ローディング中

Loading...

たっぷり野菜とトマトソースで煮込んだラタトゥイユ。おいしいラタトゥイユの基本レシピとトマト缶で作れる簡単アレンジ、パスタやお肉のソースとして使うアイデアなど、今回はラタトゥイユの魅力たっぷりの内容をご紹介。上手に作るポイントもぜひ参考に♩

お野菜ゴロゴロラタトゥイユレシピ!

ラタトゥイユの基本レシピ

Photo by donguri

夏野菜をたっぷりと煮込んだ「ラタトゥイユ」は、フランス南部プロヴァンス地方の郷土料理です。野菜しか使わないにもかかわらず、色鮮やかな見た目はとっても華やか!ラタトゥイユがあるだけで、テーブルの上をパッと明るくしてくれます。

今回は、簡単ですぐにできるおすすめのラタトゥイユレシピをご紹介!

まずは基本の作り方を覚えたら、カフェのようなおしゃれなアレンジや、ボリュームアップでメイン料理にも使えるアイデアなど、ラタトゥイユをさらに楽しめるアレンジレシピもチェックしてみてくださいね。

まずは基本!ラタトゥイユのレシピ

まずはトマト缶を使わない基本のレシピから学んでいきましょう。炒めて煮るというシンプルな作り方ですが、野菜の火の通りに合わせてひとつずつ炒めていくのがポイント。丁寧に作ることで、どの野菜も主役になるラタトゥイユが作れます。

材料(3~4人分)

材料(3~4人分)

Photo by donguri

・トマト    2個
・ズッキーニ  1本
・赤パプリカ  1個
・たまねぎ   1個
・なす     3本
・にんにく   1かけ
・ローリエ   1枚
・オリーブ油  適量
・塩      少々

作り方

1. トマトの皮をむきます。沸騰したお湯に15秒ほどいれ冷水で冷やし、包丁でヘタを取ると、そのまま皮がスルっとむけます。
作り方

Photo by donguri

2. トマトはざく切り、にんにくはみじん切り、その他の野菜は一口大にカットします。
作り方

Photo by donguri

3. フライパンにローリエ1枚と適量のオリーブ油をいれて熱し、香りがしてきたらズッキーニを加えてしんなりとするまで炒めます。炒めたものはお皿に移しておきます。
作り方

Photo by donguri

4. 赤パプリカ、玉ねぎ、ナスも、同じようにひとつずつ入れて炒め、炒め終わったら鍋に移します。
作り方

Photo by donguri

5. (4)の鍋に、トマト、にんにくを加えて、全体に塩をまぶし、蓋をして弱火にかけます。
作り方

Photo by donguri

6. 野菜から水分が出てきたら全体を混ぜ、中火にして15分ほど煮込みます。
作り方

Photo by donguri

7. 水分が多ければ蓋を外して少し蒸発させ、トロミがつくまでさらに10分ほど煮込んででき上がり!
作り方

Photo by donguri

作るときのポイントやコツ

レシピで使う野菜は基本的な材料です。必ずしも入れなくてはいけないということはありません。冷蔵庫にある、お野菜を使ってアレンジしてOKですよ。ただ、彩りの豊かさがラタトゥイユの魅力でもあるので、なるべくカラフルな野菜を使うのがおすすめ。

ラタトゥイユは基本的に夏野菜を使いますが、春秋冬に作るときは、カボチャやカブなど、季節の旬の野菜を取り入れてくださいね。

簡単!ラタトゥイユのアレンジレシピ3選

1. ラタトゥイユのブレッドボウル

ラタトゥイユはバケットにのせて食べるアレンジも人気ですが、こちらはうつわ型にしたパンに詰め込むことで、よりおしゃれに見せました。

そのまま食べてもおいしいですが、チーズをのせてからトースターでこんがりと焼くと、ワンランク上の仕上がりに!パンと具が同時に味わえて、ひとつでもしっかりボリュームがあります。

2. ラタペンネのワンポットパスタ

ラタトゥイユを煮込むとき、ペンネパスタも一緒に入れてボリュームアップ!普通のラタトゥイユでは少しあっさりとしているので、固形スープの素を加えて味にコクをだすのがポイントです。ペンネにしっかりと味がしみこみ冷めてもおいしいので、お弁当にもおすすめですよ。

3. レンジでラタトゥイユ

暑い夏は、なるべく火を使わずに調理をしたい方が多いはず。そんなときに便利なのが、レンジで作れるこちらのラタトゥイユです。材料をひと口サイズにカットしたら、調味料を加えてレンジで4分温めるだけ!メイン料理を作っている間に、おしゃれな副菜が一品できちゃいます。
▼こちらも簡単!食べ始めたら止まらないおすすめレシピです

トマト缶を使ったラタトゥイユレシピ5選

1. 旨みたっぷりなラタトゥイユ

トマトで作るラタトゥイユは、野菜によっては水分が出にくいため、焦げてしまうことも。トマト缶を使えば、元から水分がたっぷり入っているため、失敗の心配がありません。さらに皮をむく手間が省けるのも嬉しいポイント!時短で作りたいときに活用してみてくださいね。

2. ラム肉入り!ラタトゥイユ

ラム(子羊)の肉を使った珍しいラタトゥイユです。トマトでコトコトと煮込むことで、ラム肉の臭みがまったく気にならず、柔らかくジューシーな仕上がりに。ラム肉は頻繁に使う食材ではないので、クリスマスや誕生日など特別な日に作ってみてはいかがでしょうか。

3. ニョッキ入りのラタトゥイユ

ラタトゥイユと一緒に、もちもちのニョッキを煮込んだアレンジです。ニョッキは腹持ちがよく食べ応えもあるので、朝ごはんやランチなら、この一皿で満腹に♩パスタに比べて糖質も少ないので、ダイエット中の方にもおすすめです。

4. ラタトゥイユチキン

片栗粉をまぶしてこんがりと焼いた鶏胸肉に、ラタトゥイユをソースとしてかければできあがり!2日目のアレンジレシピとして使ってもよいのですが、最初からソースとして使う場合は、野菜をいつもより小さめにカットしておくとgood!チキンだけでなく、豚肉、牛肉、魚にかけてもおいしいですよ。

5. スキレットでおしゃれなラタトゥイユ

パーティーやおもてなしでラタトゥイユを作るなら、見た目にもこだわったレシピを取り入れたいですよね。スキレットで作るこちらのレシピは、おしゃれ度抜群!オーブンでしっかりと焼き上げるので、野菜は大きめカットするのがポイントです。スキレットのままテーブルに並べて、あつあつで召し上がってくださいね。

一皿でごちそうになるレシピ5選

1. 冷製ラタトゥイユパスタ

ラタトゥイユを作った次の日は、冷製パスタでアレンジを楽しみませんか?細めのパスタを茹でて冷水で冷やしたら、冷蔵庫に冷やしてあるラタトゥイユと絡めるだけ!仕上げに生ハムや粉チーズをかけるとカフェのようなおしゃれな仕上がりになり、コクもアップします。

2. バジル香るラタトゥイユのチーズ焼き

ラタトゥイユの上にチーズをのせて、オーブンでこんがりと焼いたレシピ。とろけたチーズとトマトソースの絶品のコンビネーションが楽しめます。レシピの中ではバジル入りのラタトゥイユを使用していますが、チーズの上から後からのせて焼いてもOKです。

3. グリルチキンのラタトゥイユソース

トースターで作る鶏もも肉のグリルに、ラタトゥイユを添えたアレンジレシピ。ジューシーな鶏もも肉は、ラタトゥイユとあわせるとボリューム満点!鶏もも肉からでる脂がおいしいダシの代わりになり、いつものラタトゥイユとは違う深みを出してくれます。

4. ローストラタトゥイユ

お鍋でコトコトと煮るのではなく、トースターか魚焼きグリルでこんがりと焼いて作るラタトゥイユです。野菜を重ねると下のほうに火が通りにくくなるので、大きめのお皿に均等に広げるのがポイント。焼き立てを食べるのではなく、少し寝かせて味を染みこませてから食べるのもおすすめです。

5. ラタトゥイユ風トマトと茄子のガーリック炒め

煮込む時間を節約して、サクッとラタトゥイユが作れるレシピ。なすとベーコンを炒めたら、くし切りにしたトマトと醤油を加えてサッと炒めてできあがり!普通のラタトゥイユと比べると、半分ほどの時間ででき上がります。献立のボリュームが物足りないとき、サクッと作れる一品です。
▼豪華な見た目!みんなが集まる日におすすめのラタトゥイユはこちら!

和風アレンジのラタトゥイユ3選

1. 味噌味の和風ラタトゥイユ

焼き魚やお味噌汁など和食と一緒にラタトゥイユを作りたいときは、ラタトゥイユ自体も和のレシピで作ってみましょう。ポイントは、出し汁とお味噌を使うこと。見た目はあまり変わりませんが、味はしっかりと和風に仕上がります。いつもとちょっと違うアレンジでラタトゥイユを楽しみたい方にもおすすめですよ。

2. ラタトゥイユ風そうめん

めんつゆで味付けしたラタトゥイユを、そうめんの上に盛り付ければできあがり。短時間で茹でて食べられるそうめんは夏に大活躍ですが、ラタトゥイユと組み合わせれば、野菜もたくさん食べられるのが魅力的。彩りもキレイなので、おもてなし料理にも使えそうです。

3. 豆とじゃこの和風ラタトゥイユ

ちりめんじゃことミックスビーンズを使った、しっかり和風のラタトゥイユ。トマトソースではなく、白だしで全体を煮込んでいくようなイメージで作ります。ほっこりと優しい味付けは、ご飯ともとてもよく合います。お正月のおせち料理にプラスするのもおすすめですよ!

ラタトゥイユでおいしく野菜を摂取しよう

夏野菜をたっぷり使ったフランス料理のラタトゥイユ。スープの素など余計な調味料は使わず、素材本来の旨味を味わえるのが魅力です。野菜がたっぷり入る分材料が多くなりますが、基本的には切って煮込むだけなのでとっても簡単。

冷蔵庫で3日ほどは日持ちするので、初日はシンプルにラタトゥイユを、2日目、3日はアレンジレシピで楽しんでみてくださいね。
▼そういえば……ラタトゥイユとカポナータの違いってなに?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

まとめ

2017年夏、ビーチにフラミンゴを連れて行く若者が急増中!今夏はフラミンゴデザインが大ブームとなり、世界中でかわいいフラミンゴグッズが販売されているんですよ。お皿やマグカップ、ストローまでピンク一色!大人気の…

イカ まとめ

佐賀県名物「呼子のイカ」を知っていますか?他のイカとどんな違いがあるの?と気になりますね。呼子のイカは、スーパーで買えるイカとは全く違います!今回は、佐賀県民が愛してやまない驚きの美味しさを持つ呼子のイカと、…

アイスクリーム スイーツ まとめ

8月に入り夏本番を迎えています。そろそろ夏が終わるとは言え、まだまだ暑い日は続いていますね。そんな日はひんやり冷たいアイスが食べたくなります。今回は、2017年8月、コンビニに登場した注目の新発売アイスをご紹…

まとめ

仕事・家事・育児に忙しい女性にとって、パパッと作れる時短レシピは強い味方。今回は、人気の時短レシピ25選をご紹介します。夕食のメイン料理・あと一品の副菜・ランチ・お弁当・ティータイムのお菓子まで、どれも10分…

クッキー レシピ スイカ まとめ

打ち上げ花火やスイカ、貝殻など、夏の風物詩をクッキーにしてしまう「夏クッキー」がinstagramやレシピサイトなどで話題になっていることをご存知でしょうか。今回は涼しげな夏クッキーの作り方や、楽しいアレンジ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

おしゃれ レシピ まとめ 豚肉

給料日前で家計がピンチ!そんなときの救世主「豚肉ともやし」の人気レシピをご紹介します。大根や卵などを使ったレシピなのでお財布に優しく、ボリュームたっぷり!。お子さまから大人まで喜ぶレシピなので、おかずに迷った…

レシピ まとめ

ブログで大人気のファーマーズケイコ(Farmer's KEIKO)さん!自ら農業をして作った野菜をたっぷり使ったおかずが大人気だそうです。皆さんもファーマーズケイコさんのヘルシーレシピを参考にしてみ…

アレンジレシピ おつまみ おやつ ピザ まとめ

おつまみやおやつとしてもピッタリな「油揚げピザ」のレシピを8つご紹介します。ピザは食べたいけど、作るのはめんどう……。そんな方は手軽に作れる油揚げピザを作りませんか?フライパンで作れる(レシピ)もあるので、挑…

クッキー おから レシピ お菓子 まとめ

ネット通販で人気のおからクッキーが、自宅でも作れます。工夫を凝らしてよりヘルシーに!素材たっぷりでリッチに♪食物繊維などの効果がいっぱい。ダイエットにはもちろん、お子さんのおやつにもおすすめのおからクッキーレ…

レシピ お茶漬け まとめ

暑い季節にさっとご飯を食べたい時におすすめの冷やし茶漬け。今回は麦茶で作る簡単レシピから本格だしで作るレシピまでご紹介します!"ご飯にかける"というシンプルなレシピだからこそ、アレンジは無限!ぜひお好みのもの…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

ごまを焙煎せず、生のまま搾って作られる「白ごま油」。インドでは古くから美容に活用されてきた歴史があります。今回は、うがい、マッサージなど、白ごま油を使った美容ケアの効果と方法を詳しくご紹介していきます。

昔からある美容法のひとつ「レモンパック」。レモンの美容成分の恩恵を手軽に得られるパックですが、いろいろと問題もあるようで……。レモンパックにどんな効果があり、どんなデメリットがあるのか、試す前にぜひ知っておい…

donguri

海外のカラフルな色使いが大好きです! ラッピングや料理も、海外のア...

ページTOPに戻る