される度、話題になりますよね。今回はローソン、ファミマ、ミニストップの大手3社から発売された最新コンビニフラッ…

じゃがいも レシピ

玉ねぎを電子レンジ5分で調理するねとめしが「絶品」とツイッターで話題になっています!使う材料は、玉ねぎ、コンソメやバター、ポン酢、黒胡椒のたった5種類。本当に簡単に絶品ねとめしが作れるのか、作り方やアレンジな…

にんにく

にんにくを食べた後、口臭はどうしても気になるものです。そこで今回は、にんにくの臭い消しの方法を食前、食事中、翌日に分けてご紹介します。飲み物や食べ物、ちょっとしたケアで、にんにくの臭い消しを上手におこないまし…

たまご レシピ チーズ

たまごのスペシャリスト「たまごソムリエ」が、twitterで話題沸騰中のチーズエッグの作り方をご紹介します!材料たった2つで作ることができちゃう、超々お手軽レシピ!さらに、アレンジも色々楽しく豪華に!

天ぷら 和食

天ぷらは時間が経つとしんなりしてしまって、微妙な食感に。揚げ方をひと工夫すれば、揚げたてがサクサクになるのはもちろん、食感をキープできることをご存じですか?今回は、素材別の最適な揚げ方、コツをご紹介します!

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 まとめ

日本酒を飲んでも「おいしい」だけで終わらせていませんか?味覚の表現を豊かにすれば、お酒を飲むのも楽しくなるはず!ということで今回は、日本酒の香りを表現するヒントを5つピックアップしてみました。

まとめ スイーツ

ふと、海外ではどのようなお正月を迎えているのか気になったことはありませんか?日本はおせちとお雑煮でお正月を過ごしますが、もちろん海外ではそれぞれ伝統的な新年の過ごし方があります。そこで、世界中の伝統的なお正月…

女子会 合コン まとめ

これからの時期、本当に忘年会や新年会などの飲み会が多いですよね。そしてよくあるのが、ついつい終電を逃してしまった…なんて事態。そんな時に役にたつ対処法を5つあげてみました。是非ピンチの時に参考にしてみてくださ…

まとめ

2015年の花粉飛散量は平年(2008~2014)と比べると、多くなることが予想され、最新の予測によると、2014年シーズンの5割増となる予想が立てられました。コンビニで買える花粉に効果のあるものを、普段から…

チョコレート 東京 ビュッフェ まとめ

バレンタインならではのスイーツが続々登場!各所でチョコレートやいちごを使ったスイーツビュッフェが開催されているみたいです♪期間限定のメニューもあるのでぜひこの時期に行っておきたい!カップルで行くのもいいですが…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

まとめ レシピ おしゃれ

夏のホームパーティーは暑さを忘れる位、楽しく盛り上がりたいですよね。涼しげな食べ物は、見た目もお洒落で食欲をそそるように提供したいですよね。アイデア次第で、シンプルなお料理でもパーティーにぴったりな一品となり…

デート レストラン 洋食 まとめ

デートにぴったりなお台場。ライトアップされた夜景を見ながらのディナーは女性だれもが憧れますよね。誕生日や大切な記念日には二人きりで過ごせる個室完備のお店、料理自慢のお店などおすすめのレストランを15選ご紹介し…

ushi3

食べることと呑むこととカメラに人生の大半を費やしているグルメ系写真...

ページTOPに戻る